[本] バカの正体/テリー伊藤

Posted by localpocky on 13.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
バカの正体 (角川oneテーマ21)

テリー 伊藤
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-01-08
by ヨメレバ

2011年1月刊。
この記事↓を読んで、うっかり借りてしまった本。

■おバカタレントは本当にバカなのか? テリー伊藤が「バカ」を斬る - 新刊JPニュース
http://www.sinkan.jp/news/index_1697.html

小見出しに「○○するバカ」というのがずらっと並んでいるのが鼻につくけれど、書かれている内容は、それほどバカな人ばかりの話では無い。

出てくるのは、どこにでもいそうな普通の人達。
この人の言う「バカ」の定義は、一体何なのだろう。

タイトルほどは過激な内容ではないし、いいこと言っているところもある。

でも、

下手な相槌は邪魔になる。というか、相槌は、いらない。そんなもの、打たなくていい。それが私の結論だ。(p.73)

というくだりにはびっくりした。
本当にそうかなあ。それはテレビやラジオのインタビュアーに限ったことじゃないのかな。

<引用メモ>

(「自分らしさ」を求めるバカ)
「自分らしく活きる」というのは一見、素敵な言葉だ。けれども、その意味するところは「自分以外は排除」ということだ。
自分らしく、自分が好きなものだけを選んで、自分が思うとおりにする。これはファッションにしろ生き方にしろ、「他のものは吸収しない」「新しいものは取り入れない」「自分と異質なものは受け入れない」ということにつながる。そこには変化もなければ進歩も成長もない。(p.56)


(なんでもクレームをつけるバカクレーマー)
もし私がクレームをつけなければいけなくなったときに心がけているのは、どんな業者相手にも、作った人への敬意を忘れないことだ。
ものを作った人であれ、無形の何かを提供してくれた人であれ、その相手が作ってくれたこと自体には敬意を忘れない。そのうえで苦言を述べるべきは述べ、批判すべきはする。
その態度があれば、クレームを受けた相手が「イヤなクレーマーに会った」と思わずにすむはずだと思っている。(p.159)


(2011/04/05 読了)


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト