今日知った当て字:「たらふく食べる」の「たらふく」を漢字で書くと…

Posted by localpocky on 13.2012 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
「たらふく食べる」を変換しようとしたら、意外な漢字が出てきてびっくり。

120213.png

なんと「鱈腹」と書くんですね。魚のタラのお腹で、たらふく。

たらふく【鱈腹】
〔「足らふ」+「く」〕満腹でもうこれ以上は入らないというところまでたくさん食べる様子。〔口語的表現〕「―食べる」
(新明解国語辞典 第7版 より)


たら‐ふく【鱈腹】
〘副〙たくさん飲み食いするさま。腹いっぱい。「餅を―食う」
[補説] 「鱈腹」は当て字。
(大辞泉 より)



画像検索で 鱈の写真 を見てみると、確かにお腹が膨らんでいます。

ただ、大辞泉にも書かれているように、これは当て字なのだそうです。

たらふくの語源は、「足りる」や「足る」など、「十分になる」意味の動詞「足らふ(たらふ)」に、副詞語尾の「く」が付いたものとされる。
(語源由来辞典 より)



当て字とはいえ、実にうまい字を当てたものですねえ。



  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト