[本] 英語のおかげ/井形慶子

Posted by localpocky on 14.2009 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




英語のおかげ (中経の文庫)

井形 慶子
中経出版 2009-08-27
by ヨメレバ

英語がほとんどできない20代の男性社員が、単身でカンボジアに入って現地の人々と意思疎通を見事に成し遂げた、というエピソードが強烈に印象に残った。
コミュニケーションを取るというのはこういうことか! と思った。

「人間は必要性の高い言葉を必ず覚えていく性質を持っている」という言葉は心強い。

「あえて字幕スーパーを英語にする」というのは、ちょっと面白そう。
好きな海外ドラマの DVD で試してみよう。きっとチンプンカンプンだとは思うけど…。

(2009/10/10 読了)


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/748-58ced52f

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト