横浜 2011 - 巨大な競馬場の遺構が見れる公園と、真っ暗なみなとみらい

Posted by localpocky on 04.2011 旅行   0 comments   0 trackback




110404_0.jpg

横浜に旅行に行ってきました。
自宅から電車でたった1時間ちょっとで行けるところですが、自分にとって横浜は「非日常」であり、れっきとした「旅行先」なのです。
みなとみらいの風景を眺めるだけで、心が癒されます…。

110404_1.jpg

今回は、ちょっと足を伸ばして「根岸森林公園」というところに行ってきました。
根岸線の根岸駅から、徒歩15分ぐらいのところにあります。
「桜がすごい」という話を教えてもらったのがきっかけです。
まるでゴルフ場のようにくねった地形の原っぱと、丘に一面の桜の木。
でも、桜はまだ一分咲きぐらいでした。(^^;
この丘いっぱいに桜が咲いたら、さぞかしすごい迫力でしょうねぇ。

この公園で意外な収穫だったのが、競馬場の遺構が見れたこと。
ここは元競馬場で、昭和18 (1942) 年まで日本初の洋式競馬場として使われていたそうです。
当時の観客席の一部が、今でも保存されています。

110404_2a.jpg

110404_2b.jpg

110404_3.jpg

その重厚な造りに加えて、蔦が絡まる「廃」な感じといい、観客席ならではの斜面といい、なかなかの迫力でした。これはいいものが見れました。来てよかった。


あとは、みなとみらい、赤レンガ倉庫、山下公園、中華街、元町商店街などの定番コースをブラブラしてきたのですが、誤算だったのが、節電で夜のライトアップが無かったこと。
これは出発前から気が付くべきでしたね…。

当然、観覧車のライトアップも無し。
ランドマークタワーも、その横のクイーンズタワーも、帆の形をしたインターコンチネンタルホテルも、赤レンガ倉庫も、最小限の明かりだけを残して、夜はほとんど真っ暗。
観覧車の巨大なデジタル時計だけが闇にぽかんと浮かんでいるような、なんだか不思議な光景。

110404_4.jpg

しばらくは、このような夜の景色が続くのかと思うと、ちょっと寂しい気もしますが、仕方が無いですね。
まあ、今までがちょっと明るすぎたのかもしれません。
遠くに見えた、大さん橋に停泊していた客船だけが煌々と光っていたのが印象的でした。(船は自家発電ですもんね)

これからは、1年に1回ぐらいのペースで横浜を訪れたいと思います。
また来るよ!

110404_5.jpg


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/938-12551d87

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト