TOEIC 400点台の私が、500点を目指すために取り組んだ3つのこと

Posted by localpocky on 14.2013 英語/iKnow!   0 comments   0 trackback
Tag :TOEIC




130314 TOEIC

一見、今風のタイトルに見えて、実はスケールが小さいタイトルで恐縮です。

半年に1回受験している英語のテスト TOEIC (IP) の結果が返ってきました。
TOEIC (IP) の受験は、今回で6回目。

初回は 400 点だったのが、少しずつ上がって、ついに 500 点台に乗りました!
超スローペースな気もしますが、数字が上がっていくのはうれしいですね。

自分の TOEIC の課題は「リーディングを何とかしたい」です。
今までのスコアを見ると、リーディングはリスニングの半分ぐらいの点数になっています。

過去にも何度か書いていますが、「単語が分からなすぎ」なんです…。
とにかく、意味が取れない単語が多すぎる。これに尽きます。

そんな私が今回取り組んだ、自分なりの TOEIC 対策をまとめてみます。

<目次>
・リーディング対策、はじめの一歩
・今回取り組んだ3つのこと
・今回の手応えと、今後の課題
・さいごに


リーディング対策、はじめの一歩


今回はリーディングの PART5(短文穴埋め問題)に焦点を当ててみました。
PART5 には、以下のような特徴があります。

・長文を読まなくてもいい
・単語が分からなくても、文法だけで解ける問題も結構ある
・リーディングの中でも問題数が多いので、スコアが稼げそう

これなら、単語があまり分からなくても、スコアアップが期待できるかも…という作戦です。


今回取り組んだ3つのこと


今回の TOEIC 受験に向けて、以下の3つを実行しました。

(1) 英語学習サイト『iKnow!』を毎日やって、単語を覚える
(2) TOEIC の参考書で PART5 (穴埋め問題) を繰り返し復習する
(3) 受験時間を、平日の定時後から、休日の午前中に変える


(1) 英語学習サイト『iKnow!』を毎日やって、単語を覚える


『iKnow!』(アイノウ)は、2007 年から開始された英語学習サイトです。
一時期『smart.fm』という名前に変わりましたが、その後、また『iKnow!』に戻りました

サービス名が『iKnow!』に戻ってから、使いやすさが目に見えて向上してきました。
Web 版だけではく、iPhone 版や iPad 版の使い勝手もなかなかです。
もちろん、それぞれの間で学習結果を同期できます。

使える英語学習 - iKnow!

現在は、1ヶ月 1,000 円の有料サービスになっています。
でも、頻繁に1ヶ月 500 円になるキャンペーンをやっているので、実質 500 円ですね。

自分の場合、『iKnow!』のサービス開始当初の無料時代から、やったりやめたりを繰り返していましたが、2012年8月から毎日続けるようにしました。

1週間に2時間(1日あたり約15分)をノルマと決めてやっています。
1日30分はキツかったので、割り切って15分にしました。
この時間なら、毎日無理なく続けられます。
1日たった15分でも、1ヶ月続ければ8時間。あなどれません。

また、以前は夜にやっていたのを、朝にやるように変えたのも成功の要因です。
平日の朝の生活リズムの中に組み込むことで、自然に習慣化することができました。

今のところ、220 日間、休まず毎日続けられています。(2013/03/14 現在)
語彙力が増えたという実感はまだあまりありませんが、習慣化できたのが大きいです。


(2) TOEIC の参考書で PART5(短文穴埋め問題)を繰り返し復習する


私が使っている参考書は『はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル』という本です。この1冊だけです。
こちらのサイトでおすすめされていたのがきっかけでした。

はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル

長本 吉斉 PHP研究所 2009-10-06
売り上げランキング : 197
by ヨメレバ


今回は PART5(短文穴埋め問題)に集中して、出題パターンや解き方のコツを繰り返し復習しました。
準備が遅く、時間が無かったので、PART5 以外はごく簡単な復習のみに留めました。

この本によると、PART5 の問題は、以下の3種類に分類できます。

(1) ボキャブラリー問題(選択肢に、同じ品詞の単語が並んでいるもの)
(2) 品詞問題(選択肢に、同じ単語から派生した別々の品詞が並んでいるもの)
(3) 文法問題(動詞の時制を問う問題など)

このうち「ボキャブラリー問題」は、単語の意味が分からないと解けない問題です。漢字の書き取りテストみたいなものですね。

そこで、自分は「品詞問題」と「文法問題」に重点を置いて勉強しました。
これなら、文法のルールを知っていれば、単語の意味が取れなくても正解できることが少なくありません。


(3) 受験時間を「平日の終業後」から「休日の午前中」に変える


実は、私は TOEIC の公開テストをまだ受けたことがありません。
いつも、会社で行われる TOEIC IP(Institutional Program: 団体受験制度)で受験しています。

TOEIC(R) | TOEIC(R)テスト 実施要領 【企業・団体・学校のご担当者様向け】

TOEIC IP は、正式な TOEIC のスコアとしては認められないようですが、出題形式やスコアの意味も公開テストと同じです。
私のように英語の実力を図ることを目的とするなら、IP でも問題ないと思っています。

会社で受験することの欠点は、受験時間が平日の終業後になってしまうことです。
仕事を終えた後で、2時間の英語のシャワーを浴びるのは、結構キツいものがあります。

今回は、休日の午前中の時間帯が新たに設定されたので、その時間にしてみました。
やっぱり、定時後に受験するよりは、頭が冴えているような気がしましたよ。


今回の手応えと、今後の課題


課題だったリーディングですが、PART5 の「品詞問題」については、参考書で集中してやった甲斐あって、まあまあできたのではないかと思います。

PART5 はそこそこ短時間で終わらせることができたのですが、PART6, PART7 の長文読解の時間が全然足りませんでした。

PART7 のシングルパッセージ問題の後半は諦めて、ダブルパッセージ問題を1つだけ解きました。
時間が足りずに解けなかった問題は、いつものように B, B, B, B …とマーク。

やっぱり単語を知らないと、長文を読むのにものすごく時間がかかってしまいますね…。今後の課題です。


さいごに


私にはレベルが高すぎるのですが、TOEIC 対策にはこちらのブログがおすすめです。
実体験を元にしたリアルな話が楽しく読めますよ!

TOEIC860点達成するまで辞めないブログ
『バンクーバーのうぇぶ屋』の姉妹サイトです


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1113-8b525f50

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト