劇団M.O.P. 最終公演「さらば八月のうた」@新宿 紀伊國屋ホール

Posted by localpocky on 09.2010 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
100809_1.jpg

劇団M.O.P.の最終公演「さらば八月のうた」を観に行ってきました。

最後の公演ということをすごく意識したストーリー。
26年間続いてきたラジオ番組が終わってしまうという設定なのですが、もちろんこれは26年間続いてきた劇団の歴史になぞらえているわけで。

今回のお話は、テーマがはっきりしていて、いい意味で分かりやすかったです。
タイトルと話の内容も、自然に一致しますし。(今までは一致していなかった話も多かったような…)

キムラ緑子さんと小市慢太郎さんとの DJ でのやりとりが、本当に楽しそうにしゃべっているのが、見ていて心地よかったなあ。
主宰のマキノノゾミさんも、ちらっと登場します。
最初、学ラン姿で秋元康みたいなカツラをかぶって出てきたので、誰かと思っちゃいました。


ああ、劇団M.O.P.、ついに解散してしまうんですね…。
自分が MOP を毎年欠かさず見るようになったのは、4年前ぐらいから。
やっと、俳優さんの顔と名前を覚えてきた頃だったのに。
3回前から解散が予告されていたとは言え、もう見れなくなってしまうのかと思うと、やっぱりさみしいです。

劇団M.O.P.は、自分の中では「大人の演劇」。
大人と言っても、小難しくてよく分からないという意味じゃなくて、一言で言ってしまえば「大人のカッコ良さ」。
少しぐらいキザな台詞が出てきても、場の雰囲気に自然と溶け込んでいるような、そんな「異空間」なところが好きでした。

終戦後の、(本編とは何の関係もない) ブラスバンドの演奏タイムも、スカッとして好きだったなあ。

そんな M.O.P. も、とうとうこれで見納めです。

東京公演は、2010/08/16(月) までやっています。
ぜひ観に行ってください。

■劇団M.O.P.公式サイト
http://www.g-mop.com/

100809_2.jpg


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト