この花があの有名な…

Posted by localpocky on 30.2010 未分類   0 comments   0 trackback
3451459807_0b849654f9_o.jpg
Photo by maru_star

近所の駐車場をぐるっと取り囲むように植えられている木に、1週間ぐらい前からいっぱい咲き始めた花。
濃いピンク、淡いピンク、白。
さわやかな色で、とてもきれい。

なんて言う名前の花なんだろうとずっと思っていたら、ひょんなことから教えてもらいました。
これがハナミズキなんですね。
名前だけは歌とかで聞いて知っていたけど、この花がそうだったとは!

花の名前から写真を探し出すのは簡単ですが、逆に花の姿から名前を調べるのは難しいですね。花図鑑と突き合わせるしかないのかな。

そう言えば、鳥も同じ。
姿格好から名前を調べるのは、結構難しいのです。
でも、それはそれで楽しかったりするのですけれど。


[本] ことばのことばっかし -「先生」と「教師」はどう違うのか?/金田一秀穂

Posted by localpocky on 27.2010 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
ことばのことばっかし 「先生」と「教師」はどう違うのか?

金田一 秀穂
マガジンハウス 2010-02-25
by ヨメレバ

2010年2月 刊。
雑誌「ダカーポ」に連載されていた、日本語考察エッセイ。

軽いタイトルと装丁の割には、小難しい内容。
サブタイトルの「『先生』と『教師』はどう違うのか?」のような、日本語の使い分けなどの内容を期待していたのですが、どうやら違ったようです…。

 「象は鼻が長い」という文を、聞かれたことがあるだろうか。日本語の文法学が生んだもっとも有名な文の一つだろうと思われる。この文は、日本語において主語とは何かという大議論を生むきっかけになった。「象」が中心なのか、それとも「鼻」が中心なのか。
 例えば、この文を英語に直そうとすると、一筋縄ではいかない文だということがすぐに判る。何を主語にしていいか判らないからだ。(p.98)


問題提起されるものの、答えが示されない話題も多く、ちょっと消化不良気味。
あとがきにもあるように、書き散らかされている感は否めません。

 配達された当日は「新聞」だが、翌日からは同じものが「新聞紙」に変わってしまう。(p.143)


↑これにはなるほどと思いました。確かに逆では変ですものね。
知らず知らずのうちに、我々は言葉を微妙に使い分けているんだなあ。

(2010/04/26 読了)


ツバメの季節に (その後)

Posted by localpocky on 25.2010 野鳥   0 comments   0 trackback
100425b.jpg

先週、かみさんが近所でツバメを目撃 しましたが、自分も今日、自宅近くで目撃しました。今年初。

気持ちよさそうに、ぐいんぐいん飛び回っていました。

鳥好きになってからツバメを見るのは初めてなのですが、飛んでいるときの翼の形が、他の鳥とは明らかに違いますね。先がとがった、かなり独特な形をしています。

「燕尾服」とはよく言ったもんだな、と思います。


鶴瓶噺 2010 @三軒茶屋

Posted by localpocky on 25.2010 LIVE/演劇   0 comments   0 trackback
100425a_1.jpg 100425a_2.jpg

ゴールデンウィーク前の恒例行事、鶴瓶噺。
チケットの抽選予約が当たり、運良く今年も観に行くことができました。

■トピックス
・「ごめん。落語じゃなかった…」
・談志師匠のお見舞いに。医者に変装
・タクシーの運転手シリーズ
・わたくし落語「マツオカ」
・ドラマ・映画・舞台の全出演リストとエピソード
・日本ツルデミー賞 発表! (コボちゃん…)

会場を 青山円形劇場 から 世田谷パブリックシアター に移してから、映像を積極的に使うようになりましたね。証拠物件の振り返り、とか。

古畑任三郎の犯人役は、懐かしかったなぁ。
もうあれから 15 年。うひゃぁ。

あ、鶴瓶噺は落語じゃありませんよ。

■『鶴瓶噺2010』- 世田谷パブリックシアター
http://setagaya-pt.jp/theater_info/2010/04/2010_2.html


ウイルスバスター、やーめたっ! (その後)

Posted by localpocky on 25.2010 PC/Windows   0 comments   0 trackback
100425.jpg

かみさんの Windows マシンで、ウイルスバスターをやめてから3ヶ月。
代わりに入れた、マイクロソフトの無償ウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」を使い続けています。

結構調子がいいので、自分の Mac に入っている Windows の仮想環境も、Microsoft Security Essentials に乗り換えちゃいました。

パターンファイルのダウンロード時に多少動作が重くなるものの、ウイルスバスターのように OS 再起動後に PC が使い物にならない程には重くならないので、それほどストレスには感じません。

しばらくの間 HDD のスキャンをさぼっていると、タスクトレイのアイコンが緑色からオレンジ色になりますが、それ以上の主張はしないので、これもあまり気になりません。

…ということで、Microsoft Security Essentials、今のところ特に問題なしです。

ウイルスバスターは、Windows Me の頃から使い続けていたので、もう 10 年かぁ…。
ウイルスバスターブランドへの信頼感はあるけれど、いくら PC が古いからとは言え、PC を道具として使う上でストレスを感じさせるほどに重くなってしまうようでは、残念ながら使い続けるわけにはいきません。

今まで、当たり前のように毎年更新料を払い続けてきたけど、それももうおしまい。

特約がいっぱい付いた「高すぎる保険」のようなものではなく、そこそこの必要十分な機能だけを付けた「Lite 版」のようなバージョンが出たら、ひょっとしたらまた戻ってくるかもしれません。

それまでは、ウイルスバスター、やーめたっ!

■Microsoft Security Essentials
http://www.microsoft.com/security_essentials/


[本] 三谷幸喜のありふれた生活8 復活の日/三谷幸喜

Posted by localpocky on 20.2010 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
三谷幸喜のありふれた生活8 復活の日

三谷 幸喜
朝日新聞出版 2009-12-18
by ヨメレバ

2009年12月刊。
朝日新聞の週一の連載エッセイを1年分まとめた本。
自分はこの本を読み始めてまだ2冊目ですが、楽しみにしているシリーズです。

一編が短いので、サクサク読めます。
和田誠さんのイラストも楽しみの一つ。
芸能人の顔が、ホントによく似てる~。表情も豊か。

印象に残ったのは、「夏の朝、老猫が逝った」と「母が骨折、手術に動揺」の2話。
「手術は痛いんですか」、「麻酔をするから大丈夫です」、「その麻酔は痛いんですか」…この先は本で。

タイトルの「復活の日」は、劇場シアタートップスの閉館に伴って行われた、劇団「東京サンシャインボーイズ」の15年振りの復活公演のこと。巻末に、ほぼ全員が揃った座談会も載っています。
三谷幸喜は、劇団内では実は「怖い人」だったらしいぞ…。

(2010/04/16 読了)


ツバメの季節に

Posted by localpocky on 19.2010 野鳥   0 comments   0 trackback
かみさんが、近所でツバメを目撃したそうです。

ツバメと言えば、夏鳥。
春に南の国から日本に渡ってきて繁殖し、秋に日本を去っていく鳥です。

そう言えば、冬鳥のツグミは、2週間ぐらい前に見かけたのを最後に、いつの間にか見かけなくなりました。

スギの花粉は、関東地方ではもう収束したとのこと。
季節外れの雪が降ったりしましたが、季節は着実に回っているようです。


エビフライのしっぽ、食べる? 残す?

Posted by localpocky on 16.2010   0 comments   0 trackback
エビフライのしっぽ。
自分は残すのが当たり前だと育てられたのですが、かみさんは食べる派。

うちのかみさんが変わっているのかと思ったら、どうやらそうでもないみたい…。
地域によるのかな?

みなさんは、食べますか? 残しますか?

ちなみに、みかんの缶詰のシロップは「飲むもの」だと育てられました…。


今日知った日本語「上梓」

Posted by localpocky on 12.2010 ことば/日本語   0 comments   0 trackback
原稿を書き終えたときなどに使われる言葉だとは知っていたのですが、実は読み方が分からなかったんですよ。この言葉。

心の中で「じょうしょう」と、勝手に読んでいました。
正しくは「じょうし」。難しいのう。

じょうし【上梓】
《梓(あずさ)の木を版木に用いたところから》
1. 文字などを版木に刻むこと。
2. 書物を出版すること。「論文をまとめて―する」
(大辞泉より)


そうか。
「原稿を書き上げたとき」じゃなくて「本になったとき」に使うのか。
原稿を書き上げたときに使うのは「脱稿」ですね。

それにしても、読み方が難しいな…。
次に遭遇したときに、ちゃんと読める自信が無いです。
ベタですが、「上司が本を上梓した」という語呂合わせで覚えましょ。

関係ないけど、最近、ある語呂合わせで英単語が1つ覚えられました。
「日本は欧米 (obey) に従ってばっかりだ」(obey = 従う)
語呂合わせパワーは、侮れません。


花見&鳥見散歩 @立川・根川緑道

Posted by localpocky on 11.2010 野鳥   0 comments   0 trackback
20100411_120745 20100411_124410

お花見のピークは先週末でしたが、予報よりも天気がよかったので、近くの緑道に足を運んでみました。

桜はだいぶ散ってはいるものの、それなりに見応えあり。
風に舞う桜吹雪や、小川に漂う桜の花びらも、これはこれで風流ですね。
菜の花は、まだまだ元気に咲いています。

小川にカモがいっぱいいて、花見と鳥見を兼ねた散歩になりました。

20100411_122337 20100411_130214

カモはすぐ間近で見られて、動きもゆっくりなので、観察にはもってこいです。
人間が近寄っても、ちっとも逃げないし。

20100411_122859 20100411_125357

体長1メートル弱のアオサギも、ひょいひょい歩く姿を目の前で見ることができました。
元日に目撃したやつよりも、首のまだら模様がくっきり。

やっぱり、散歩はいいですね~。鳥も。

■今日見た鳥
・カルガモ
・コサギ
・アオサギ
・ドバト
・その他、知らない鳥 2~3種類




  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト