[読書メモ] ストーリー仕立ての自己啓発本「希望をはこぶ人」(アンディ・アンドルーズ著)

Posted by localpocky on 26.2012 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
Tag :ストーリー仕立ての自己啓発本

希望をはこぶ人


2011年4月刊。
原題は "The Noticer"。直訳すると「通知する人」でしょうか。
ストーリー仕立ての自己啓発本です。

―人生に助けが必要になったとき、どこからともなく彼が現れる。
彼の名はジョーンズ。いつもトランクを持ち歩いている、不思議な老人。
彼は「別の物の見方」というヒントを与えてくれる。
彼と会話を交わした人々は、再び生きていくための希望を手に入れる。
彼が教えてくれた「物の見方」を思い出しながら…。

とても読みやすい本です。グイグイ引き込まれます。
それなりに厚みがある本ですが、行間が広いので、意外に早く読み終えられます。

「愛情表現には『方言』があり、その方言は人によって違う」というのは、なるほどなと思いました。
この「愛情表現」という言葉は「コミュニケーションのための表現」と言い換えることもできますね。

「愛情表現の『方言』は4つある。(中略)それが正しいか間違っているかという問題ではなく、その人はそういう『方言』しか知らないということなんだよ。(中略)だから、相手に幸せでいてもらうためには、君はその『方言』を学んで実践しなければならない。」
(p.63 第3章「愛情の表現」)


「夫婦の関係にかぎらず、4つの『方言』を知っていると何かと役に立つからね。相手がどんな『方言』の使い手かどうかを見抜けるようになれば、親子、友人、職場の同僚、どんなシーンでもうまくコミュニケーションが取れるようになるよ。
(p.68 第3章「愛情の表現」)




ストーリー仕立ての自己啓発本のいいところ


ストーリー仕立ての自己啓発本というと、『夢をかなえるゾウ』や『自分の小さな「箱」から脱出する方法』を思い出します。

ストーリー仕立ての自己啓発本って、好きなんです。
これらの本のいいところは、ストーリーがあるので読みやすいことと、基本的にテーマが1本に絞られているところ。
普通の自己啓発本は、細かく章に分かれていて、次から次へと畳み掛けるような印象を受けます。
いいことはたくさん書かれているのですが、それぞれがバラバラで、ところどころが記憶に残る感じ。

それに対して、ストーリー仕立ての自己啓発本は、主題がストーリーに沿って1本の太い幹に集約されているので、読んでいても疲れずに、安心して読むことができます。
読了後も、ストーリー全体がひとつのまとまりとして記憶に残るような感じです。


おわりに


ところで、この本には、ちょっとしたサプライズが。
巻末の著者紹介には、こんなことが書かれています。
「高校卒業後、両親を相次いで失ってホームレス生活を送っていたが、1人の老人との出会いをきっかけに自暴自棄な態度を改め、人生を前向きに切り開く。」
これって、この本の第1章の話とまったく同じじゃないですか!
読み返して見ると、第1章のエピソードの主人公の名前は、著者の名前と同じ「アンディ」。
このエピソードは、実話だったんですね…。

<引用メモ>

絶望しているとき、何よりも必要なのは物の見方です。視点を変えると心が落ち着き、心が落ち着くと明晰に考えることができ、明晰に考えることができると新しいアイデアが浮かんできます。そのアイデアが答えをもたらすのです。
(p.236 第10章「希望という名の贈り物」)


(2012/02/21 読了)

希望をはこぶ人

アンディ・アンドルーズ
ダイヤモンド社 2011-04-15
by ヨメレバ



やっと見つけた曲:フジテレビ「SURPRISE!」のエンディング曲

Posted by localpocky on 18.2012   5 comments   0 trackback
あるテレビ番組の録画を見ていたら、バックに聞き覚えのある曲が…。
これこそは、永年探し求めていた、「SURPRISE!」のエンディング曲ではないですか!

↓この曲です。


「SURPRISE!」(サプライズ) というのは、1999年~2000年に放送されていた、フジテレビの番組。
日産自動車の一社提供で、進行役が奥田瑛二だったことをよく覚えています。
素人さんに手の込んだどっきりを仕掛けて、最後はハッピーエンドで感動、というような展開でした。

番組の内容は、それほどはっきりとは覚えていないのですが、エンディング曲はすごくよく覚えていて、記憶を頼りに今でもたまに口ずさむことがあるぐらいです。
その曲が、今まさにテレビから流れているのです!

iPhone に入っていた「SoundHound」というアプリを立ち上げて、マイクをテレビに向けて音楽検索。曲名が判明しました。

120218.png

探していた曲は、映画「アンツ (Antz)」の「The Colony」という曲でした。
番組終了から12年経って、曲を見つけることができました。
技術の進歩、えらい!

■SURPRISE! - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/surprise/



今日知った当て字:「たらふく食べる」の「たらふく」を漢字で書くと…

Posted by localpocky on 13.2012 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
「たらふく食べる」を変換しようとしたら、意外な漢字が出てきてびっくり。

120213.png

なんと「鱈腹」と書くんですね。魚のタラのお腹で、たらふく。

たらふく【鱈腹】
〔「足らふ」+「く」〕満腹でもうこれ以上は入らないというところまでたくさん食べる様子。〔口語的表現〕「―食べる」
(新明解国語辞典 第7版 より)


たら‐ふく【鱈腹】
〘副〙たくさん飲み食いするさま。腹いっぱい。「餅を―食う」
[補説] 「鱈腹」は当て字。
(大辞泉 より)



画像検索で 鱈の写真 を見てみると、確かにお腹が膨らんでいます。

ただ、大辞泉にも書かれているように、これは当て字なのだそうです。

たらふくの語源は、「足りる」や「足る」など、「十分になる」意味の動詞「足らふ(たらふ)」に、副詞語尾の「く」が付いたものとされる。
(語源由来辞典 より)



当て字とはいえ、実にうまい字を当てたものですねえ。



映画「しあわせのパン」/原田知世・大泉洋 ~観てよかった!

Posted by localpocky on 12.2012 映画   0 comments   0 trackback
Tag :しあわせのパン
120212.jpg

昨年末に行ったライブのチラシに一緒に入っていたチラシがきっかけで、この映画のことを知りました。
2012/01/28 の公開日を手帳に書き留めて、待っていました。

「しあわせのパン」。いい映画でした!
観てよかったなあ、とつくづく思える映画なんて、ほんと久しぶりです。

舞台は北海道。自然に囲まれた、湖のほとりにある、小さなパンカフェ。
夏、秋、冬、春と、季節をめぐりながら、ゆっくりと物語が進んでいきます。

何にもないような、でも何かあるような。
こういうのんびりした映画、すごく好きです。

原田知世と大泉洋の佇まいが、何とも言えずいいですね。
最小限の言葉しか交わさないけれど、やさしさがいっぱい詰まっています。

水縞くん「僕の欲しいものは、ひとつだけですから」。
りえさん「見つけたよ、私のマーニ」。

主題歌の「ひとつだけ」(矢野顕子 with 忌野清志郎) がすごくぴったりだな~、と思ったら、この曲にインスパイアされた書かれた脚本だったんですね。どおりで。

あまり映画は見ないのですが、こういう映画だったら、いっぱい観たいです。
こういうテイストのおすすめの映画があったら、教えてください!



■映画『しあわせのパン』公式サイト
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/



[読書メモ] 謎解きはディナーのあとで 2/東川 篤哉 ~電光石火に事件を解決。読みやすさはピカイチ

Posted by localpocky on 11.2012 書評/読書メモ   1 comments   1 trackback

謎解きはディナーのあとで 2


2011年11月刊。
短編6編。軽いタッチのミステリー。
言わずと知れた、2011年のベストセラー「謎解きはディナーのあとで」の続編です。

いわゆる「安楽椅子探偵もの」。面と向かって犯人と対峙することはほとんどありません。
消去法で可能性を1つずつ潰していく感じではなく、いきなり真実にたどり着いてしまう展開。
そのため、物足りなさも感じますが、トントン拍子に話が進んで、読みやすさはピカイチです。

テイストは、完全に前作を受け継いでいます。
前作のノリが好きだった人は、この2巻でも期待を裏切られることはないでしょう。
ただ、1巻よりも、主人公の麗子が執事の影山の推理を頼り切っている感がありありとうかがえますね…。

気分転換に読むのには、ちょうどいい本だと思います。
…たまには、ゆるい本を読んでもいいですよね?

(2012/02/07 読了)

謎解きはディナーのあとで 2

東川 篤哉
小学館 2011-11-10
by ヨメレバ



志の輔らくご in PARCO 2012 @渋谷

Posted by localpocky on 01.2012 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
Tag :落語
120201_1.jpg

新春恒例、志の輔らくごのパルコ公演。
今年も運よくチケットが取れ、聴きに行くことができました。
500人の会場で、1ヶ月の公演。来場者は 10,000 人! すごいですね。
1ヶ月公演のスタイルになってから、今年で7年目だそうです。

今年は、「タイムトラブル」「メルシーひな祭り」「紺屋高尾」の3本。
新作落語2本と古典落語1本という、パルコ公演の定番スタイルです。

1席目の「タイムトラブル」。
高座に、いつもは置かれてない演台があったので、おやっ?と思ったのですが、学校の先生が教壇に立ってしゃべるという設定だったのですね。
演台のある落語、初めて見ました。関西ではそれが普通なのかな?

「メルシーひな祭り」は、パルコらしい一席。最後に楽しいサプライズがあります。
「紺屋高尾」も、じっくり聴くと、いい話ですねえ。

この2つは、どちらも聴いたことのある話でしたが、よくも悪くもタイトルだけ覚えていて、中身をよく覚えていなかったので、新鮮に楽しめました。

3席とも、人情しんみり系ではなく、明るい話でよかったです。
「昨年はひどい年だったので、せめて今年は明るい年になりますように」という思いが込められていたのかもしれません。

終演前、最後に志の輔さんが語った、立川談志のエピソードが心に残りました。
2007年の公演(「歓喜の歌」をやった年)の中日の1月15日、師匠の談志が見に来たそうです。
お開き前に師匠にステージに上がってもらって、ステージの隅っこにちょこんと座った師匠が語った言葉が、

「他人の落語を最後まで聴いたのは初めてだ」。

いい話じゃないですか。
ちなみに、3席目の「紺屋高尾」は、志の輔さんにとって、師匠談志の思い出の話なのだそうです。

さて、今年も落語を聴きに行きますよ-。

■立川志の輔 公式ウェブサイト / しのすけコム
http://www.shinosuke.com/index.php

120201_2.jpg


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト