[読書メモ] スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則/カーマイン・ガロ

Posted by localpocky on 15.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ
日経BP社 2010-07-15
by ヨメレバ

2010年7月刊。

本書ではジョブズのプレゼンテーションを分析し、聴衆を魅了するテクニックの数々を初めて明らかにする。それだけではない。本書を活用してジョブズのテクニックを修得し、そのテクニックを活用すれば、彼と同じように聞き手の心を動かし、また聞きたいと思わせる話ができるようになる。(p.5 プロローグ)


スティーブ・ジョブズのプレゼン映像を見るのが、楽しみになっています。
ジョブズが基調講演を務めるアップルのイベントは、年に2~3回ぐらい。
発表会の半日後にはアップルのサイトに動画がアップされるので、誰でも見ることができます。

英語が苦手な自分には、話している英語の内容はさっぱり聴き取れませんが、抑揚たっぷりに話す姿や、シンプルにまとめられたスライドを見ているだけでも、何のことを言っているのかは、おおよそ理解できます。

1時間から1時間半ぐらいの間、ずっと英語のシャワーを浴び続けるというのは、普段の自分にとっては苦痛なはずです。
でも、ジョブズのプレゼンは苦にならない。
それどころか、ワクワクしながら聞いている自分がいます。
そのワクワクの正体を探ってみたいと思ったのが、本書を読んでみたきっかけでした。

本書には、2007 年の iPhone 発表のプレゼンのことが何回も出てきます。
「本日、革新的な新製品を3つ発表します」の言葉に始まって、
"There are not three sparate devices. This is one device !"
と言ってみせるドラマチックな展開が好きで、今でもたまに観ています。
ジョブズ流のプレゼンのお手本にもなる、歴史的なシーンですね。

自分はこの本を、プレゼンの書き方を学ぶというよりは、ジョブズのプレゼンを振り返る、というような読み方をしたのですが、プレゼン作りのテクニックも多く紹介されています。
特に重視されているのは「ストーリー作り」と「練習」。
いきなり PowerPoint の画面に向かうのではなく、まずは紙の上で話の流れをしっかり構築することが大事なんですね。

ジョブズのプレゼンが聴き取れるようになったら、きっと楽しいだろうなあ。
これを、英語を勉強するモチベーションにつなげられれば…。
自分が英語を聴き取れるようになるまで、どうか現役でいてください!

<引用メモ>

聞き手というのは「なぜ気にかける必要があるのか」と思いながら聞いている。聞き手を儲けさせる製品なら、そう伝えよう。節約ができるものなら、そう伝えよう。(中略)なるべく早い段階から、くり返し、はっきりと伝えよう。ジョブズの話は人を惑わせない。新製品や新機能を実現している技術の説明に入る前に、そのコンピューターやミュージックプレーヤー、ガジェットで人々の体験がどうよくなるのかを説明するからだ。(p.55 シーン2「一番大事な問いに答える)


忘れてはならないは、あなたの製品など気にする人はいないという(こと)。人々が気にするのは、自分の問題を解決することなのだ。(p.141 シーン6「敵役を導入する」)


完ぺきでなければならないと思うのはスピーカーだけ。多少の失敗があっても最後までちゃんと話せば、聞き手は許してくれる。(p.362 シーン18「楽しむ」)


■iPhone 発表のプレゼン映像 (日本語字幕付き、1:24 から)
http://www.youtube.com/watch?v=L0XeQhSnkHg#t=1m24

■Apple - Events (最近のプレゼン映像)
http://www.apple.com/apple-events/

(2011/05/06 読了)


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/950-6fe5af5e

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト