「ル・コルビュジエと国立西洋美術館」展 @上野

Posted by localpocky on 14.2009 デザイン   0 comments   0 trackback




090814_01.jpg

090814_02.jpg

ここ、上野公園内にある「国立西洋美術館」は、日本で唯一のコルビュジエ建築なのだそうな。
この美術館の建物自体に焦点をあてた、ル・コルビュジエの小展覧会に行ってきた。

建設過程の写真や模型、設計図などが中心の、コンパクトな展示会。
サヴォア邸との共通点を比較した写真や、開館時から現在に至るまでの増築の様子が分かる模型が面白かった。

この企画展を見た後、自然に常設展(絵画・彫刻)の方に流れる順路になっていて、実際に館内を歩きながら、展示で紹介されていた独特のスロープや、天井の採光穴などを見て回って、建物も一緒に楽しむことができる。なかなか粋な演出では。


さて、テレビ東京「美の巨人たち」のファン(自分も!)にとって、コルビュジエと言えば「モデュロール」。
モデュロールについての解説もあったので、書き留めたメモから書き起こしてみる。

「モデュロール (modulor)」は、ル・コルビュジエが人間の寸法から導き出した尺度のこと。
フランス語の「モジュール (module: 尺度)」と「黄金比 (section d'or)」を組み合わせた造語なのだとか。
183cm の身長と、その人のヘソの高さ 113cm の比が黄金比 1:1.618 になることを前提として作られているとのこと。

つまり、この長さを基準にすることで、例えば天井の高さだとかイスや机の高さなどを、人間に調和した寸法にすることができる、…ということなんだと思うけど、この理解であっているのかな?


ところで、常設展でちょっとびっくりしたのが、写真撮影が OK ということ。
(ただし、三脚の使用やフラッシュ撮影は NG。なお企画展は撮影禁止)
モネの絵画やロダンの彫刻が数多くあったので、興味のある方は、ぜひカメラ持参でどうぞ。

会期は、2009/08/30(日) までで、月曜休館です。

■「ル・コルビュジエと国立西洋美術館」 - 国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/50th/exhibition/corbusier.html

090814_03.jpg

このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/719-97949eb7

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト