読書月報: 先月読んだ本まとめ (2014年2月号) via 読書メーター

Posted by localpocky on 02.2014 読書月報   0 comments   0 trackback
140302 bookmeter

先月に引き続き、1ヶ月間に読んだ本を「読書メーター」でまとめてみました。

実はこれ以外にも、途中で読むのをやめちゃった本が2冊あります。
最近になって、「本を読むのを途中でやめる」ということを覚えました。

「この本は自分に合わないな」と思った本は、やめることも大事だと気が付きました。本を読む時間は限られていますしね。
面白く感じない本を無理に読むよりも、気持ちを切り替えて次の本に移りましょう!


2014年2月に読んだ本 まとめ


2014年2月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1117ページ
ナイス数:28ナイス

神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)感想
2009年刊。2012年文庫化。 高校を卒業したばかりの林業1年生が奮闘する青春物語。 神去(かむさり)村という山里を舞台にした、1年間の記録。 適度なゆるさの言葉遣いが軽快で、ちょうどいい感じ。 続編『神去なあなあ夜話』も出ているので、読んでみます。
読了日:2月12日 著者:三浦しをん

迷いながら、強くなる (単行本)
迷いながら、強くなる (単行本)感想
2013年11月刊【引用メモ】今、何か問題に直面していたとして、それが解決できるかもしれないし、残念ながら解決できないかもしれません。しかし、それを解決しようと頭を絞った経験や過程というのは、後々になっても自分を支えてくれ、やがて財産になるものだと信じています。(p.3)◆難しい問題や困難な課題に直面をした時に自信が持てないのは、きわめて自然なことだと思えます。裏を返せば、いつも自信を持っている人がいるとすれば、それはその人が不安を覚えることがないくらい簡単なことしかやっていないのでしょう。(p.123)
読了日:2月15日 著者:羽生善治

中国嫁日記(三)
中国嫁日記(三)感想
2014年2月刊。40歳のオタク夫と20代の中国人嫁の日常4コマコミックエッセイ第3巻。2年ぶりの新刊。このシリーズのお楽しみは、何と言っても後半の長編描き下ろし。1巻はお見合い編、2巻はプロポーズ編。そしてこの3巻目は難攻不落の「国際結婚の手続き」、そして中国のド派手な結婚写真の風習「芸術写真」のエピソード。Web の連載とは一味違う「いい話」が読めるのがうれしい!加齢臭対策のノウハウ付き。
読了日:2月16日 著者:井上純一

切れない糸 (創元推理文庫)
切れない糸 (創元推理文庫)感想
2005年刊、2009年文庫化。クリーニング屋さんが舞台の、日常ミステリー。◆大学卒業間近で、ある理由から実家のクリーニング屋さんを継ぐことになった青年が主人公。クリーニング屋に出された衣類(洗濯物)から生まれる、日常の謎。クリーニング業界の裏話がちょこちょこと出てきます。◆『和菓子のアン』は「ほのぼの系ミステリー」でしたが、本作のほうは、それほど「ほのぼの」とした印象は受けません。むしろ、そこはかとなく少し暗いムードが漂っているように感じました。陰湿な暗さではなく「静けさ」。不思議な読後感のお話でした。
読了日:2月23日 著者:坂木司


本のまとめには「読書メーター」を使っています


「ブクログ」や「メディアマーカー」もいいですが、「読書メーター」もなかなかいいですよ! 気楽な感じが気に入っています。

読書メーター - あなたの読書量をグラフで管理


読書メーターとは?


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト