【読書メモ】怒ると味覚が狂う。だから私は怒らない。『帝国ホテル厨房物語』/村上信夫 著

Posted by localpocky on 16.2013 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
130816 murakami nobuo
帝国ホテル厨房物語―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)


2002年刊。2004年文庫化。
「ムッシュ村上」の愛称で親しまれた帝国ホテルのシェフが83歳のときに書いた自伝。

長いコック帽をかぶり、大きな身体でいつもニコニコしている姿をテレビで観たことを覚えている方もいるのではないでしょうか?

Kindle の 40% OFF セールがきっかけで、読んでみました。
フランス料理のことは私はさっぱり分からないのですが、親しみやすい文体で、楽しく読めましたよ。


軍隊での経験が、後のコック人生に活かされた


21歳に徴兵され、前半は戦争の話が続きます。終戦後はシベリア抑留も体験されたそうです。


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト