[読書メモ] あの「怒らない技術」よりも分かりやすい!『イライラしがちなあなたを変える本』/安藤 俊介

Posted by localpocky on 18.2012 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback

イライラしがちなあなたを変える本


2010年3月刊。
イライラするのはなぜなのか。そのメカニズムがとても分かりやすく説明されている本です。

個人的には、以前に読んだ『怒らない技術』よりも、この本のほうが納得できて、ストンと腑に落ちた感じがしました。

私は、怒りっぽいほうです。
怒ると言っても、ガミガミ怒るということは全くなくて、一人でイライラするタイプです。
それも、道で自分の前を歩いている人や、同じ電車に乗っている人など、面識のない人に対してイライラしてしまうことが多いです。

「なぜ自分は、こんな赤の他人にイライラしてしまうんだろう…」とよく思います。
この本では、その答えを端的に、繰り返し示してくれました。

あなたが「こうあるべき」と考えていたことが、「そうなっていない」からイライラするのです。(p.38)
「受け入れられない」と思うことが、イライラしたり、ムカッとしたりカチンとくる「怒り」の正体なのです。
「怒り」とは、極端にいってしまえば、考え方の違い、価値観の不一致にすぎないのです。(p.36)
イライラしているとき、あなたは目の前の事実に納得がいっていないのです。
そして、目の前の事実に納得がいかないことを、「イラっとする」という感情をもって表現しているのです。(p.60)

「自分だったら、そういう行動は取らないのに」
「自分だったら、こうするのに」
そういう、自分の価値観と合わないところに、イライラしてしまっていたんですね。

この本では、そのような判断基準や価値観のことを「コアビリーフ」という言葉で呼んでいます。

認識する基準になる考え方・価値観を「コアビリーフ」と呼びます。
人は、自分のコアビリーフに照らし合わせて出来事を認識し、「受け入れる」と判断したら「イライラしない」、「受け入れられない」と判断したら、「イライラする」のです。(p.33)

自分と相手のコアビリーフが一致しないときに、人はイライラしてしまう。
だからといって、相手のコアビリーフを変えようと考えると、怒りに発展してしまいがち。
では、どうすればよいか。
ポイントは「他人目線になる」ことなのだそうです。

イライラするのは、結局のところ「思いどおりにいかない」、ただ、それだけ。「考え方の違い」にすぎないのです。
だったら、自分の考え方を知り、相手の考え方を知ること。
そのうえで、どのように自分の考え方を柔軟なものに変え、折り合いをつけていったほうがいいかの作戦を練ることが大切です。(p.93)

この「折り合いをつける」というのが、うまい考え方だと思いました。
自分を犠牲にするような「泣き寝入り」ではなく、お互いを尊重するように「折り合いをつける」。
相手の気持ちになって、ちょっとだけ歩み寄る、という感じでしょうか。

自分をイライラさせている原因は、自分の「こうあるべき」というコアビリーフと目の前の現実との違いを受け入れられないことから起こるものです。
ならば、そのギャップを埋めるよう、コアビリーフを変えればいいのです。(p.134)

自分の価値観を変えることは、そんなに簡単ではないですよね。
価値観とは「自分が信じるもの」ですから、変えたくないという思いもあります。

でも、その価値観のせいで、日頃イライラしてしまうことが多いなら、少しだけ歩み寄りをみせて、考え方を変えてみるのも悪くないかもしれません。
「世の中には、そういう考え方の人もいるのか」と思えるだけでも、イライラすることは減らせるような気がします。

私はこの本を読んで、実際にイライラすることが減りました。
『怒らない技術』『怒らない技術2』を読んでも、まだイライラしてしてしまう私のような方におすすめの本です。

(2012/06/09 読了)

イライラしがちなあなたを変える本

安藤 俊介
中経出版 2010-03-19
by ヨメレバ

■2012/06/19 追記:
著者の方からコメントをいただきました! ありがとうございます。


スターバックスのプリペイドカードがオートチャージに対応!

Posted by localpocky on 06.2012 コーヒー/Starbucks   0 comments   0 trackback
Tag :スターバックス
120606 2

今日 2012/06/06 から、スターバックスカードでオートチャージができるようになりました。

■スターバックス カード | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/card/

120606 1

「スターバックスカード」は、スターバックスのお店で使えるプリペイドカード。
チャージしておけば、キャッシュレスでお会計がスピーディー!

…というキャッチコピーなのですが、自分は今まで使わずにいました。
店頭でチャージを申し出るのが面倒だったんです。

自分:「ショートのドリップコーヒーください」(カードを差し出す)
店員:「すみません。残高不足です。チャージしますか?」
自分:「じゃあ、お願いします」(チャージ金額を支払う)

この手間が、なんだかわずらわしくって…。
だったら毎回現金で払った方がいいや、ということで、カードを使うのをやめてしまっていました。


オートチャージするには?


120606 3

そこで、今回新たに追加されたオートチャージ機能!
残高が指定した金額以下になったら、自動的にクレジット決済でチャージしてくれます。

オートチャージ機能を使うために必要な条件は、以下の3つです。

(1) スターバックスカードを持っていること(店頭で買えます)
(2) My STARBUCKS(無料の Web 会員サービス)に登録していること
(3) My STARBUCKS にクレジットカード情報を登録していること

私も早速、昔使っていたカードを引っ張り出してきて、オートチャージ設定をしてみました。


オートチャージの他にも


120606 4

オートチャージ以外にも、
・Web 上でクレジット決済でチャージ(この場合はクレジットカードの登録は不要)
・Web 上で残高照会
・別のスターバックスカードに残高を移行
なども可能です。

一気にいろいろ便利になったような感じですね。
明日から、財布にスターバックスカードを入れて持ち歩きますよ!

■関連リンク
スターバックス カード | スターバックス コーヒー ジャパン


[読書メモ] 社名や商品名に込められた複数の意味「ブランドネーム誕生物語」/横井 惠子

Posted by localpocky on 03.2012 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback

ブランドネーム誕生物語


2012年3月刊。
社名や製品名などの名前を造り出す、いわゆる「ネーミング」の開発物語。

著者は、この30年間で、「DoCoMo(ドコモ)」、「りそな銀行」、「TableMark(テーブルマーク)」(旧 加ト吉)、「au」、「新s(あらたにす)」、「BIGLOBE」などの数々の名前を世に生み出してきた方です。

こじつけといわれてしまえばそれまでである。が、1つの名前に二重三重の意味付けができれば、それを企業ビジョンとして複層的に発信していくことも可能になる。
社名に限らず、名称を考案する際には、あらゆる言葉の可能性が考えられる。その中から「この名前を提案します」とするには、それなりの根拠が必要になる。
たとえ、こじつけといわれても、私はどうしてもこの「独自の解釈を伴った発信」にこだわってしまうのである。
(p.59)

それらの名前は、どのようにして生み出されたのか?
また、それらの名前には、どのような意味が込められているのか?
筆者の頭の中の思考過程を映し出すような形で、ドラマチックに描かれています。

いつものように「life」の文字を紙に書きじっくり見ていると、その中央に「if」の2文字があることに気付いた。

「life(人生)」には、「if(もしも)」がある

これをコンセプトとした展開を図れば、新会社ならではの「life」の捉え方を訴求していけそうだ。
(p.168 生命保険会社の保険ブランド名「& LIFE」)

名前というのは、非常に論理的な意味づけの過程を経て生まれるものなんですね。
これほどまでに、複数の意味を込めて作り出されるものだとは知りませんでした。
名前の製作過程を知ると、最終的にその名前になったという必然性を感じることができます。

ドコモと au が同じ人が作った名前だったとは、ちょっと驚きでした。

(2012/05/26 読了)

■関連リンク
「ブランドネーム誕生物語」(横井 惠子著)が中央公論新社より刊行 - ジザイズ

ブランドネーム誕生物語

横井 惠子
中央公論新社 2012-03
by ヨメレバ


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト