[本] どんどん儲かる「笑顔」のしくみ/門川 義彦

Posted by localpocky on 30.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
どんどん儲かる「笑顔」のしくみ

門川 義彦
ダイヤモンド社 2010-10-16
by ヨメレバ

2010年10月刊。
本屋さんで、おじさんの強烈な笑顔の写真に目が留まって、読んでみました。
題名にある「儲かる」という部分にはあまり興味がなかったのですが、「笑顔」には興味があったので…。

これは接客サービスの本です。
内容は、完全に接客業をターゲットに書かれています。

ルミネと JR東海(新幹線部門)での笑顔指導の記録は、読みごたえがありました。

笑顔のためには、環境づくりも大切。
「整理整頓とお掃除なくして本物の笑顔は生まれない」。
著者は「カストーディアル運動」と名付けて、笑顔指導の一環として、整理整頓の徹底を指導しています。
お客さんの目に入るところは、とにかく徹底的にきれいにすっきりと、というスタンスです。

お店で笑顔で迎えてもらうのは、とても気持ちのいいものですが、ただニコニコしていればいいという訳ではないんですね。

本書に書かれている笑顔のための心得は、接客業だけでなく、会社や普段の生活にも採り入れることができそうです。

<引用メモ>

人間には快感神経と不快神経がありますが、快感(喜びや楽しさ)が伝わりにくいのに比べ、不快(怒りや悲しみ)の伝達は素早いんです。
たとえば、お店の中がきれいに整えられていること(快感)にはすぐには気づかないけれど、そこにゴミが一つ落ちてること(不快)には素早く気づく。
人って、自分にとって感じの悪いことにはすごく敏感なんです。(p.24)


僕は、「笑い」というのは、「おかしい、楽しいなど個人的な感情が形になったもの」と解釈しています。ということは、一人でも笑うことができます。テレビのお笑い番組を見て「面白いなあ」と思った感情が表情に出る。これは「笑い」です。
一方、「笑顔」というのは、「他人とのコミュニケーションをとるための社交的な笑い」だと解釈しています。(p.206)


僕の言うアイコンタクトは、ほんの 0.5 秒、相手の目を見て笑顔の心を伝えようという意味です。
なぜならば、相手の目をきちんと見ながらじゃないと「笑顔」とは言わないからです。アイコンタクトなき笑顔は、ただの笑いです。(p.211)


(2011/01/26 読了)


[本] フェリカの真実/立石泰則

Posted by localpocky on 29.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
フェリカの真実 ソニーが技術開発に成功し、ビジネスで失敗した理由

立石泰則
草思社 2010-11-13
by ヨメレバ

2010年11月刊。
本屋さんで表紙の FeliCa ロゴが目に留まり、読んでみました。
非接触 IC カード「FeliCa」(フェリカ) の開発ドキュメンタリーです。
サブタイトルに「ソニーが技術開発に成功し、ビジネスで失敗した理由」とあります。
技術的な話よりも、ビジネス寄りの話が中心です。

最初はビルの入退場 IC カードからスタートして、電車の電子乗車券、そして電子マネーへ。

Edy も Suica も nanako も WAON も、みんなソニーが作った同じ FeliCa という規格で作られている IC カードなのに、なぜ別々の電子マネーになってしまったのか。

FeliCa の開発者は「本来は、電子マネーが乱立するはずはなかったんです。ひとつの決済手段として、みんなが共通に使える電子マネーになるはずでした」(p.13) と言います。

FeliCa の電子マネー機能は、本来は IC カードで利用したサービスの代金を回収する手段として用意されていたものだったのが、ソニーが立ち上げた Edy のビジネスによって、「電子マネー」そのものが目的に変わっていく様子が描かれています。

驚いたのは、JR東日本は最初は Suica の中に電子マネーとして Edy を入れようとしていたのに、ソニー側(ビットワレット)がそれを拒絶したというエピソード。
「Edy は単独で展開するビジネスだから、JR と組む必要はない」との経営判断だったそうですが、現在の電子マネーの利用率では、Suica がトップ(2位は PASMO)で、Edy は Suica の半分に留まっています。

もし、Suica の中に Edy が入っていたら、Edy が電子マネーのスタンダードになって、電子マネーがこんなに乱立することも無かったかもしれませんね。

<引用メモ>

日下部(フェリカの開発者)の述懐ーー。
「あそこで JR と組めなかったことが、(エディの)そもそもの失敗だったと思っています。私は何回も(ソニーやビットワレットの幹部に)言ってきました。エディを単独のカードで出すことは、いわば『不死身の巨人(JR)と素手で戦っているようなものなんですよ』と。だって、彼ら(JR東日本)は、電子マネーで絶対に損はしないんですよ。(p.151)


(2011/01/21 読了)


八王子ならぬ「八玉子」

Posted by localpocky on 24.2011 ローカル   1 comments   0 trackback
「道の駅 八王子滝山」で見つけました。
八王子産のたまご「八玉子 (はちたまご)」

110124_2.jpg

ダジャレとしては、よくできているのではないかと…。(^^;
生たまごは「玉子」じゃなくて「卵」じゃないか! …というツッコミは無しでお願いします。

ちなみに、この道の駅。いつも大繁盛です。
地元の野菜市場が人気みたい。

東京生まれの国産豚肉「TOKYO X (トウキョウ エックス)」も売っています。
スライスハムが5枚で 400 円というのは、ちょっとびっくりしましたけど…。


大きな地図で見る


[本] 科学する麻雀/とつげき東北

Posted by localpocky on 23.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
科学する麻雀 (講談社現代新書)

とつげき東北
講談社 2004-12-18
by ヨメレバ

2004年刊。
実はかなり以前から「いつか読みたい本」リストに入っていた本です。
とあるブログでこの本のことが書かれていて思い出し、読んでみました。

徹底的な統計主義を取っている、麻雀指南本です。
数式やグラフがいっぱい出てきますが、「数式に興味のないかたは、結論部分だけ読んでもらって構わない」という著者の導きに従って、数式はどんどん飛ばして読みました。

勘や「読み」「流れ」などを廃して、あくまでデータの分析結果を基にした戦略が示されています。どういう条件のときにはリーチをかけるべきか、降りるべきかなど、書かれている内容は非常に具体的です。
「リーチ宣言牌の周辺は危険」といった、よく耳にするお約束についても、膨大な打牌記録の分析結果から、それは間違いだと断言。麻雀に慣れている人ほど、意外に思うことが多く書かれているかもしれません。

自分が一番役に立ちそうに思えたのが、降り方について書かれたところ。
「麻雀というのは全局のうち半分近くはベタオリするゲームなのだ」という言葉には、ガツンと来ました。
「攻めるなら最大限に攻め、守るなら最大限に守る」が大事なんですね。

<引用メモ>

降りることは大変重要である。麻雀で一番明確に技術差が感じられるのが「正しく降りているかどうか」である。(中略)普通、麻雀というのは全局のうち半分近くはベタオリするゲームなのだ。なぜならば、4人いるうちで最も配牌とツモがよかった人が和了するのが麻雀であり、自分だけが毎局毎局上がれるゲームではないからだ。大半の「上がれないとき」には確実に降りて失点を防ぐのが正しい打ち方なのである。(p.192)


(本書で示されている)牌の危険度表に従ったうえで運悪く放銃してしまったり、「うまく」引っ掛けられたりしても、何ひとつ気にすることはない。字牌の生牌を切って振り込むのを見て「ぬるい」などと言う人もいるが、言わせておけばよい。1回1回の試行で成功するか失敗するかではなく、長期的に勝つための技術を身につけていることに誇りを持てばよいのだから。(p.204)


(2011/01/18 読了)


[本] 落語の聴き方 楽しみ方/松本 尚久

Posted by localpocky on 16.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
落語の聴き方 楽しみ方 (ちくまプリマー新書)

松本 尚久
筑摩書房 2010-12-08
by ヨメレバ

2010年12月刊。
本屋さんで見かけてタイトルに惹かれて、読んでみました。図書館で。

タイトルから初心者向けの本かなと思いましたが、違いました。
落語の分析をしている本。自分には少し難しい内容でした。
ある程度、落語を聴き慣れている方のほうが、面白く読めると思います。

落語家が噺を語るときには「現在形」を使う、というのは面白い着目点ですね。
昔話や物語は過去形で語られるけれども、落語は現在形で語られる。それは、落語家はストーリーの語り手としていわゆる「神の視点」を持ちながら、なおかつ観客や登場人物と同じ位置に立って一緒にストーリーを進めていくためだとか。

これからは、落語を聴くときに、時制の使い分けに注目しながら聴いてみようと思います。

<引用メモ>

落語の語り手である落語家は、はなしの結末を知っています。
落語を聞き慣れた観客も、その先にはなしがどう展開するのかを知っています。
しかし、落語は「現在から過去を見る」という視点を持っていません。ですから、落語家ははなしの先を「知らない」という約束事を守りながらストーリーを進めなくてはなりません。それを出来る人が落語の巧者です。(p.74)


すぐれた落語家はこうした状況描写をするときに、過去形の表現をあまり使わず、現在形の言い回しでそれを伝えます。
なぜでしょうか。それは彼の語りが落語の規則に忠実だからです。落語の語り手は、はなしの中に流れる時間とともに歩んでいく必要があるので、なるべく現在形の言葉を使うのです(細かく言えば、現在形と過去形を細かく織り交ぜながら、状況を表現します)。(p.76)


落語家は徹底して現在的な位置に立ち、ゲームの規則として超越者の視点を持ってはいけないにもかかわらずーーそれを持つと、落語がとたんに過去的なものになってしまうからーーはなしを進めるためには超越者の視点を持たなくてはならないのです。
ここが落語家の綱渡りです。落語を語ると言うことは、この矛盾した語りをまっとうするということです。(p.104)


(2011/01/12 読了)


「つぶらな瞳」ってどんな瞳?

Posted by localpocky on 11.2011 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
よく「つぶらな瞳」って言うけど、つぶらな瞳ってどんな瞳?
大きな目? 丸っこい目? くりくりっとした目?

気が付けば、実はよく分かっていなかったので、国語辞典で調べてみました。

■大辞泉より
つぶ‐ら【円ら】
〘形動〙まるくて、かわいらしいさま。「―な瞳(ひとみ)」


■新明解国語辞典 第4版より
つぶら【円(ら)】
まる(くてかわい)い様子。「―な瞳」


なるほど。丸くて、かわいらしいことを言うんですね。
ということは、大きな目が「つぶらな瞳」に該当するかは、人それぞれということになりますか。(^^;

ところで、この「つぶら」って言葉、「瞳」以外にも使うことあるんでしょうか…?

試しに「つぶらな -瞳」(←ハイフンは「含まない」という意味) で検索してみたら、「つぶらなカボス」というのが怒濤のごとくヒットしました。
大分県で作られているジュースだそうです。
なかなかキャッチーなネーミングですね。

110111_2.jpg

じゃあ、「瞳」と「カボス」以外では、どうでしょう?

つぶらな -瞳 -ひとみ -ヒトミ -目 -眼 -かぼす -カボス」で検索してみると…う~ん、あまりこれだ!というものがヒットしません。
ということで、商品名以外では、「つぶら」は「瞳」ほぼ専用の形容詞ということに決定! (^^;

もし他に「つぶら」を付けて使う名詞があったら、教えてくださいな。


[本]「職場がツライ」を変える会話のチカラ/竹内 義晴

Posted by localpocky on 10.2011 書評/読書メモ   2 comments   0 trackback
「職場がツライ」を変える会話のチカラ

竹内 義晴
こう書房 2010-03-02
by ヨメレバ

2010年3月刊。
誠 Biz.ID での連載 がよかったので、買って読んでみました。

この本では、楽しく仕事ができる、働きやすい職場にするための「会話の工夫」について、以下の4つのテーマで書かれています。

・「伝える」(=思いを共有する)
・「褒める」(=仲間のやる気を引き出す)
・「問いかける」(=一人ひとりの「気づき」と「行動」を引き出す)
・「聞く」(=自分と仲間の心のケアをする)

同じことを伝えるにしても、話し方一つで全然変わってくる、と常々思っていたので、この本の内容には共感できる部分がたくさんありました。
著者の実体験に基づいたそれぞれの方法は、素朴ですが説得力があり、著者の熱い思いが伝わってきます。
2010 年に読んだ本の中で5本の指に入る、いい本でした。

もし、今の職場の居心地が悪い、ギスギスしていて窮屈に感じる、などと感じているならば、この本に書かれている「会話の工夫」が、解決の糸口になるかもしれません。

<引用メモ>

やる気がない人に、いくら「やる気を出せ」といっても、やる気を出してくれることは、まずありません。なぜなら、そういう人は「やる気がない」わけではなく、「やる気を出すことのメリットがわからない」ことが多いからです。(中略)「参加することが、あなたにとって、どれだけメリットがあるのか?」を伝えることが大事です。(p.84)


否定的に感じる問題も、肯定的な意味づけに変えましょう。
目の前で起きている問題の裏には、肯定的な意味が必ずあります。(中略)
否定的な文章のあとに「おかげで~」をつけて、それに続く文章を考えてみるんです。(p.145)


(やりたいことを見つけるなら)やりたくないことを紙に書き出してみてください。(中略)「やりたいこと」と「やりたくないこと」は、表と裏の関係なんです。(中略)「嫌なこと」の裏には、「やりたいこと」が隠されているんですよ。(中略)同時に「じゃあ、私はいったい、なにがしたいんだろう?」という気持ちも芽生えてきます。(p.164)


本の内容を知りたい方は、誠 Biz.ID での連載が参考になると思います。

■誠 Biz.ID - 「職場がツライ」を変える会話のチカラ(全6回)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1009/22/news006.html
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1009/27/news011.html
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1009/29/news007.html
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1010/01/news006.html
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1010/06/news005.html
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1010/08/news007.html

(2010/10/25 読了)


丸美屋の「火鍋の素」を試してみた

Posted by localpocky on 09.2011   0 comments   0 trackback
Bくんが手作りの火鍋に挑戦していたのを受けて、こちらは既製品で対抗です。(^^;

レトルトパックの火鍋の素。
その存在自体は知っていたのですが、売っているお店を探すのが一苦労でした。

ようやく見つけたのが、これ。
丸美屋の「麻辣火鍋の素」です。

110109c_1.jpg 110109c_2.jpg

食べてみての感想は…

  • スープの色は、赤色というよりは茶色。そこそこ辛いですが、ツンと来る鼻に抜けるような辛さは弱め。唐辛子が少ないのかも。

  • 添付の「花椒」を振りかけると、火鍋っぽい雰囲気が増したかな。

  • 規定量が 2人前でスープが 200ml というのは少なすぎ! 4人前にして 400ml を2人で食べたけど、それでもスープが少ない。もっとスープをいっぱい飲みたかった。

  • 当たり前だけど、野菜を足していくうちに、スープがどんどんマイルドになってしまって、最後の方はほとんど辛くなくなっちゃった。でも、追加するスープの素はもう無いよ…。


ということで、家で簡単に食べられるのはうれしいけれど、火鍋としてはちょっと物足りなかったかな、という感じでした。

やっぱり、あの火鍋感をレトルトで再現するのは、難しいのかな?。
置いているお店が極端に少ないのも、その当たりに理由があるのかもしれません。

今度は、唐辛子、豆板醤、花椒、五香粉 を買ってきて、リベンジする予定です。

■七味芳香大人の中華シリーズ|丸美屋ごはんくらぶ
http://www.marumiya.co.jp/product/chuka/004.html


[本] ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編/デビッド・アレン

Posted by localpocky on 04.2011 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
Tag :GTD
ひとつ上のGTD ストレスフリーの整理術 実践編 仕事というゲームと人生というビジネスに勝利する方法

デビッド・アレン
二見書房 2010-11-26
by ヨメレバ

2010年11月刊。(原著は 2008 年刊)
GTD の原典「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」の応用編にあたる本。
「はじめてのGTD」が未読の方は、先にそちらを読んだ方が、圧倒的に読みやすいと思います。

自分が「はじめてのGTD」を読んで、自宅と会社で GTD を実践し始めてから、ちょうど2年が経ったところで、この本を読みました。
GTD のワークフローや考え方を復習する、いい機会になりました。

自分は、「収集」→「処理 (見極め)」→「整理」のステップを一緒くたに行ってしまっています。
Inbox はほとんど空っぽで、思い浮かんだらすぐに直接 Next Actions に放り込んでしまうような感じです。

この本を読んでいくうちに、どうやら自分は「処理 (見極め)」のステップが正しくできてないような気がしてきました。「望んでいる結果は何か?」「次にとるべき具体的な行動は何か?」という視点での見極めが甘いようです。

また、「収集するための時間」を意識的に確保していないことにも気が付きました。今後は、週次レビューの中で「何か他に気になっていることは無いかな?」と考える時間を確保するようにしてみます。

<引用メモ>

行動を起こすべきだと判断したものについては、次の質問をすることでその意味を明らかにしていこう。この質問は仕事と人生における生産性を高めるうえで決定的なカギとなるものだ。具体的には、次の2つの質問である。
・望んでいる結果は何か? 最終的に何を達成したり終わらせたりしたいのか。
・次にとるべき行動は何か? その目標に近づくために次にやらなければならないことは何か。(p.133)


出てきた結論が次にとるべき具体的な行動になっているかを判断するには、次の3点をチェックするといいだろう。
・最初にやるべきことがぱっと思い浮かぶか。
・その行動をやっている様子を想像できるか。
・どこでそれが行われるかを想像できるか。(p.199)


新たな取り組みを始めるときや、取り組みに関わることがことごとくうまくいっていないときは、「なぜこれをやっているのか」と考えてみることだ。事態が混沌としているとき、モチベーションが湧かないとき、物事が進んでいないときも「目的」について考えるといいだろう。きっと何らかの進展があるはずだ。(p.286)


(2010/12/22 読了)


鶴瓶噺2011、準備開始?【追記あり】

Posted by localpocky on 02.2011 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
年も明けた今頃、年末 12/30 深夜に放送された「朝まで生つるべ!」の録画を観ています。

番組放送中に「鶴瓶噺」のチケット先行予約があるかも? と思っていたのですが、今年はやらなかったみたいですね。
当日は、眠くて生放送をオンエアで観れなかったので、悔しい思いをせずにすみました。

いつの間にか、今年の「鶴瓶噺2011」のホームページが、すでに準備されていました。
と言っても、ご覧のように内容はまだ空っぽで、タイトルだけですが…。

110102.png

今年も観に行けるといいなー。

■鶴瓶噺2011
http://tsurubebanashi.com/

【関連記事】鶴瓶噺 2010 @三軒茶屋
http://nishi248.blog60.fc2.com/blog-entry-844.html

---
【追記: 2011/01/11】

2011/01/11 に公式サイトがオープンしました。
今年は、東京だけでなく、大阪と名古屋でもやるそうです。
楽しみですねー。

110111.jpg

■「鶴瓶噺」2時間トーク大阪、名古屋でも - 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110111-723167.html

---
【追記: 2011/01/24】

「鶴瓶噺2011」のポスターのイラスト、とてもいいですね!
やわらかな雰囲気と、「時計の3時」のような手のバランスがとても好きです。
ポスター画を制作されたのは、こちらの方だそうです。↓

■鶴瓶噺2011のポスターのイラストを描きました。|AMORE/趣味の散歩道
http://ameblo.jp/swing-gigolo/entry-10773400141.html


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト