【読書メモ】落語のタイトルは「題目」じゃなくて「演題・演目」ですね。/『落語こてんパン』柳家 喬太郎 著

Posted by localpocky on 20.2013 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
Tag :落語
51Uc4i7Ay7L SL400
落語こてんパン (ちくま文庫)


2009年3月刊。2013年4月文庫化。
私の好きな落語家、柳家喬太郎(やなぎや きょうたろう)さんが書いた、ゆるくて楽しい落語エッセイ。



【ミニ読書メモ】火村シリーズ『菩提樹荘の殺人』/有栖川 有栖 著

Posted by localpocky on 13.2013 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
51AKkmxxZ L SL400
菩提樹荘の殺人


2013年8月刊。
有栖川有栖の「火村英生シリーズ」(別名: 作家アリスシリーズ)の本格ミステリー。
『アポロンのナイフ』『雛人形を笑え』『探偵、青の時代』『菩提樹荘の殺人』の中編4編。
私の好きな作家さんです。

『アポロンのナイフ』は、少年犯罪と少年法をテーマにした話。
短編ながらも伏線が鮮やかで、感動しちゃいました。
いつもながらの安定感で、安心して読むことのできるシリーズです。

本書では4つのそれぞれの話に、火村英生とアリスが出会った頃の話がサブストーリー的に差し込まれています。
もう20年も続いているシリーズなのに、ここへ来て過去が少しずつ明らかになっていくというのは、長年の読者としてはうれしいものです。

私は、ほとんどの有栖川作品に添えられている、丁寧に書かれた「あとがき」を毎回楽しみにしているのですが、今回の「あとがき」は、とても印象深いものでした。

このシリーズに長く付き合ってくださっている読者ならご承知かと思うが、火村・アリスのコンビはある時点から齢をとらなくなり、いつも34歳で登場する。いわゆるサザエさん方式で、シリーズものでは珍しくない。時代だけが移り変わり、彼らは超越的に常に〈現代〉を生きるわけだ。(中略)
私自身、このシリーズ以外に2つのシリーズを現在も書き続けているが、そちらではキャラクターに齢をとらせている。そうしなければ書けないことを書くためである。(p.290「あとがき」)

火村とアリスのコンビは、いつまでも30代。
自分が学生の頃から読み続けている、このシリーズ。
いつの間にか、自分も2人の年齢を追い越してしまっていました。

(2013/10/07 読了)

菩提樹荘の殺人

有栖川 有栖
文藝春秋 2013-08-26
by ヨメレバ
カーリルで開く


【読書メモ】憲法をタメ口にしたら大好評!『日本国憲法を口語訳してみたら』/塚田 薫 著

Posted by localpocky on 01.2013 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
51KOMNyk5NL SL350
日本国憲法を口語訳してみたら


2013年7月刊。
本屋さんで目に留まった、ゆるそうな表紙に釣られて読んでみました。

少し前に、いわゆる「憲法本」が流行しましたが、この本はひと味違います。
日本国憲法の文章を、口語訳(話し言葉)に書き換えた本なのです。
それもただの口語訳じゃありません。タメ口です。馴れ馴れしいです。



  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

09 | 2013/10 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト