[本] 鳥あそび ~野鳥おもしろ手帖~/小宮 輝之

Posted by localpocky on 20.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




鳥あそび

小宮 輝之
二見書房 2010-12-20
by ヨメレバ

2010年12月 刊。
上野動物園の園長さんが書いた、野鳥観察記。
高幡不動の本屋さんで「元 多摩動物公園の職員さんが書いた本」と紹介されていたのがきっかけで知りました。

八王子や多摩動物公園など、自分の家の近くが舞台になっているので、とても親近感が湧きました。
うちの近所にも、環境さえ整っていれば、こんなにたくさんの鳥がいたとは!

40年以上撮りためたという、色鮮やかな野鳥の写真が豊富で、楽しく読めます。
また、本文に沿った形で適材適所に写真が出てくるので、とても読みやすいです。
部位の色に注目して分類した「いろ鳥どり帖」は、なかなか面白い試みですね。
読み物感覚で、気軽に楽しめる本です。

ああ、一度でいいからカワセミをこの目で見てみたい。

<引用メモ>
ヒタキとは「火焚き」の意味で、カチカチという地鳴きが由来である。ジョウビタキやルリビタキもそうだが、昔のマッチである火打石を叩いたときのカチカチという音からヒタキの名がついた。(p.51)

(2011/03/17 読了)


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/934-e27be7ea

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

02 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト