読書月報: 先月読んだ本まとめ (2014年7月号 13冊) via 読書メーター

Posted by localpocky on 03.2014 読書月報   0 comments   0 trackback




140803 dokusyo meter jpg

先月(2014年7月)の1ヶ月間に読んだ本を「読書メーター」でまとめました。
『本は死なない』と『WHYから始めよ!』は読み応えがありました。


2014年7月に読んだ本 まとめ


2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2771ページ
ナイス数:40ナイス

デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?デザイン家電は、なぜ「四角くて、モノトーン」なのか?感想
2014年1月刊。帯は「ブラウンからソニー、そしてアップルへ」◆【引用メモ】大量生産される家電製品のフォルムには、一部の人に受け入れられることにより、できるだけ多くの人から嫌われないフォルムが求められます。 丸いフォルムはフォーマルだけど柔らかすぎる。三角形フォルムは固いし、有機的フォルムは柔らかすぎる。今後長く付き合うなら、面白さよりもフォーマルなフォルムのほうが信頼できる。そう感じるユーザーが多いため、家電製品のフォルムはフォーマルな四角形が一般的になっているのです。(p.62)
読了日:7月3日 著者:木全賢

日本語の技法: 読む・書く・話す・聞く──4つの力日本語の技法: 読む・書く・話す・聞く──4つの力感想
2013年10月刊。母国語で損をしないために、日本語力を磨く方法。日本語の基礎=語彙力+要約力+感情読解力。日本語の鍛錬=読む力+書く力+話す力+聞く力。◆【引用メモ】書き方のコツとしては、まず主義主張を明言することだ。(中略)もちろん、ここで常識を叫んでも仕方がない。自分なりの、世の中にはないと思われる着眼点を提示するわけだ。(中略)言い換えるなら、自分の書くことにアイデアが含まれているか、常に自問自答せよということだ。新しい発見も伝えたいこともない文章は、読み手に苦痛を与えるだけである。(p.139)
読了日:7月4日 著者:齋藤孝

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!感想
2014年6月刊。電子書籍 (Kindle) の初心者向けの内容。電子書籍の利点を活かした読書方法や、紙の本との上手な使い分け方など。周辺情報も広く浅く網羅されているので、はじめての人には重宝しそう。◆【引用メモ】特にどの本にも書かれている同じことというのは、その分野の常識のような内容だったりするのですが、不思議なことにこれらの常識的な情報は、書籍以外の媒体で探そうとしたとたん急に探すことが難しくなります。(中略)やはり書籍のほうが見つけやすい情報というものが存在するのです。(loc.805)
読了日:7月5日 著者:和田稔

ホリデー・インホリデー・イン感想
2014年5月刊。実は『ワーキング・ホリデー』に続くシリーズ3巻目だということをあとがきで知った。交通事故にあった母親のリハビリに付き添う話「大東の彼女」がよかった。◆【引用メモ】身体の不自由なヒトにとっては、言い過ぎてうんざりしてるコンビネーションだと思う。「もうさ、『ありがとう。すみません』って板に書いて、首からぶら下げときたいね」(中略)その二言を言いたくなくて、家から出なくなる。後ろ向きになるチャンスは、もうホントにどこにでもあるってこと。(p.52)
読了日:7月7日 著者:坂木司

本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」感想
2014年6月刊。アマゾンの電子書籍リーダー、初代 Kindle 開発者による読書論。開発裏話と言うよりも、デジタル・アナログを問わず「読書をする」ことの魅力について熱く語られている。◆【引用メモ】何度でも言う。私は紙の本が好きだ。しかし、電子の力で人々に驚きを与える電子書籍とは対照的に、やがては衰退し、消滅するのは避けられないと考えている。そして紙の本がなくなることにどうしようもなく悲しみを感じている自分がいる一方で、電子書籍の可能性に胸をときめかせている自分もいる。(p.289)
読了日:7月12日 著者:ジェイソン・マーコスキー

トヨタの片づけトヨタの片づけ感想
2012年刊。トヨタの元現場リーダー達による 5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)のノウハウをまとめた本。◆【引用メモ】「いつか使うもの」に対しては、必ず「いつまでに使うか」を問わなければなりません。つまり、期限をもうけるということです。(p.71) ◆ちょっと立ち止まってみて、「この動きはムダではないか」「この動きは付加価値を生んでいるだろうか」と問いなおしてみる。(p.136) ◆「何のためにするのか」という目的がわかっていないと、一時的な活動で終わってしまって、継続できません。(p.226)
読了日:7月12日 著者:OJTソリューションズ

もっと 空鉄 ―鳥瞰鉄道探訪記― (らくらく本)もっと 空鉄 ―鳥瞰鉄道探訪記― (らくらく本)感想
2013年12月刊。鉄道に特化した航空写真集の続刊。2巻目は首都圏以外が中心で自分が知っている場所が少なかったのと、所々が白黒写真だったのが残念。中央本線 初狩駅のスイッチバックの写真がよかった。旧ホームの跡地がくっきりと。◆【引用メモ】高尾駅~塩尻駅間には初狩・笹子・勝沼・韮崎・新府・穴山・長坂・東塩尻と8ヶ所も存在したのである。(中略)そのスイッチバックが1ヶ所だけ残存しているのが初狩駅。(中略)貨物列車の退避と発着があるために構造はそのまま残されることに。(p.114 中央本線 初狩駅)
読了日:7月12日 著者:

叱られる力 聞く力 2 (文春新書)叱られる力 聞く力 2 (文春新書)感想
2014年6月刊。タイトルは「叱られる力」ですが、「叱る、叱られる」にこだわらず、他人との付き合い方や、感情コントロールの話しなど。自己啓発本というよりは、エッセイとして楽しく読めます。「叱られ続けのアガワ60年史」は、涙なくては読めない…ということはもちろん無くて。◆【引用メモ】 本当のところ、言い訳って、自分で言っているぶんには、「言い訳」という意識がほとんどなく、「きちんと事実を伝えておかないと」という正当なる権利に感じてしまうのですよね。でもそれは、結局、「言い訳」なんですね。(p.237)
読了日:7月16日 著者:阿川佐和子

仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?感想
2001年刊。原題は "The Max Strategy"。ストーリー仕立ての自己啓発本。テーマは「試してみることに失敗はない」。そして「結果的にうまくいったことにエネルギーを注ぐ」。◆【引用メモ】人は、変化は大嫌いだが、試してみることは大好きなんだ。(p.89) ◆「いいかい、できることはどんどん変えてごらん。みんなが、きみが変えていることに気がつくくらいに何でも変えるんだ。好奇心を旺盛にすること。実験好きな人だと評判になったら、みんなのほうからアイデアを持ってきてくれるようになるよ」(p.129)
読了日:7月17日 著者:デイルドーテン

コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツコクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ感想
2014年5月刊。コクヨの人による、職場での「物理的な環境づくり」の本。机の上を片づける…ではなく、机そのものの配置を変えてみるという発想。◆【引用メモ】コクヨはオフィス家具メーカーでもあるので(中略)自社製品をたくさん使っています。でも、すべて既製品をそのまま使うのではなく、ちょっとした工夫、カスタマイズ(中略)をしています。たとえば、「キャビネットの上に、間伐材でつくった木材天板を載せる」といった工夫をしています。白い鉄製のキャビネットでもこうすることで空間の雰囲気がずいぶん変わります。(p.89)
読了日:7月21日 著者:齋藤敦子

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違うWHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う感想
2012年1月刊。人々を長期的に惹きつける方法は「操作」ではなく「鼓舞」(インスパイア)する。◆【引用メモ】人々は、あなたのWHATを買うわけではない。あなたがそれをしているWHYを買う。(p.50)◆指針を明確にするには、動詞を使うといい。「誠実」ではなく、「つねに正しいことをしよう」と書こう。「イノベーション」ではなく、「問題を違う角度から眺めよう」と書こう。自分の価値観を動詞で表現すると、はっきりとしたアイディアが浮かび、どんな状況に直面しても、どう行動すべきかが明確にわかるようになる。(p.80)
読了日:7月25日 著者:サイモン・シネック

40歳を過ぎたら仕事は「半分」捨てなさい40歳を過ぎたら仕事は「半分」捨てなさい感想
2014年4月刊。【引用メモ】「やめても、目標の達成に影響を及ぼさない」こと(もの)は、ためらわず、思い切って捨てていきましょう。その代わりに、「いまの自分に合った、新しいやり方、新しい仕事」を加えていけば、大きな成果を生み出すことができます。(p.50) ◆「自分より運がいい人」「自分よりも優れている人」に選択を委ねてみましょう。相手に選んでもらうのです。そうすれば、必ず、「いままでと違った自分」を感じることができるはずです。(p.77)
読了日:7月27日 著者:嶋津良智

会社のことよくわからないまま社会人になった人へ会社のことよくわからないまま社会人になった人へ感想
2014年2月刊。◆【引用メモ】会社の形態が2006年から新しい「会社法」によって全く新しくなりました。株式会社と有限会社は「株式会社」に統一されました。これまでの有限会社は「株式会社」と名乗ってもいいし、これまで通り「有限会社」の名前を使うこともできますが、新しく「有限会社」を作ることはできなくなりました。(p.52)◆会社員である前に一人の人間であるということ、またあるいは社会の中の社会的存在であることを常に意識してほしいと思うのです。会社も社員も、会社より社会のルールのほうが優先します。(p112)
読了日:7月30日 著者:池上彰


本のまとめには「読書メーター」を使っています


「読書メーター」は、1冊に書けるコメントが 255 文字までという制限があるのですが、最近、これがちょうどいい長さだと感じるようになりました。

しいて言えば、改行が入れられないので、文字数が多めだとちょっと読み見くくなっちゃう点があります。
でも、手軽さの面では「読書メーター」はかなりいいですよ!

読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理



このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1166-4b093ff0

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト