NHKの常識を覆したコント番組『サラリーマンNEO』の作り方:【読書メモ】発想をカタチにする技術/吉田照幸 著

Posted by localpocky on 13.2014 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
140413
発想をカタチにする技術 新しさを生みだす“ありきたり"の壊し方/吉田 照幸


平泉成さんがなんのメイクもせず、あのままで、「ちーす、早川達男22歳っす」とはじまる「大いなる新人」というコントがありました。これは初期大変人気になったコントです。映画でも登場しました。平泉さんからは、人生を変えた、と言われました。(p.200)

2013年11月刊。
NHK のコント番組として一世を風靡した『サラリーマンNEO』のディレクターが書いた、企画・発想・アイデア術の本。

この記事↓がきっかけで、読んでみました。

サラリーマンNEO流、「自分を変える」技術 | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

カテゴリとしては「仕事術」の本になると思いますが、『サラリーマンNEO』が好きだった人なら、読んでも損はないと思います。

『セクスィー部長』や『大いなる新人』。
コントの失敗点について検証する、自虐的な『コントを読む』のコーナーなど。

自分は、仕事術の本としてよりも、番組制作のエピソードや企画作りの裏話のところを面白く読みました。

この番組を作るまでには、長くて辛い下積みの時代があったんですね。
ただでさえ固そうな NHK で、しかも「コント番組」を作るというハードルの高さ。

著者が気づきを得るシーンで、「はっ!」じゃなくて「は!」というところが、実感こもってます。

<引用メモ>
そしてもっと大事なことがあります。
相手の否定的意見を、そのまま受け取らない。(中略)
相手から意見をもらったら、文言通りに受け取らず、何がそうさせているのかを、一度自分の中に取り込みます。
多人数の場合は、メモを見て、共通項を見つけます。
そして検討します。本当の病巣は何か。(中略)
反論は、よりよくするヒントです。
でも、ただ真に受けて対処すると、おかしな方向に進みます。
真摯に受け止めて、その原因を探り、解決することです。(p.63)

(交渉事での)相手にとって最も多大なメリットは、不安の解消、です。リスクの回避です。相手にやる気があるのに決断できないのは、恐怖が立ち止まらせているわけです。そんな相手に対するメリットは、不安や恐怖を解消させ、安心させるってことです。(中略)
提案を拒否されたときは、相手の不安がどこにあるのか、考えてみてください。そこに突破口があるかもしれません。(p.95)
(2014/03/31 読了)

発想をカタチにする技術 新しさを生みだす“ありきたり"の壊し方

吉田 照幸 日本実業出版社 2013-11-14
売り上げランキング : 85096
by ヨメレバ

by カエレバ


読書月報: 先月読んだ15冊の本まとめ (2014年3月号) via 読書メーター

Posted by localpocky on 06.2014 読書月報   0 comments   0 trackback
140406 meter

先月に引き続き、1ヶ月間に読んだ本を「読書メーター」でまとめてみました。

今月は 15 冊。
いつもに比べて、異様に多いです。今まで、こんなに読んだことないです。

仕事が忙しい反動で、現実逃避的に無性に本が読みたくなっちゃんたんですよ。
ガーッと読んで、はい次! …といった感じで。

こういう読み方をすると、あまり記憶に残らないのでよくないのしょうが、今は「本を読みたい!」という気分に身をまかせています。


2014年3月に読んだ本 まとめ


2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3270ページ
ナイス数:32ナイス

たのしい編集 本づくりの基礎技術─編集、DTP、校正、装幀たのしい編集 本づくりの基礎技術─編集、DTP、校正、装幀感想
2014年1月刊。本づくりの本。「編集」「DTP」「校正」「装幀」「未来」の5つの章立て。中でも「校正」の章が個人的にものすごく面白かった。自分に向いているんじゃないかと思った。校正の勉強をしてみようかな?◆【引用メモ】誤植が多い本は、ろくでもない本という烙印を押されがちだ。そこまで言わないにしても、いい加減なつくりだなあ、という印象を読む人に植えつけてしまう。本の内容そのものへの信頼が崩れてゆく。(p.161)
読了日:3月1日 著者:和田文夫,大西美穂

絶景鉄道 地図の旅 (集英社新書)絶景鉄道 地図の旅 (集英社新書)感想
2014年1月刊。絶景の廃線跡やスイッチバックなどの鉄道のある風景を、国土地理院の「地形図」だけで思い描いてみるという渋い内容。地図と鉄道の両方に造詣が深い今尾さんならではの本ですね。◆タイトルに「絶景」とありますが、図面は地図が主で、写真はほとんどありません。でも、時代による線路の移り変わりや、特徴的な線形を地図上で追うのは、なかなか楽しいものです。地名や路線名のオンパレードなので、知らない場所や路線の話はちょっと難しいですが、「そこに注目するか!」という視点が面白いです。
読了日:3月2日 著者:今尾恵介

東京ふしぎ探検隊 (日経プレミアシリーズ)東京ふしぎ探検隊 (日経プレミアシリーズ)感想
2013年8月刊。「妙に詳しい日経の鉄道記事」でおなじみの日本経済新聞 Web 版の連載「東京ふしぎ探検隊」をまとめた本。いわゆる「雑学本」。
読了日:3月4日 著者:河尻定

地図で読む世界と日本 (白水Uブックス)地図で読む世界と日本 (白水Uブックス)感想
2014年2月刊。「地図といえばこの人」の今尾さんの本。今尾さんの本で外国の地図までが取り上げられているのは初めて読みました。◆外国の地図ってほとんど見る機会がないので新鮮。オーストラリアやイギリスの地図では、踏切に「×」印を付けて目立たせていたり。◆最後の章の「地図がウソをつくとき」は一見の価値ありです。
読了日:3月6日 著者:今尾恵介

税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)感想
2013年9月刊。26年間、税務署で税務調査をしてきた方が書いた本。 本屋さんでキャッチーな表紙が目に留まり、読んでみました。◆冒頭でも書かれている通り、この本は節税のためのノウハウ本ではありません。むしろ「みんな、ちゃんと税金を収めましょう!」という系の本です。なんたって、税務署に長年勤めてきた方が書かれた本ですから。◆とても真面目に書かれている印象で、センセーショナルな内容はそれほどありません。でも、「税務署って何をやっているの?」という税務署ビギナー(?)の質問には的確に答えてくれると思います。
読了日:3月8日 著者:飯田真弓

ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた  そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った (ノンフィクション単行本)感想
2013年8月刊。メインは書評だが、それ以外の持論もちらほら。マンガも結構出てくる。◆成毛眞氏との対談で、「ランキングはキュレーションとしては作用しない」と食べログやアマゾンのレビューと「星」がけちょんけちょんに言われている。◆『経済ってそういうことだったのか会議』(佐藤雅彦・竹中平蔵 共著)が経済本としておすすめされてたので、読み返してみようかなと思った。
読了日:3月9日 著者:堀江貴文

ヒューマンエラーを防ぐ知恵: ミスはなくなるか (文庫)ヒューマンエラーを防ぐ知恵: ミスはなくなるか (文庫)感想
【引用メモ】異常の見逃しが多くて困っている職場では、「ダブルチェック」だの(中略)と、チェックする人員を増やして見逃しを減らそうとしがちです。しかし、それでもなお検査に漏れて事故が起こるというのがお定まりのパターンとなっています。(中略)一人目の検査者が見逃す異常は二人目も見逃すものであり、(中略)大して結果は変わらないのが実際です。二人ががりでチェックしていると、検査者は互いに「もう一人が見てくれるから自分のチェックは雑でも大丈夫」と思いがちです。むしろこれでは一人チェックより危険です。(p.151)
読了日:3月11日 著者:中田亨

まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?感想
2013年11月刊。書体デザイナーによる、街の看板や標識などの「フォント」に注目した写真の数々と考察。◆前作『フォントのふしぎ』が欧文フォントの本だったので、こちらは日本語フォントに注目した本なのかな?と思ったら、日本語フォントの話は4分の1ぐらいでした。◆海外の看板では角ゴシックが大半なのに、なぜ日本の看板は丸ゴシックが多いのか? その理由の1つとして「看板職人さんが、丸ゴシックの方が簡単に書ける」という考察は面白いですね。◆最後の「フォントって、こうやってつくってるんだ」は、とても興味深く読みました。
読了日:3月18日 著者:小林章

ヒンシュクの達人 (小学館新書)ヒンシュクの達人 (小学館新書)感想
2013年12月刊。【引用メモ】「人間、自分が圧倒的に優位な立場にいるときに、相手にどう振る舞うかで品性みたいなものがわかる。「溺れた犬は叩け」じゃないけど、弱っている相手、弱い立場の相手をかさにかかっていじめるのは、とにかく下品なんだよ。」(p.122)
読了日:3月19日 著者:ビートたけし

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)感想
2014年1月刊。 読む前から「ひょっとしたら最終巻かも…」と思っていたので、そうではなくてホッとした。
読了日:3月19日 著者:三上延

空鉄 ―鉄道鳥瞰物語―空鉄 ―鉄道鳥瞰物語―感想
2012年12月刊。電車の車両基地や駅、特徴的な配線などにフィーチャーした航空写真集。こういう電車の楽しみ方もあるのか! と感心。見慣れた光景も、空から見ればとても新鮮な光景に。線路の形が一目瞭然。◆車両基地や貨物駅にびっしりと敷かれた線路には、何とも言えない重厚感と凄みを感じます。◆ところどころに挟み込まれている空撮コラムも面白いです。これらの写真はヘリコプターではなくセスナ機の窓から撮影されたものとのこと。真上から撮る「垂直撮影」では、窓を真下に向けるためにセスナ機を傾けて撮影するのだそうです。怖い!
読了日:3月23日 著者:

神去なあなあ夜話神去なあなあ夜話感想
2012年11月刊。林業が舞台の小説『神去なあなあ日常』の続編です。前作から半年後、林業1年生だった主人公は20歳になりました。◆前作に比べると、かなり軽いタッチの短篇集といった感じ。神去(かむさり)村の日常と人々の暮らしを、たんたんとなぞっていくような。キャラが立っているから、こういう事後談みたいのも面白く読めますね。◆パソコンに向かって仮想の読者(いないのに)に向けて書いている独白、という設定がホントにうまい。読了後の素直な感想は「若いっていいなあ」。
読了日:3月24日 著者:三浦しをん

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?感想
2003年刊。【引用メモ】エリヤフ・ゴールドラット博士の提唱する制約条件の理論(TOC: Theory of Constraints)は、「システムのアウトプットは、その最も弱い部分の能力で制約される」というものだ。TOC は理にかなったやり方でビジネス界の話題となっているが、それをプロジェクトのマネジメントに当てはめるとどうなるか。それが、日本での博士の4作目となる『クリティカルチェーン』のテーマである。(p.385 解説)
読了日:3月28日 著者:エリヤフゴールドラット,三本木亮

本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)感想
2013年12月刊。「出版業界の未来は暗いかもしれないが、本の未来は明るいんだ!」という強いメッセージ。◆最近、何かとネガティブな言葉で語られることの多い、本の未来。でも、例えば「本の定義を拡張して考える」ことや、「読者の都合を優先して考える」ことで、「本」そして「本屋」の可能性はまだまだ広げられるということを、著者が一風変わった街の小さな本屋さんで実践しています。◆人に本を紹介するときに「本にまつわる多すぎる情報をひとつに絞る」「一節を引用して切り出して流通させる」という方法は、とても参考になりました。
読了日:3月30日 著者:内沼晋太郎

発想をカタチにする技術 新しさを生みだす“ありきたり発想をカタチにする技術 新しさを生みだす“ありきたり"の壊し方感想
2013年11月刊。【引用メモ】もっと大事なことがあります。相手の否定的意見を、そのまま受け取らない。(中略)相手から意見をもらったら、文言通りに受け取らず、何がそうさせているのかを、一度自分の中に取り込みます。多人数の場合は、メモを見て、共通項を見つけます。そして検討します。本当の病巣は何か。(中略)反論は、よりよくするヒントです。でも、ただ真に受けて対処すると、おかしな方向に進みます。真摯に受け止めて、その原因を探り、解決することです。(p.63)
読了日:3月31日 著者:吉田照幸


本のまとめには「読書メーター」を使っています


「読書メーター」は、Twitter のような感覚で手軽に読書の記録を残せるので、軽めの読書メモには最適ですよ!

読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理


読書メーターとは?


本屋さんが本をぐっと選びやすくしてあげる方法: 【読書メモ】本の逆襲/内沼 晋太郎 著

Posted by localpocky on 05.2014 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
140405
本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)


『本の逆襲』という本書のタイトルは、ベストセラーとなった『だれが「本」を殺すのか』や『電子書籍の衝撃』といった、ネガティブな言葉で煽りを効かせたタイトルへのアンチテーゼでもあります。大家を前にして恐れ多いですが、こうした本が人々から「本屋」であろうとすることと遠ざけた罪は、わりと重いのではないでしょうか。(p.175)

2013年12月刊。
著者の現在の肩書は「ブック・コーディネイター」。
「出版業界の未来は暗いかもしれないが、本の未来は明るいんだ!」という強いメッセージ。

最近、何かとネガティブな言葉で語られることの多い、本の未来。
でも、例えば「本の定義を拡張して考える」ことや、「読者の都合を優先して考える」ことで、「本」そして「本屋」の可能性はまだまだ広げられるということを、著者が立ち上げた一風変わった街の小さな本屋さんで実践されています。

人に本を紹介するときに「本にまつわる多すぎる情報をひとつに絞る」「一節を引用して切り出して流通させる」という方法は、とても参考になりました。

<引用メモ>
「本にまつわる多すぎる情報をひとつに絞る」ことによって、本はぐっと選びやすくなります。(中略)なかでも「引用されたフレーズ」は、他の情報と違い、それ単体でも力を持ちます。うまい引用は、その引用箇所だけで面白い。(p.30)

紙がいいとかデジタルがいいとか、ネット書店がいいとかリアル書店がいいとか、大きな書店がいいとか小さな書店がいいとかではなく、電子書籍も、ネット書店も、大型書店も、小さな街の書店も全部、気分や目的によって使い分けられることこそ、最も豊かな未来であるということです。全部、なくなってほしくない。(p.138)
(2014/03/30 読了)

本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)

内沼 晋太郎 朝日出版社 2013-12-11
売り上げランキング : 54334
by ヨメレバ

日本の看板に丸ゴシックが多い理由を看板職人さんに聞いてみた:【読書メモ】まちモジ - 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?/小林 章 著

Posted by localpocky on 04.2014 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
Tag :フォント
140404
まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?


2013年11月刊。
書体デザイナーさんによる、街の看板や標識などの「フォント」に注目した写真の数々と考察。
写真がいっぱいで、楽しい本です。

前作の『フォントのふしぎ』が欧文フォントの本だったので、こちらは日本語フォントに注目した本なのかな?…と思ったら、日本語のフォントの話は4分の1ぐらいだけでした。

↓『フォントのふしぎ』の読書メモ
「A」という文字、右と左で線の太さが違うって知ってましたか?:【読書メモ】フォントのふしぎ/小林章 著 - localpocky's reports

海外の看板では角ゴシックがほとんどなのに、なぜ日本の看板は丸ゴシックが多いのか?
その理由の1つとして、「看板職人さんが、丸ゴシックの方が簡単に書けるから」という考察は面白いですね。

最後の『フォントって、こうやってつくってるんだ』は、とても興味深く読みました。
例えば、隣り合う文字によって、文字と文字の間隔をソフト側で自動的に調節してくれる「カーニング」。
これ、機械的に数字で決め打ちにしているのではなく、なんとフォントデザイナーがそれぞれの文字の組み合わせを実際に目で見ながら値を調整しているそうです。
その組み合わせは、数千パターンにも及ぶというからびっくり。

デジタルフォントでも、職人さんの手によってこれほどの微調整が加えられていたとは…。

<引用メモ>
丸ゴシックは、作業の内容や道具の状態によって、4回で仕上げる方法と2回で終わらせる方法とがありますが、いずれにしても角ゴシックより手間が少なくてすみます。
(p.49: 第1章 日本に丸ゴシックが多い理由「看板の職人さんにたずねてみた」)

ドイツ語の「ß」の文字、一般的には「エスツェット」とか「鋭い s」とか呼ばれてます。「エスツェット」つまり「sz」じゃないか、という人もいたりして、ドイツ人の中でも意見が分かれるみたいですが、簡単に言っちゃうと発音的には「ss」です。
(p.80: 第2章 世界のまちモジ観察「ドイツの文字は独特の字形 1」)

書体デザインというのは、「大文字と小文字・数字の形ができたから終わり!」じゃなくて、スペーシング(字と字の間)調整がうまくいった状態で初めて完成です。(中略)書体のデザインが成功するかどうかは字の形が半分、スペーシングが残りの半分、それほど重要な作業なんです。
(p.190「フォントってこうやってつくってるんだ 2」)

<とても参考になった記事>
まちモジ — 日本の看板文字に丸ゴシックが多いのはなぜ?みんなが文字を楽しめる小林 章さんの文字本第2弾 - フォントブログ

(2014/03/18 読了)

まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?

小林 章 グラフィック社 2013-11-08
売り上げランキング : 47462
by ヨメレバ


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト