「string」という英単語は、一般的には「文字列」という意味ではなかった

Posted by localpocky on 04.2013 英語/iKnow!   0 comments   0 trackback




iKnow! で英単語の勉強をしていたら、"string" という単語が出てきました。
おなじみの単語だと思ったら…。

IMG 0065

意外にも「ひも、糸」という意味。

自分にとって "string"(ストリング)と言えば「文字列」という意味だったので、「へー、そういう意味もあるんだなー」ぐらいに思っていました。ところが…。

英和辞典を引いてみると、筆頭は「ひも、糸」。
「文字列」という語訳は下の方に書かれていました。しかも「コンピューター用語」という注釈付き。
なんと、"string" =「文字列」というのはマイナーな意味だったのか!

ちなみに、"string" には「(音楽の)弦」という意味もあるそうです。
"strings"(ストリングス)は「弦楽器」ですね。


そもそも「文字列」という言葉自体が…


…という話をかみさんにしたところ、
『文字列』って何?
と言うではありませんか!

あわてて新明解国語辞典(第7版、2012年)やスーパー大辞林を引いてみても、「文字列」という見出し語は載っていません。
なんと、日本語の「文字列」という言葉自体が専門用語だったとは!


「大辞泉の iPhone 版には載っている」という情報をいただいて、早速調べてみると、ありましたありました。

IMG 9232

もじれつ【文字列】
《character string》データの単位としての、並べられた文字のまとまり。英数字、かな文字、記号など。コンピューターの表計算ソフトにおいては、数値に対する書式または表示形式を表す。

大辞泉(iPhone版)より

「文字列」は、英語では正確には "character string" というんですね。
"string" には「(一列に並んだ)一続きのもの」という意味もあるそうです。

これじゃ、ただの "string" だけでは「文字列」という意味では伝わらないのも無理もないですね。


まとめ


  • "string" =「文字列」という翻訳はコンピューター用語
  • 日本語の「文字列」という言葉自体が専門用語っぽい

『自分の常識は、世間の非常識』とは、まさにこのこと。
文章などで「文字列」という言葉を使うときは、注意して使いましょ。

大辞泉
無料
(2013.09.06時点)
 iTunes で見る
posted with ポチレバ

このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1124-57c9dd21

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト