読書月報: 2015/02号/ビール350ml缶の約3分の1は税金だった『サントリー対キリン』他 (14冊)

Posted by localpocky on 29.2015 読書月報   0 comments   0 trackback




150329 dokusho meter

先月(2015年2月)の1ヶ月間に読んだ本を「読書メーター」でまとめました。


今号の1冊:『サントリー対キリン』


サントリー対キリン

永井 隆 日本経済新聞出版社 2014-11-22
by ヨメレバ

2014年11月刊。両社の特徴と戦略の比較。
両社の歴史を振り返りながら、それぞれの過去と現在の立ち位置、そしてこれからの戦略を丁寧に語っています。

興味深かったのは、ビール類の税金の高さ
あまり意識していなかったのですが、他の国に比べて日本のビール税は高いそうです。
350ml 缶で、約3分の1は税金なんですね。高いなあ。
最近、各社が「第3のビール」から、高い「ビール」に回帰しているのも、このビールの高い税率が背景にあるそうです。

世界のなかでも日本のビールの税金が高いのは、戦費調達という歴史的な役割があったためだ。戦後となり、戦費調達の必要性はなくなったのに、高額なビール税だけはなぜか残っている。(p.99)

一番搾りをコアとする強化策への転換の背景には、増税の動きがある。
キリンが強みをもつ家庭用の発泡酒と第3のビールは酒税が低い。350ミリリットル缶で比較すると、ビールは77円、発泡酒は47円、第3のビールは28円だ(14年11月現在)。(p.192)

財務省は、ビール類の3つ、および(中略)アルコール飲料の税率を、将来はひとつにしていく考えをもっている。ビール類ならば、ビールは下げ、第3は上げるという方向だ。(キリンはビールの比率が他社よりも低いため)税制改正が実行されてしまうと、キリンは不利になる。(p.193)


2015年2月に読んだ本 まとめ


2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2994ページ
ナイス数:34ナイス

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 (角川oneテーマ21)感想
2014年9月刊。【引用メモ】教養とは「ひとつでも多くのことを知りたい」という精神のあり方のことではないか、と私は考えています。「ひとつでも多くのことを知りたい」という気持ちを持ち続けている限り、「何冊」と数えなくても、教養は、永遠に積み上がっていきます。(p.28)◆教養…より良い生活を送るために、思考の材料となる情報を身に付けること。ストックしてある知識や情報の量が多ければ多いほど、思考や直感など脳の活動の精度は高くなります。だから私たちは、たくさんの教養を身に付けておく必要があるのです。(p.25)
読了日:2月28日 著者:出口治明

サントリー対キリンサントリー対キリン感想
2014年11月刊。【引用メモ】一番搾りをコアとする強化策への転換の背景には、増税の動きがある。キリンが強みをもつ家庭用の発泡酒と第3のビールは酒税が低い。350ml缶で比較すると、ビールは77円、発泡酒は47円、第3のビールは28円だ(14年11月現在)。財務省は、ビール類の3つ(中略)の税率を、将来はひとつにしていく考えをもっている。ビール類ならば、ビールは下げ、第3は上げるという方向だ。(中略:キリンはビールの比率が他社よりも低いため)税制改正が実行されてしまうと、キリンは不利になる。(p.193)
読了日:2月25日 著者:永井隆

【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法―NHK式7つのルール―【NHK式+心理学】 一分で一生の信頼を勝ち取る法―NHK式7つのルール―感想
2014年7月刊。◆【引用メモ】心理学を学んでわかったことがあります。それは、目的が変われば、話し方は変えなくてはならない、ということです。同じ人が、同じ話し方をしても、あるところでは認められ、あるところでは認められない。つまり、目的が違えば、求められる話し方は違う、ということです。(p.210)◆漢字とカナの使い分けは、放送現場の「表記のよりどころ」と言われる、NHK放送文化研究所編『NHK漢字表記辞典』(NHK出版)にもとづきます。(中略)文章を書く際にも役立つので、ぜひ活用してください。(p.50)
読了日:2月22日 著者:矢野香

100%好かれる1%の習慣100%好かれる1%の習慣感想
2013年4月刊。ANAの元CAによる人間関係の彩り方。◆【引用メモ】人に迷惑をかけない人は、後ろにも目を持っています。目の前のことだけでなく、「後ろに迷惑をかけていないか」を気に留めています。(中略)残りの「約180度(後方)」を見るためには、感性や、想像力や、察知力を働かせて「後ろに迷惑をかけているかもしれない」と、注意を払う必要があります。(中略)こうした察知力と観察力が、その人の周囲への気づかいとなり、それが日ごろの習慣として積み重なることで、人となりや品性を培っていくのだと思います。(p163)
読了日:2月21日 著者:松澤萬紀

地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み: 関東(2)京王・西武・東武地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み: 関東(2)京王・西武・東武感想
2015年2月刊。昔の地図と鉄道に詳しい今尾さんの本。◆京王線のルートが当初計画の甲州街道沿いから今のルートに変更されたのは、多摩川と浅川を別々に架橋するのが大変だったので、合流直後の下流側(今の聖蹟桜ヶ丘)を通るように変更した、という仮説が面白い。◆西武線で一番最初に開通したのが今の西武国分寺線だったとは意外。当時は国分寺~川越間の直通運転で、さらに今の中央線と直通運転していたとは!ほぼ南北に位置する両地点を一直線で結ばずに、くの字に曲げて入間川を経由しているのは、発起人が入間川町の人が多数だったから。
読了日:2月19日 著者:今尾恵介

なぜ、この人と話をすると楽になるのかなぜ、この人と話をすると楽になるのか感想
2015年2月刊。「コミュニケーションの目的はコミュニケーションである」と言い切った本。著者はラジオアナウンサー◆【引用メモ】人間は基本的に、幸せなことより不幸のほうが記憶に残りやすい生き物です。最悪の不幸は死に至るので、ひどい体験を覚えていないと生き残れない。ということは生命の危機をどこかにプログラムしている生き物しか、いまは生存繁殖できていないはずなんです。人はネガティヴな記憶のほうが多いからこそ、日々、瞬間瞬間、おもしろさを求めて、かつ実際におもしろがっていないと堪えられないんですね。(p.124)
読了日:2月15日 著者:吉田尚記

ニャンコトリロジーニャンコトリロジー感想
2014年11月刊。和田誠さんの飼い猫三代記エッセイ&イラスト。読みどころはやっぱり、奥さんの平野レミのハチャメチャっぷり。◆【引用メモ】妻の妙な癖には別のジャンルもある。猫の名の呼びかたである。桃代の時は「桃代のシン子ちゃん」で済んだが、シジミは時どき「フジミ」と呼ばれていた。そのうちフジミが「フジオさん」になり、やがて「フジサキさん」になったりする。来客があると庭に出て行ったシジミを「フジサキさーん」と呼んだりするので、客は藤崎さんという別の客が来ていると思っていたそうだ。(p.23)
読了日:2月11日 著者:和田誠

クロネコ遺伝子クロネコ遺伝子感想
2014年11月刊。宅急便の創始者、小倉昌男氏の言葉集。信念を、穏やかに、誰にも分かる言葉で伝える天才。◆【引用メモ】『人は雪が降るからスキーに行くのです。雪が多く降ったからお預かりしたスキーがお届けできません、と言えますか。全社を挙げて対応しましょう』(p.57)◆『上司というのはそんなに偉いのでしょうか。私はそうは思いません。上司は会社の仕事をしていく都合で考えられた役割なのです。(中略)その人本人が偉いのではないと思います。あえて偉いとすれば役職で、役職がなければ人は皆同じだと思います』(p.48)
読了日:2月11日 著者:岡田知也

ここらで広告コピーの本当の話をします。ここらで広告コピーの本当の話をします。感想
2014年11月刊。コピーライター向けの教科書。この提案のやり方は他の仕事でも使えそう。◆【引用メモ】プレゼンでは基本的に2案を提案します。「ご依頼に忠実に考えると、この案になります。でも、もしかしてこういうのもあるのではと……」といったように出すわけです。(中略)A案を出す意味は、「ちゃんと意向を理解していますよ」という確認でもあり、発注元は安心します。その上でB案を出すと、「これあるかも」とスムーズに決まりやすいのです。(p.217)◆「2案発想」:「信じる」と「疑う」を同時にやること。(p.236)
読了日:2月9日 著者:小霜和也

コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)感想
2015年1月刊。短編読み切り不思議コミック。前作『カブのイサキ』のような壮大な不思議じゃなくて、『ヨコハマ買い出し紀行』のようなほのぼの系の不思議に回帰したような感じ。いい感じ。
読了日:2月7日 著者:芦奈野ひとし

なんで水には色がないの? -大人も知らない世の中の仕組みなんで水には色がないの? -大人も知らない世の中の仕組み感想
2014年11月刊。◆【引用メモ】一般に、募金(寄付金)には大きく分けて2種類があります。1つは義援金。これは被災者・困っている人に直接届きます。(中略)100%困っている人に平等・公平に配分されるのですが、そのためには被害の調査・審査が欠かせないので、届くまでに時間がかかってしまうのが難点。(中略)もう1つは支援金。これは困った人たちを助ける活動を行っているNPO・団体へのお金となります。使い道はその団体まかせになるので、100%が直接届くわけではありませんが、その分、すぐに役立てられます。(p.91)
読了日:2月7日 著者:五百田達成

中国嫁日記(四)中国嫁日記(四)感想
2015年2月刊。月さんの「イイジャナイ」は無敵。ポジティブシンキングの鏡。
読了日:2月6日 著者:井上純一

新ゲームデザイン―TVゲーム制作のための発想法新ゲームデザイン―TVゲーム制作のための発想法感想
1996年刊。ゲーム界でポリゴンがヒットした数年後に書かれた本。誠実な本。◆【引用メモ】人がアクションをしようと思った時に、そこの最短ルートをどのように引いてあげようかという気配りのプロセスがインターフェースデザインの肝です。そして、その時のキーワードは、慣習と、効率です。(p.48)◆面白いゲームは再挑戦性が高いですが、再挑戦性とは、1度失敗したところを失敗しないと思えるかどうかです。ゲームの法則が理屈に沿っていれば、例えミスをしても、1度踏んだわだちを2度と踏まないと思えるはずなのです。(p.43)
読了日:2月5日 著者:田尻智

ジョナサン・アイブジョナサン・アイブ感想
2015年1月刊。◆【引用メモ】「部外者は製品開発を根本から変えられないし、真のイノベーションを起こすのは難しい」とジョニーは言う。(p95)◆賞を受けるときにはジョニーが代表するが、かならずチームのおかげだと言っている。ジョニーが「アイ」と口にするのは「iPhone」か「iPad」について話すときだけだと苦笑する人もいるほどだ。(中略)「マスコミはすべてジョニーの功績のように取り上げるが、実際にはチームをあげて多くの仕事をしている。全員がすばらしいアイデアを持ち、多大な貢献をしているんだ」(p231)
読了日:2月1日 著者:リーアンダー・ケイニ―


本のまとめには「読書メーター」を使っています


読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理



このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1174-b2d23ae1

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト