TOEIC 500点以下なら、まずは中学英語の復習で基礎固めをしよう! [読書メモ]『ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法』/杉村健一

Posted by localpocky on 28.2012 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
Tag :TOEIC





ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法


2012年5月刊。
いかにもありがちなタイトルの本ですが、パラパラめくってみたら意外によさそうな内容だったので、読んでみました。

英語が苦手な人が、効率重視で TOEIC の点数をアップさせる方法が書かれた本です。
逆に言うと、「英語力全般」の向上は求めていません。
あくまで「TOEIC の点数アップ」に特化した内容になっています。

本の後半には、具体的な勉強法や回答方法のテクニックなどがいろいろと詰め込まれているのですが、自分が注目したのは、この本の前半部分。

次の3点が印象に残りました。

(1) 英語全般の勉強をしなくても TOEIC で高得点が狙える
(2) TOEIC 500 点以下の人は、まずは中学英語の復習で基礎固めを
(3) 中学レベルがマスターできたら、次は単語本「DUO」で単語を覚える


(1) 英語全般の勉強をしなくても TOEIC で高得点が狙える

受験者の英語力のうち、一部を試すのが TOEIC です。「英語力全般=TOEIC スコア」ではありません。(中略)「英語の勉強」と考えてしまうとけっこう時間がかかって大変なんですが、TOEIC の勉強に絞ればやらなくていいことは沢山あります。(p.38)
TOEIC のスコアアップのために英語を勉強するのが本末転倒だと、よく言われます。しかし僕は、TOEIC のスコアを目標にすることも十分アリだと思います。何らかの客観的な指標があったほうが、進歩も分かって学習のモチベーションも維持しやすいからです。(p.167)

私は3ヶ月前から、毎日少しずつ英語の勉強を続けています。
特にこれといった明確な目標を持たずに英語を勉強している自分にとっては、勉強の成果を測る上で TOEIC の点数はとても励みになります。

「TOEIC の点数が高いからと言って、英語力全般が高いという訳ではない」だったとしても、今の自分のレベル知るのに TOEIC の点数は有効だと思うのです。

「TOEIC 用の勉強でも無駄にならない」という言葉を信じて、英語の勉強を続けていきます。


(2) TOEIC 500 点以下の人は、まずは中学英語の復習で基礎固めを

TOEIC IP テストの高校1年生の平均スコアは 370 点で、進学校の高校1年生だと普通に 500 点台を出すらしいです。これは、中学英語と高校1年生の英語がちゃんとできていれば 500 点くらいは取れるということです。(p.66)
英語に触れる以上、相当な頻出率となるのがこの基礎です。だから、基礎の勉強をやらない手はありません。500 点が取れない人は、中学レベルですら忘れてしまっていることがけっこうあると思いますから、まずは中学英語の復習をおすすめします。(p.67)
多聴や多読も中級者以上ならいいかもしれませんが、意味の分からない単語が多すぎる場合、いちいち調べると勉強の効率が下がります。さらに、単語の意味を調べても文の意味が取れなかったら、文法を復習した方がいいです。
というわけで、TOEIC で 500 点に届かない人は、一度だまされたと思ってまずは中学英語の復習をしてみてください。(p.69)

単語力不足は、自分でもひしひしと感じています。
TOEIC の問題を解いていると、出てくる大多数の単語が分からず、意味を取らずに回答しているような状況です。

実は、一念発起して英単語の参考書を買おうと思って本屋に行ったら、その隣に置いてあったのがこの本でした。

難しい単語帳に手を出すのは後回しにして、まずはこの本でおすすめされていた中学英単語の本と中学英文法の本で、基礎固めをするところから取り組むことにします。


(3)中学レベルがマスターできたら、次は単語本「DUO」で単語を覚える

中学レベルがマスターでき、500 点ほどは狙えるようになったら何をすべきか? それは『DUO 3.0』 という単語本の活用。(中略)『DUO 3.0』の大きな特徴は、憶えるべき複数の単語を組み合わせて1つの短文に詰め込んであること。このため、少ない数の短文を読むだけで必須単語を沢山憶えることができます。勉強の効率を非常に重視しているわけです。(p.76)
この段階で単語を重点的に勉強する理由ですが、それは今後の勉強を効率よく進めるためです。TOEIC のリスニングやリーディングの勉強をしている時に、分からない単語が多く出てきて、その意味をいちいち調べていたりすると、非常に効率が悪くなってしまいますし、ストレスもたまります。だから前もって、単語力を強化しておくわけです。(p.77)

本屋さんで「DUO」を手に取ってみたのですが、第一印象は「難しそう…」。
今の自分がこの単語本を買っても、すぐにくじけてしまうのが目に見えていそうです。
やはり、先に中学レベルの単語をしっかり覚えてから「DUO」に手を出したほうがよさそうです。

よく「単語だけ暗記してもダメ」と聞きます。
でも、そうは言っても単語を知らないことには始まらないような気もします。
せめて、TOEIC の問題を読んで「だいたい意味が分かる」レベルになりたいです。


さいごに


英単語本「DUO」を買って挫折する前に、この本を読んでよかったと思います。
この本を読み終わった翌日に中学英語の本を買って、復習に取り組み中です。
まずは中学英語の復習をしてから、単語力強化に取り組みます。

(2012/10/22 読了)

ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法

杉村健一
アスコム 2012-05-28
by ヨメレバ

関連の記事


TOEIC 400点台の私が、500点を目指すために取り組んだ3つのこと - localpocky's reports

英語が苦手な私が365日間『iKnow!』で英語の勉強を毎日続けられた3つの工夫 - localpocky's reports


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1086-b95edae2

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト