[本] 情報ダイエット仕事術/堀 E. 正岳

Posted by localpocky on 17.2010 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




情報ダイエット仕事術

堀 E. 正岳
大和書房 2008-12-20
by ヨメレバ

lifehacking.jp の堀さんの本。
「倍の仕事ができるようにするよりも、扱う情報量を半分にする」
というアプローチ。

  • がむしゃらに突き進むのではなく、内容を吟味して物事に取り組む。

  • むやみやたらに情報をかき集めるのではなく、インプットする情報をシェイブアップする。

タイトルに「仕事術」とありますが、仕事以外にも使えるノウハウですね。

途中、本の読み方についての記述が何度か出てきて、印象に残りました。

面白くない本は無理して最後までつきあう必要はありません。(中略)それはつまらない1冊の本につきあっている時間は、他のよい本をひもとく時間を犠牲にしているという意味で二重の無駄になっているからです。(p.58)


読書のメモも、あらすじや本の内容のように、別の場所で調べられそうなデータを記録するのではなく、自分が最も重要だと感じた点、自分の感性に影響を与えた点を抜き出しておけば、何年経っても1冊の本から得た感動や、自分がそこから感じた印象を、本をもう一度読むことなしに再生することが可能なのです。(p.137)



自分の読書スタイルや読書メモの取り方は、欲張りすぎて、時間を無駄にしてしまってはいないだろうか…。
考え直すきっかけになりました。

本の概要については、こちらにまとめられています。

■情報ダイエット仕事術・特設ページ - Lifehacking.jp
http://lifehacking.jp/infodiet/

(2010/01/11 読了)


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/802-5d2a8fcd

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

02 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト