JAF 体験記 (JAF に現在位置をケータイの GPS で伝える方法)

Posted by localpocky on 11.2011 くるま   0 comments   0 trackback




買い物を終えて車を出そうとしたら、エンジンがかからない…。

いつもは「キュルキュルキュルブイン」って感じでエンジンがかかるのに、キーを回しても「キュルキュルガガガガ…」と高速な変な音をたてるばかり。
何回やってもダメ。少し時間をおいてからやってみてもダメ。
キーを回すこと以外に自分でできることも思い浮かばず、はじめて JAF を呼びました。

ケータイの電話帳にメモリーしてあった「#8139」(はいさんきゅー) に電話。
オペレーターに車の症状、会員番号、現在位置などを伝えるのですが、現在位置を伝えるのに少し手間取ってしまいました。
場所は自宅の近くだったので、周辺の地図は完璧に頭に入っているのですが、自分の居場所を正確に口頭で伝えるというのは、なかなか難しいものですね。

これは後から気が付いたのですが、ケータイの GPS 機能を使って JAF に現在位置を知らせることができる URL をケータイのブックマークに入れていたことを忘れていました。
これを使えば、もっとスムーズに救援要請ができたはず。
やっぱり、少し冷静さを失っていたみたいです。

■GPS機能付き携帯電話からの救援依頼 - JAF
http://www.jaf.or.jp/rservice/network/mobile.htm
(残念ながら、iPhone などのスマートフォンには未対応のようです)


さて、電話では到着まで 30 分ほどかかると言われましたが、15 分ぐらいで救援車が到着。

「バッテリーは交換して何年目ぐらいですか?」と聞かれたので、うろ覚えで「だいたい2年ぐらい」と答えたのですが、ボンネットを開けて経過年数を見てみたら、なんともう丸4年経っていることが判明!
半年に1回、くるまを点検に出しているというのに、何という体たらく…。
走行距離にもよりますが、一般的にバッテリーの寿命は2~3年とのこと。
くるまに対する知識の無さが露呈してしまいました。

補助バッテリーを繋げてキーを回したら、あっけなくエンジンがかかりました。
「このままエンジンを切らずに交換しに行ってください」とのことで、その足でディーラーに直行。
到着から作業完了まで、たったの10分。あっと言う間。
噂には聞いていましたが、JAF の対応はとても親切で丁寧でした。頼もしい!

教訓:「半年に1回点検に出しているからといって、バッテリーの交換時期を教えてくれる訳じゃない」。

以後、気を付けます…。


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/939-6ffaab71

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト