今日知った日本語「金科玉条 (きんかぎょくじょう)」人から言われたら微妙?

Posted by localpocky on 05.2011 ことば/日本語   2 comments   0 trackback




仕事で、細かいことだけれども大事だと思うことを指摘したところ、
「その資料を金科玉条とし、対応します」
とメールで返事が来ました。

「金科玉条」。初めて聞く四文字熟語です。
さっそく、調べてみました。

きんか-ぎょくじょう【金科玉条】

《揚雄「劇秦美新」から》最も大切な法律・規則。絶対的なよりどころとなるもの。「父の教えを―とする」
(大辞泉より)


きんかぎょくじょう【金科玉条】

〔もと、拠るべき貴重な法律の意〕それを守ることによって、だれに対しても自分の立場を正当化することが出来る、強い よりどころ。〔視野が狭く、自由な思考が出来ない人の言行を、軽く揶揄する意にも用いられる。例、「…(すること)だけを-とし」〕
(新明解国語辞典 第5版より)



最初に「金科玉条」という字面を見たときに、なんとなくイヤな予感がしたのですが、辞書を引いたら、その予感が的中してしまいました…。
新解さんの解説によれば、この言葉には「融通が利かないなあ」というニュアンスが含まれているんですね。

こちらのブログでも、この点が指摘されていました。

融通の利かない頭の固い人のことを指して、「金科玉条のごとく」というケースもあるそうです。
(「金科玉条(きんかぎょくじょう)」とはどういう意味? » YAOYOLOG)



メールの返事をくれた人が、本当にこのニュアンスを伝えたかったのかどうかは定かではありませんが、もしそうだとしたら、残念です…。

この言葉、揶揄するニュアンスが含まれている言葉なので、他の人に対して使うときには注意したい言葉ですね。
と言っても、こんな難しい言葉、すぐに忘れてしまいそう。


このブログの更新情報を、
RSSフィード RSSFacebookページ FacebookページGoogle+ページ Google+ページTwitter Twitter で流しています。
もし記事を気に入ってくださいましたら、ご覧いただけるとうれしいです!





同じカテゴリの関連記事

→ぶち さん
なるほど、一般的に他の人に対して使う言葉なんですね。
必ずしも「融通が利かない」というニュアンスを含むという訳ではないのかな。
ちょっと使うのは怖い言葉です…。
2011.12.06 20:56 | URL | localpocky #oPRqJcKY [edit]
金科玉条 は、決まりごとを律儀に使っている人に対して用いる方が多いですね。

なので、自ら用いるのは少ないと思います。
2011.12.06 00:55 | URL | ぶち #- [edit]

  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://nishi248.blog60.fc2.com/tb.php/1003-686b97ae

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト