志の輔らくご in PARCO 2012 @渋谷

Posted by localpocky on 01.2012 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
Tag :落語




120201_1.jpg

新春恒例、志の輔らくごのパルコ公演。
今年も運よくチケットが取れ、聴きに行くことができました。
500人の会場で、1ヶ月の公演。来場者は 10,000 人! すごいですね。
1ヶ月公演のスタイルになってから、今年で7年目だそうです。

今年は、「タイムトラブル」「メルシーひな祭り」「紺屋高尾」の3本。
新作落語2本と古典落語1本という、パルコ公演の定番スタイルです。

1席目の「タイムトラブル」。
高座に、いつもは置かれてない演台があったので、おやっ?と思ったのですが、学校の先生が教壇に立ってしゃべるという設定だったのですね。
演台のある落語、初めて見ました。関西ではそれが普通なのかな?

「メルシーひな祭り」は、パルコらしい一席。最後に楽しいサプライズがあります。
「紺屋高尾」も、じっくり聴くと、いい話ですねえ。

この2つは、どちらも聴いたことのある話でしたが、よくも悪くもタイトルだけ覚えていて、中身をよく覚えていなかったので、新鮮に楽しめました。

3席とも、人情しんみり系ではなく、明るい話でよかったです。
「昨年はひどい年だったので、せめて今年は明るい年になりますように」という思いが込められていたのかもしれません。

終演前、最後に志の輔さんが語った、立川談志のエピソードが心に残りました。
2007年の公演(「歓喜の歌」をやった年)の中日の1月15日、師匠の談志が見に来たそうです。
お開き前に師匠にステージに上がってもらって、ステージの隅っこにちょこんと座った師匠が語った言葉が、

「他人の落語を最後まで聴いたのは初めてだ」。

いい話じゃないですか。
ちなみに、3席目の「紺屋高尾」は、志の輔さんにとって、師匠談志の思い出の話なのだそうです。

さて、今年も落語を聴きに行きますよ-。

■立川志の輔 公式ウェブサイト / しのすけコム
http://www.shinosuke.com/index.php

120201_2.jpg


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1020-7e71e741

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト