読書月報: 2015年1月号 (5冊)『今治タオル 奇跡の復活』他

Posted by localpocky on 28.2015 読書月報   0 comments   0 trackback




150228 dokushometer

先月(2015年1月)の1ヶ月間に読んだ本を「読書メーター」でまとめました。


今月の言葉:「今治タオル」


今治のタオル、値段が高くても、一度使ってみたくなりました。
驚き、というより、感動だった。やわらかくて、風合いが素晴らしく心地いい。使っていても、体を拭くという感覚じゃない。肌に当てるだけで、タオルが水気をどんどん吸い取ってくれる。真っ白な色にもクリーンな感じがある。それまで、自宅で使うタオルも、そこそここだわって選んでいたつもりだったが、その使い心地がゴワゴワにさえ感じられた。そして、それだけの品質の”差”がタオルにあることを、いままで自分が知らなかった事実に衝撃を覚えた。
(p.17 -『今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略』)

今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略

佐藤可士和,四国タオル工業組合 朝日新聞出版 2014-11-20
売り上げランキング : 12295
by ヨメレバ


2015年1月に読んだ本 まとめ


2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1133ページ
ナイス数:30ナイス

今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略感想
2014年11月刊。佐藤可士和が手がけた「今治タオル」ブランドの復活プロジェクト。前半は自身の視点から。後半は現地の人からの視点から。◆【引用メモ】佐藤氏の説明は明快だった。たとえたのは、水やコメ。――水の品質を伝えるときに、いきなりコーヒーを淹れて出しますか? 炊きたてごはんのおいしさを伝えるのに、カレーをかける必要がありますか? タオルも同じです。ベースとなる品質を伝えようとするのに、色や柄はいらない。今治タオルの素晴らしさを、余計な要素を加えずに伝えるには、「白」しかないんです――。(p.134)
読了日:1月25日 著者:佐藤可士和,四国タオル工業組合

読まされ図書室読まされ図書室感想
2014年12月刊。小林聡美が、他の人から推薦された本を読んでエッセイを書くという企画。昔の図書館の本みたいな仕掛けの装幀がおしゃれ。◆【引用メモ】ごくごく一般的なイメージの松本清張の世界は、私が一番苦手とする領域である。推理小説。サスペンス。ただでさえ心配事や不安の多い日常生活の中で、なぜにわざわざまた違った不安や緊張感を味わいたいのか、まずその心理が理解できない。なるべく頭を悩まさずに、ぼーっと、ひたすらぼーっと暮らしたい私には、そういう趣味がまったく理解できないのである。(p.33 清張を読む)
読了日:1月20日 著者:小林聡美

壁はきっと越えられる ―夢をかなえる晩成力壁はきっと越えられる ―夢をかなえる晩成力感想
2014年9月刊。早熟型と晩成型。◆【引用メモ】誰のどういう言葉がいまの自分の窮地を救ってくれるか、前もって知ることはできません。ですから、それが誰の意見であっても、できるだけ先入観をもたず、謙虚な気持ちで耳を傾けるべきだと私は思います。しかし、だからといってなんでもかんでも鵜呑みにしていたら、今度は混乱して自分を見失ってしまいかねません。ここでも大事なのは、自分という人間を常に冷静に見つめること、そしてアドバイスのうち必要なものだけをピックアップして、上手に取り込んでいくということです。(p.77)
読了日:1月12日 著者:鈴木明子

和菓子のアンソロジー (光文社文庫)和菓子のアンソロジー (光文社文庫)感想
2013年1月刊。2014年6月文庫化。10人の作家による「和菓子」がテーマの短編集。ミステリーは少なめ。発起人の坂木司さん自身による『和菓子のアン』の後日談もあり。◆ピカイチは北村薫さんの『しりとり』。ページ数は他の約半分のわずか22ページなのに、しっかりとミステリーしてます。俳句と和菓子を「物理的に」組み合わせるというアイデアが秀逸。心地よい読後感。
読了日:1月3日 著者:坂木司

頭に来てもアホとは戦うな!  人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法感想
2014年7月刊。◆【引用メモ】険悪になりそうなときほど何らかの形でコミュニケーションを取るべきだということ。最悪なのは、苦手意識を持つあまりに、必要なときにもかかわらず、一切コミュニケーションを取ろうとしないことだ。(中略)無理して親しく話す必要はないが、頻繁にコミュニケーションを取り、それ以上関係を悪化させないことだ。(p.60)◆今目の前にあることは、自分の決断の連続の結果である。(中略)本当は無意識に好きなものを選んでいる可能性がある。目の前にあるものが好きなものである可能性は高い。(p.217)
読了日:1月3日 著者:田村耕太郎


本のまとめには「読書メーター」を使っています


読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理



このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1173-31b04fd9

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト