今日読めなかった漢字:「所謂」という書き方は、古風ではなく現代風?

Posted by localpocky on 10.2012 ことば/日本語   0 comments   0 trackback




how the chinese character 'horse' has been made
how the chinese character 'horse' has been made / torisan3500


他の人が書いた仕様書を見ていたら、さらっと使われていた漢字がこれ。
「所謂」。
読み方、分かりますか?

なんだか定番の漢字のような気がするのですが、読めませんでした。
いわゆる「難読漢字」ってやつでしょうか。

一瞬、「もちろん」の読むのかと思ったら、違いました。
「もちろん」は「勿論」ですよね。(^^;

辞書を引いてみると…
いわ‐ゆる【所謂】
〔連体〕世間一般に言われる。俗に言う。よく言う。
「―独身貴族」「これこそ、―瓢箪(ひょうたん)から駒というものだ」
(大辞泉より)
いわゆる【所謂】
(連体)世間で普通に言っている。
(新明解国語辞典 第7版 (2012年) より)

ついでに、ちょっと古い辞書でも調べてみました。
いわゆる
(連体)世間で普通に言っている。
[表記]古来の用字は「所謂」。
(新明解国語辞典 第4版 (1993年) より)

新解さんの 4版 と 7版 で表記が変わっているのが、興味深いところです。
以前は「古来の用字」だったものが、最新版ではその注意書きがなくなっています。
ということは、「所謂」は今は一般的な漢字になったということなのでしょうか…。

でも、この言葉を使うとき、私だったら必ず平仮名で書きますね。
誰にでも読みやすい文章を書くには、無理に漢字を使わないこと!
…まあ、自分で読めない漢字は、そりゃ使えませんよね。

■2012/05/10 追記:
上記の「古来の用字」の意味を勘違いしていました。詳しくはこちらの記事で。
意味を間違えていた日本語:「古来」は過去のことじゃなかった - localpocky's reports


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1044-bb7bf658

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト