20年分の CD 300枚を処分しました

Posted by localpocky on 28.2012 日常   0 comments   0 trackback
120528 1

記憶が確かならば、私が最初に CD を買ったのは、1992 年。
それから 20 年間、買った CD は1枚も手放さずにいました。

MD というメディアが比較的短期間で廃れてしまったように、もしかしたら将来、CD からパソコンに取り込んだ音楽ファイルが聴けなくなってしまう時代が来るのかもしれない…という思いがよぎって、なかなか手放せずにいたんです。

もし MD にダビングした後に CD を処分してしまっていたといたら、私のパソコンに入っているミュージックライブラリの曲数は、少なからず減ってしまっていたでしょう。(MD からライン出力でパソコンに取り込むこともできなくはないと思いますが)


そうは言っても…


一方で、最後に CD を買ったのは、もう2年前。
最近は、音楽を聴く機会もめっきり減ってしまいました。

欠かさずに CD を買っていたアーティストの曲も、今では iTunes Store (音楽配信) の購入で済ませてしまうように。
新曲が1曲 210 円で買えるようになると、シングル1枚によく 1,200 円も払っていたなあ、と思ってしまいます。

「もう『モノ』として CD を手元に残しておかなくてもいいかな…」
とようやく思えるようになりました。


そう思った今が捨てどき!


120528 2

ということで、押し入れの CD を一気に処分することにしました。
8センチのシングルが、127 枚。
普通の CD (マキシシングル含む) が、185 枚。
合計 312 枚。
小さなダンボール箱で、6箱分になりました。

8センチのシングルなんて、今でも買い取ってくれるのかな…?

ただし、長年の思い入れの深いアーティストの CD だけは残すことにしました。
あと5年ぐらい経ったら、これらも処分できるようになるかもしれません。


CD の処分先は?


ブックオフに売るのもちょっと悔しい (?) ので、音楽専門のディスクユニオンの買い取りサービスを利用することにしました。

CD 1枚ごとの買い取り価格を記載した買取明細を発行してくれるというのがよさそうだったので、ここに決めました。

買い取り価格は期待していませんが、やっぱり値段が分かった方が面白いですよね。
はたして、値が付くものがどれぐらいありますやら。


計量スプーンに書かれている「tbsp.」って何? Google 検索したら意外な答えが

Posted by localpocky on 23.2012 未分類   0 comments   0 trackback
Tag :スターバックス
120523 1

先日、スターバックスのコーヒーセミナーで、コーヒー用のスクープ(計量スプーン)をもらっちゃいました。
長さが 20cm ぐらいある、結構がっしりしたものです。(うれしい)

ふと、計量スプーンの裏を見てみると、こんな表示が。

120523 2

「Coffee scoop 2 tbsp. / 10 grams」

10グラムということは、1杯でコーヒー1人前の量ってことですね。

ところで、となりに書いてある「tbsp.」って何?
Google 先生に聞いてみたら、意外な答えが。

120523 3

なんと、電卓機能がはたらきました!
「tbsp.」というのは、数字の単位だったんですね。

調べてみると、「tbsp.」というのは、いわゆる「大さじ」のこと。
「テーブルスプーン」 (Tablespoon) の略なのだそうです。

国によって容量は微妙に異なるようですが、だいたい 15ml ぐらい。
日本の大さじ (15ml と規定されている) とほぼ同じ量です。
「2 tbsp.」は、約 大さじ2杯 と考えてよさそうですね。

■計量スプーン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/計量スプーン
「計量スプーン」と言った場合は計量のために用いるスプーンのことであるが、元々は大さじはテーブルスプーン(Tablespoon、 tbsp.と略記)、小さじはティースプーン(Teaspoon、tsp.と略記)に由来するものである。

私は「tbsp.」という単位は初めて知りましたよ。
これって、料理をする人には常識だったりするのでしょうか?


イライラしたり落ち込んだりしたら、とりあえず何か食べよう

Posted by localpocky on 22.2012 ライフハック   0 comments   0 trackback
120522

確かにそうだなーと思ったので、とっさにエントリー。

すごいイライラしたり、落ち込んだりしているとき。
食事をすると、不思議と心が少し落ち着きますね。

今日、つくづくそう思いましたよ。

そういう心理状態のときって、味覚はいつもより鈍感になってしまいます。
でも、食べ終わる頃には、心のトゲトゲが和らいでいます。
状況は何も変わっていないのに、ね。

槇原敬之の「とりあえず何か食べよう」という歌に、こんな歌詞があります。
(iTunes Store で試聴)
とりあえず何か食べよう
僕は聞き逃さないよ
君の腹の鳴る音は
人は自分で思うより
いい加減にできている
腹が減る それだけで
怒りっぽくもなるんだ

(中略)

とりあえず何か食べよう
話はそのあとで聞こう
まずはその前に何か食べよう

槇原敬之「とりあえず何か食べよう」(2004) より

ほんとにそうですね。

食べると心が落ち着くというのは、医学的にも証明されていることなのかな?


【改訂版】コーヒー豆の保存方法、スタバで聞いてみた

Posted by localpocky on 16.2012 コーヒー/Starbucks   0 comments   0 trackback
Tag :スターバックス
120516 1

今から3年ぐらい前に、こんな記事を書きました。
スターバックスの店員さんに、コーヒー豆の保存方法について聞いた話です。

コーヒー豆の保存方法、スタバで聞いてみた - localpocky's reports

そのときは、コーヒー豆を保存するには「冷凍庫や冷蔵庫じゃなくてもいいので、湿気を防いだ冷暗所で密閉した状態で保存するのがベスト」と聞いたので、日が差し込まない食器戸棚の隅っこでコーヒー豆を保存していました。

ところが、先日。
スターバックスのコーヒーセミナーを受講したときに、バリスタ(店員)さんからもっと詳しいコーヒー豆の保存方法を聞いたのをきっかけに、コーヒー豆の保存方法を少し変えました。

せっかくなので、コーヒー豆の保存方法の「改訂版」ということで、まとめ直してみます。


祝! ついに「中央ライナー」のライナー券がスマートフォンでも予約購入可能に

Posted by localpocky on 14.2012 電車   0 comments   0 trackback
Tag :中央ライナー
120514 0

1ヶ月前に出た既報の通り、今日 2012/05/14(月) から iPhone や Android などのスマートフォンで、中央ライナーのライナー券が予約可能になりました。待ってましたっ!

今までは、携帯電話 (ガラケー) でないと、駅以外では購入できなかったので、これは大きな進歩です。

■スマートフォン版 えきねっと (JR東日本)
http://www.eki-net.com

■スマートフォンで「えきねっと」がご利用可能になりました - えきねっと (JR東日本)
http://jreast.eki-net.com/oshirase/20120416_smartphone.html
2012年5月14日(月)より、スマートフォン向けサービスを開始いたしました。モバイル端末という特性を活かして、成田エクスプレスのチケットレスサービス、中央ライナー予約サービスもご利用いただけるよう、携帯電話向けのサービスをスマートフォン向けに変換のうえ、ご提供します。ぜひご利用ください。

120514 1

ログイン時の ID とパスワードは、パソコン版のえきねっと と同じです。

携帯電話版のえきねっとでは、携帯の個体番号と照らし合わせて、ID の入力を省略できる仕組みがあるのですが、スマートフォン版では毎回 ID を入力する必要があるようです。
ちょっと残念ですが、あまり高望みをしてはいけませんよね。
スマートフォンなら、ID を入力するのも簡単ですし。


120514 2 120514 3
下のほうにある「ライナー券予約」をタップ。携帯版とそっくりの画面です。


120514 4 120514 5
携帯版と同様、座席の「窓側・通路側指定」も選べます。


スマートフォン版のページが表示されない場合は


必ずではないのですが、スマートフォン版の URL (http://www.eki-net.com) でアクセスしても、なぜかパソコン版のえきねっと (http://jreast.eki-net.com/) にリダイレクトされてしまうことがあるようです。
(パソコン版のえきねっとでは、中央ライナー券の予約はできない!)

調べてみたら、えきねっとの「よくある質問」に対応方法が書かれていました。

■スマートフォンでwww.eki-net.comにアクセスしているがPCサイトに繋がってしまう
http://eki-net.okweb3.jp/EokpControl?&tid=15694&event=FE0006
2012年5月14日(月)5:30AM以降はスマートフォンから「www.eki-net.com」にアクセスいただくと、スマートフォン専用サイトに遷移しますが、もしPCサイトに繋がってしまう場合は、恐れ入りますが、時間を置いてお試しいただくか、もしお急ぎであれば、下記のURLにアクセスしてご利用ください。
http://sp.eki-net.com/ekinet/www.yoyaku.eki-net.com/MP/P/U/C/Top/Top1.aspx

上記の直リンクで、スマートフォン版のえきねっとにアクセスできますよ!


「中央ライナー」「ライナー券」って何? という方は


よろしければ、以前に書いたこちらの記事をご覧ください。
詳しい解説や、私の中央ライナーに込める熱い想いを書いています。(^^;

中央ライナーの携帯電話予約がスマートフォンに対応! ところで「中央ライナー」って何? - localpocky's reports



餃子のメニュー数がハンパない! 手打ち餃子のお店「ぎょうざ工房」@立川

Posted by localpocky on 13.2012   0 comments   0 trackback
120513 1

立川駅の南口にある「ぎょうざ工房」というお店に行ってきました。
文字通り、餃子の専門店です。

このお店、実は2年ぐらい前に知っていたのですが、行くきっかけが無くて…。
日曜定休で、しかも夜のみの営業なので、なかなか行く機会がなかったんですよ。
立川の居酒屋が満席で入れず、ふっとこのお店を思い出し、足を運んでみました。

場所は、多摩モノレールの立川南駅から、徒歩2分ぐらいのところ。
駅前の大通りから少し入った、閑静な住宅街の中に忽然と現れます。
「手打ち ぎょうざ工房」という看板が目印です。餃子なのに「手打ち」ですよ!

120513 2

中に入ってみると、意外にも開放感のある明るい店内。
きれいな木の壁に囲まれた、清潔感のある部屋が迎えてくれます。
カウンターが8席ぐらいと小さめですが、奥のほうに予約専用のお座敷もあるようです。

壁にかかっている餃子のメニューの数がハンパないです。
基本は「しょう油仕立て」と「味噌仕立て」の2系統みたいですね。
その他に「デザートぎょうざ」なんていうのもあります。

120513 3

まずは、しょう油仕立ての「えび餃子」。
海老が練り込んであるぐらいかと思いきや、予想以上のえび含有率。
餃子から尻尾がはみ出しているし。これはおいしい。

120513 4えび餃子

ちなみに、餃子のサイズは大きめですが、巨大というほどではないです。
いろいろな種類を食べたいので、これぐらいのサイズでちょうどいいですね。
単品の餃子は、1皿5個です。(スープ餃子とデザート餃子だけ3個)

次は、味噌仕立ての「ねぎ餃子」。
味噌仕立ては、しょう油を付けずに、そのままいただきます。
おやきを食べているみたいな、不思議な感覚。こちらもおいしいです。

120513 5ねぎ餃子

最後は、お店の人気メニューという「スープ餃子」。
見た目は水餃子みたいな感じですが、スープを一口飲んでびっくり。
ごま油の効いた中華風ではなく、意外にも和風の味付け。これはうまい!

120513 6スープ餃子

このお店、お酒にもかなり力を入れているようです。
金色に輝くビールサーバーあり、ワインリストもあったりします。
餃子専門店なのに。

注意点としては、餃子を注文してから、出てくるまでに15分ぐらいかかること。
一皿食べ終わってから次のを注文すると結構待ってしまうので、今度行ったときは注文するタイミングを工夫してみましょ。

単品の餃子の他に、いろいろな餃子を少しずつ食べられるセットメニューや、コースメニューなどもあるようです。今度試してみようと思います。

ごちそうさまでした! また来ます。

■ぎょうざ工房 お店の情報
住所: 東京都立川市柴崎町3-11-25
電話: 042-522-4770
営業時間: 18:00~23:00(日曜・祝日 定休)

■ぎょうざ工房
http://mm.visia.jp/gyouza-koubou/

■ぎょうざ工房 - 食べログ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13016230/


意味を間違えていた日本語:「古来」は過去のことじゃなかった

Posted by localpocky on 10.2012 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
A0731 000327 m

昨日書いた記事について、私の日本語の勘違いをご指摘いただきました。
感謝の意を込めて、またブログの記事にしてみます。

↓いただいたご指摘。

私は、辞書に「古来の用字は○○」と書かれていたのを、
「昔は○○と書いていたけど、今はそうじゃないよ」
という風に読み取ってしまいました。

でも、辞書を引いてみると「古来」というのは「昔のこと」だけを指すのではなく、「昔から今まで」のことを指すのですね。
今まで、意味を取り違えて理解していました。ああ恥ずかしい。(>_<)

こ‐らい【古来】
昔から今まで。古くから。副詞的にも用いる。
「―の伝統」「人生七十―稀なり」
(大辞泉より)
こらい【古来】
昔から現在に至るまでの各時代(を通じて、その傾向・事象が看取出来ること)。
「日本―の宗教 / 富士山を歌った詩歌作品は―極めて多い / ―〔=往年〕の姿は今なお失われていない / ―より〔=昔からずっと。本来は誤用〕対立し合ってきた二つの勢力」
(新明解国語辞典 第7版 (2012年) より)
こらい【古来】
大昔から現在に至るまで、その事が行われていることを表わす。(例文は省略)
(新明解国語辞典 第4版 (1993年) より)
(新解さんの解説、4版 と 7版 でかなり内容が変わっていますね)

つまり、辞書に書いてあった「古来の用字は○○」というのは、
「昔から今まで、習慣的に○○と書かれ続けていますよ」
というようなニュアンスだったんですね。

勉強になりました!


今日読めなかった漢字:「所謂」という書き方は、古風ではなく現代風?

Posted by localpocky on 10.2012 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
how the chinese character 'horse' has been made
how the chinese character 'horse' has been made / torisan3500


他の人が書いた仕様書を見ていたら、さらっと使われていた漢字がこれ。
「所謂」。
読み方、分かりますか?

なんだか定番の漢字のような気がするのですが、読めませんでした。
いわゆる「難読漢字」ってやつでしょうか。

一瞬、「もちろん」の読むのかと思ったら、違いました。
「もちろん」は「勿論」ですよね。(^^;

辞書を引いてみると…
いわ‐ゆる【所謂】
〔連体〕世間一般に言われる。俗に言う。よく言う。
「―独身貴族」「これこそ、―瓢箪(ひょうたん)から駒というものだ」
(大辞泉より)
いわゆる【所謂】
(連体)世間で普通に言っている。
(新明解国語辞典 第7版 (2012年) より)

ついでに、ちょっと古い辞書でも調べてみました。
いわゆる
(連体)世間で普通に言っている。
[表記]古来の用字は「所謂」。
(新明解国語辞典 第4版 (1993年) より)

新解さんの 4版 と 7版 で表記が変わっているのが、興味深いところです。
以前は「古来の用字」だったものが、最新版ではその注意書きがなくなっています。
ということは、「所謂」は今は一般的な漢字になったということなのでしょうか…。

でも、この言葉を使うとき、私だったら必ず平仮名で書きますね。
誰にでも読みやすい文章を書くには、無理に漢字を使わないこと!
…まあ、自分で読めない漢字は、そりゃ使えませんよね。

■2012/05/10 追記:
上記の「古来の用字」の意味を勘違いしていました。詳しくはこちらの記事で。
意味を間違えていた日本語:「古来」は過去のことじゃなかった - localpocky's reports


YUKI のソロデビュー10周年ライブ @東京ドーム に行って思い出したこと

Posted by localpocky on 07.2012 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
Tag :YUKI


昨日の YUKI のソロ10周年記念のライブに行った、東京ドームからの帰り道。
ふと思い出したことがあったので、追記がてらに書いてみます。
LIVE のセットリストなどは、昨日の記事をご覧ください。

YUKI ソロ10周年記念ライブ「SOUNDS OF TEN」@東京ドーム - localpocky's reports


(記事中の曲名へのリンクは、期間限定サイトのフルコーラス PV へのリンクです)


デビュー1年目 (2002年) の頃


JUDY AND MARY が解散して、1年ぐらい。
ソロになった頃の YUKI は、正直言ってあまり好きじゃなかったんです。
ソロデビュー曲の「the end of shite」(2002) なんて、「何じゃこりゃ」と思いましたもん。
1st アルバムは、ろくに聞かずにお蔵入りしてしまいました。


デビュー3年目~6年目 (2004~2007年) の頃


それから、しばらくして。
「Home Sweet Home」(2004) というバラード曲で、ガツンとやられました。
それから始まった(自分の中での)YUKI の快進撃はすごかった。
出す曲出す曲、いい曲ばかり。

「ハローグッバイ」(2004)
「JOY」(2005)
「歓びの種」(2005)
「メランコリニスタ」(2006)
「ワンダーライン」(2007)

などなど。
中でも「歓びの種」は、何度繰り返し聞いたことか。


けっこう最近の話


かなり経ってから。
iTunes のシャッフル再生で偶然「プリズム」という聴き慣れない曲がかかって。
これがまたすごくよくて。「えっ、これ YUKI の曲?」と驚くぐらいに。

いつの曲かと思ったら、なんとお蔵入りさせた 1st アルバムの曲でした。
もうね、当時の自分の耳は、節穴かと。
その「プリズム」が、昨日の東京ドームライブのラストナンバーでした。


全然熱心なファンじゃないけど、自分の中では「別格」なアーティストの一人。
これからも、応援しまっせ。


YUKI ソロ10周年記念ライブ「SOUNDS OF TEN」@東京ドーム

Posted by localpocky on 06.2012 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
Tag :YUKI


YUKI のソロデビュー10周年記念のライブに、東京ドームに行ってきました。

私にとって、東京ドームのライブは 11 年ぶり。
そう。
YUKI がボーカルをしていたバンド JUDY AND MARY の解散コンサート以来です。

YUKI 本人が東京ドームで歌うのも、そのとき以来とのこと。
「思い出の地」な訳ですね。
あれからもう 11 年…。感慨深いものがありました。

実は、最近の 1, 2 枚のアルバムの曲は、あまり知らないんですよ…。
でも、10周年記念ライブということもあり、懐かしい曲もたくさんやってくれて、よかった!

17:00 開始で、たっぷり3時間半。
久しぶりに盛り上がっちゃいました。

当日のセットリスト(曲目リスト)は、こちらをどうぞ。

■セットリスト
http://www.setlist.mx/?p=17578
YUKI 2012/05/06 | 東京ドーム | セトリ!!!


それにしても、ドームコンサートって、すごいですねー。
来場者 50,000 人ですもんね。客席への演出も豪華。

でも、分かっちゃいるけど、いかんせん会場が広い!
ステージがセンター側にあって、私の席は3塁側の2階席。
当然、米粒ぐらいにしか見えないわけですよ。
でもまあ、でっかいモニターがいくつもあって、それはそれなりに楽しいものです。


あれだけ聴いていた音楽も、ここ数年はほとんど聴かなくなってしまいました。
でも、たまにはいいもんですね。
新曲に手を出さなくてもいいから、昔の曲を聴き直してみましょうかね。

■2012/05/07: 追記の記事を書きました。
YUKI のソロデビュー10周年ライブ @東京ドーム に行って思い出したこと - localpocky's reports

■YUKI 期間限定 10周年記念サイト (PV がフルコーラスで聴けます)
http://www.yuki10.net/
YUKI


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト