[本] 日本の私鉄 京王電鉄/広岡友紀

Posted by localpocky on 13.2009 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback




日本の私鉄 京王電鉄

広岡 友紀
毎日新聞社 2009-07-18
by ヨメレバ

シュリンクパックされていたので、中身を確認できないまま購入。
前半はちょっと退屈。早く読み切っちゃおう、と思っていたら、ラスト 1/4 ぐらいから急に面白くなってきた。

5章の多摩ニュータウン開発過程や、6章のホテル経営の話などがよかった。
電車の本というよりは、民鉄という「企業」として書かれている。
著者は、京王電鉄の経営の良さを、しきりに強調していた。

ところで、街でよく見かけるホテル「東横イン」が、東急とは無関係ということを、この本で初めて知った。東急のホテルは「東急イン」なんだって。

(2009/07/22 読了)


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/716-eb9dee36

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト