[読書メモ] 「探偵もの」としてはある意味で問題作?/『論理爆弾』有栖川 有栖

Posted by localpocky on 16.2013 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback

論理爆弾


2012年12月刊。
有栖川有栖の長編ミステリー、探偵「ソラ」シリーズ。
闇の喇叭』『真夜中の探偵』に続く、シリーズ3作目。
謎解きミステリー…というよりは、探偵見習いの主人公「空閑 純」の成長物語。



  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト