[読書メモ] 夫婦の問題、解決します?「我が家の問題」/奥田 英朗

Posted by localpocky on 19.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




110919a.jpg

2011年7月刊。
図書館に入った新刊本を誰よりも早く借りる方法」を駆使して、新刊を早いうちに図書館で借りて読んでみました。

伊良部シリーズ(「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」「町長選挙」)以外で、この人の本を読むのは初めて。
本作「我が家の問題」は、別のシリーズの2作目だそうですが、話の繋がっていない短編集なので、前作を読んでいなくても大丈夫でした。

「甘い生活?」「ハズバンド」「絵里のエイプリル」「夫と UFO」「里帰り」「妻とマラソン」の短編6編。
いずれの話も、平凡な家庭内に生じた「夫婦の問題」がテーマになっています。
日常で実際に起こりそうな出来事がきっかけになっていて、親しみやすい内容です。

一番面白かったのが、「夫とUFO」。
焦りのあまり、妻の行動がハチャメチャになっていく展開が面白い。最後はスッキリ。
「妻とマラソン」もなかなかよかった。
母親のマラソン大会出場をきっかけに、家族が一つにまとまっていくところが微笑ましいです。

「絵里のエイプリル」は尻切れトンボで終わってしまった感もありますが、最後まで書いてしまうのは野暮ってもんなんでしょうかね。先が気になります。

伊良部シリーズと同様、どの話も基本的にはハッピーエンドになるところが、個人的にはうれしいです。

(2011/09/17 読了)

我が家の問題

奥田 英朗
集英社 2011-07-05
by ヨメレバ



このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/987-92b571ca

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト