落語で知った日本語: 「因業(いんごう)」志の輔らくごで知りました

Posted by localpocky on 17.2013 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
Tag :落語
130117 hockshop

立川志の輔の新春恒例の落語会「志の輔らくご in PARCO 2013」を聴きに、渋谷のパルコ劇場に行ってきました。

その中での2席目が、「質屋暦」という新作落語。
明治初期、暦が旧暦(太陰太陽暦)から新暦(太陽暦)に変わる狭間で、人々の混乱の一コマを描いた、志の輔さんオリジナルのお話です。

明治政府により、明治5年12月2日 の次の日が 明治6年1月1日 になることが、1ヶ月前に突然発表。(これは実話)
そのため、質屋への返済期限が急に早まってしまい、大慌て。
日数が短くなった分だけ返済額を減らすか、返済期間を延ばしてもらえないかと申し入れるも、強欲な質屋には頑として聞き入れてもらえず…。といった内容です。


この噺の中で、「因業(いんごう)な質屋」という言葉が繰り返し出てきました。
その質屋のことを、町の人たちはこう呼んでいるんです。

「因業(いんごう)」という言葉は初めて聞きました。
「あの、因業な質屋め!」というような使い方だったので、悪い意味の形容詞なのでしょう。

さっそく国語辞典で調べてみました。


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト