[読書メモ] すごい会社のすごい考え方/夏川 賀央

Posted by localpocky on 03.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




110703.png

2010年1月刊。

任天堂、アップル、レゴ、グーグル、スターバックスコーヒー、IKEA、サムスン、ディズニーという8つの成功した企業の事例が取り上げられています。

これらの企業の「すごい考え方」をただ真似るのではなく、その考え方を活用して自分流の仕事術を見出そう、というのが本書のテーマです。

各企業を題材にはしていますが、そのサクセスストーリーがメインの本ではありません。
企業について深掘りされているわけではないので、これらの企業のことを知りたいと思って期待して読むと、少し期待はずれかもしれません。

8つの企業の話がバラバラに紹介されるのではなく、それぞれの話が繋がって展開されていくところがいいですね。

<引用メモ>

結局、「自分が今持っていること」をどう展開するかを考えたほうが、「どこかに、いいことないかな?」と探していくよりよっぽど早い。捨てなければならないのは、「自分はこういうことをやっているから、こういうことしかできない」という固定観念なのです。(p.71)


仕事には確かにいろんなやり方がある。それでも最後の最後、究極的に自分が選ぶ方向は、「自分が重んじているもの」にあるはずです。(中略)
そうやって「自分が重んじていること」を頑なに実践している限り、その「重んじていること」に共感してくれる人たちは自然と集まってきます。(p.150)


(2011/06/27 読了)

すごい会社のすごい考え方

夏川 賀央
ユナイテッド・ブックス(阪急コミュニケーションズ) 2010-01-30
by ヨメレバ



このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/970-14c892e7

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

02 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト