くしゃみ100回

Posted by localpocky on 27.2010 健康   0 comments   0 trackback
今日は、そんなに天気はよくなかったんですけどね…。

数日前に春一番が吹いたあたりから、眼がウルウルしたり、鼻がムズムズしたりしていたのですが、今日ついにスイッチが入ってしまいました。

今年も、2ヶ月ぐらい、花粉症との付き合いが始まります。

ある年に突然「あれ、ひょっとして治っちゃったかも!?」なんてことになったりしたら、うれしいんだけどなあ。


[本] 文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇)/和田哲哉

Posted by localpocky on 25.2010 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇)

和田 哲哉
早川書房 2004-07-22
by ヨメレバ

文庫化のニュースでこの本を知り、図書館でソフトカバー版を借りて読んでみました。

2004 年の本ですが、文房具の世界はそんなに進化が早くないので、今でも楽しめる内容です。
複数の手帳やノートを組み合わせた使い方や、手帳とパソコンとの組み合わせにも触れられています。

ロディアの表紙に付いている3本の折り目が、表紙を後ろ側にぐるっとまわしたときにぴったりフィットさせるためのものだったとは、知りませんでした。
あと、モレスキンが「モグラの皮」という意味だということも。

豊富なラインナップのダイアリー手帳「クオバディス (QUO VADIS)」は、一度使ってみたいなぁ。
バーティカルタイプの手帳を見かけるたびに、ウズウズしてしまう私です。

「思っております」と言った丁寧な口調など、この本には暖かみを感じます。

(2010/02/20 読了)


ディアゴスティーニ「野鳥の世界」創刊

Posted by localpocky on 16.2010 野鳥   0 comments   0 trackback
100216.jpg

「創刊号は半額。バインダー付き」

というおなじみの売り文句にまんまと乗っかって、今日発売の創刊号を買ってきました。

知ったのは昨日。
テレビの電源を付けた直後、たまたまこの CM が流れてきたのでした。

ちょうど、別の雑誌を買うのをやめると決めた直後だというのに…。
にわか野鳥好きになったところの絶妙なタイミングで出てくるんだもんなぁ。

いやいや、買うのは創刊号だけですよ。
ぶ厚いバインダーが付いてきたからと言って、2号目も買うとは限らないじゃないですかぁ。

定価 580 円で、刊行予定は全 100 号!
週刊で 100 号と言うことは、2年間か…。

フルカラーとは言え、こんなに薄っぺらいのに毎週 580 円っていうのは、ちょっと高いですね。
大人の趣味なのかな、ディアゴスティーニは。

■野鳥の世界 - DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン
http://deagostini.jp/site/yns/pretop/index.html


Wiiの間の「修理、魅せます。」が面白い!

Posted by localpocky on 13.2010 未分類   0 comments   0 trackback
100213_2.jpg

100213.png

「形あるものは、いつか壊れる。
 壊れたものに、再び命を吹き込む。
 美しき職人技の世界。」

…というナレーションで始まる「修理、魅せます。」は、Wii の無料チャンネル「Wii の間」で配信されている、約10分のミニ番組。

管楽器、ぬいぐるみ、時計、靴、カメラ、陶磁器、などなど。
修理専門の職人さんが、依頼者の思い出の詰まった品を、手作業で丁寧に修理していく過程を映し出す、ドキュメンタリー番組です。

普通のテレビ番組にしてもいいんじゃないかと思うほどのクオリティ。
石坂浩二の落ち着いたナレーションが、またいいですね。
見ていると、和みます。

だいたい月に1回ぐらいの更新で、新作が到着するのを楽しみにしています。

今日配信開始の 10 回目は、「籐(とう)家具」。
イスの座面を、細い籐で手作業で一目ずつ編み込んでいきます。

2回目の「管楽器」の回では、先日のブラタモリ「大久保」の回にも出てきた高橋管楽器で、サックスを修理していました。

Wii を持っている方は、ぜひ見てみてください。
おすすめです。

■修理、魅せます。 | 番組の紹介 | 「Wiiの間」ホームページ
http://www.wiinoma.co.jp/program/free/repair/


王子製紙の企画展

Posted by localpocky on 12.2010 デザイン   0 comments   0 trackback
100212_1.jpg

Apple Store 銀座のすぐ近く、スターバックス日本1号店の真ん前に建っている、王子製紙本社ビル。
その1階、広々としたロビーの隅っこにあるのが、王子ペーパーライブラリー。
ここで、ほぼ通年開催されている、コンパクトな企画展があります。

土日祝が休館日なので、なかなか行くのが難しいのですが、平日に時間が取れたときを狙って、たびたび足を運んでいます。

100212_2.jpg
(↑今回の案内状)

企画展のテーマは、もちろん「紙」。
紙の種類や用途の紹介、製品誕生のエピソード、現場で紙を作っている人の声、実際にその紙が使われている商品の現物の紹介、などなど。
だいたい3ヶ月に1回のペースで、展示内容が変わります。

主に仕事で紙を選ぶ人(デザイナーさんとか、編集者さんとか?)向けの内容なのですが、不思議と惹かれるものを感じるんです。

展示に添えられている、ですます調の解説文。
社員さんのひたむきさが、バシバシ伝わってくるんです。
読んでいると、なんだかこっちまで前向きな気持ちになれるんです。

企画展の内容は、1回ごとに「ロマンチック保存装置」というちょっと変わった名前の小冊子にまとめられていて、バックナンバーを自由に持ち帰れます。
でも、やっぱり小冊子だけでは実際の紙質や光沢がイメージできないことも多いので、実際に自分の目で見たくなっちゃうんですよね。

この企画展、特にクリエイティブな仕事をされている方に、おすすめです。
展示自体は15分もあれば見切れちゃう規模なので、平日に銀座に行くことがあったら、思い出してください。
新たな着想を得ることができるかもしれませんよ。

■王子製紙 - ペーパーライブラリー
http://www.ojigroup.net/designers/library/index.html


TOEIC 受験の不純な動機

Posted by localpocky on 11.2010 英語/iKnow!   0 comments   0 trackback
TOEIC IP を受けてみようと思っています。
「今の自分のダメさ加減を知っておく」というのも悪くないかと思いまして。

でも、受けてみようと思うこと自体、数年前の自分じゃ考えられなかったことなので、少しは前進できているのかも。
iKnow! を続けて2年弱。わずかでも成果が出るといいのですけれど。

TOEIC と言えば、問題文も含めて全部英語だそうじゃないですか。
せめて、どんな形式の問題が出るのかぐらいは事前に知っておいた方がいいかと思って、公式サイトにあった「サンプル問題」というのをやってみました。

■TOEICテスト|TOEICテストについて|サンプル問題
http://www.toeic.or.jp/toeic/about/tests/sample01.html

うわー。こんな感じのテストを2時間もぶっ通しでやるのか…。
身体持つかな。(^^;


「日本野鳥の会」の野鳥講座に行ってきた

Posted by localpocky on 07.2010 野鳥   0 comments   0 trackback
100207_1.jpg 100207_2.jpg

日本野鳥の会が毎月開催しているという野鳥講座に行ってきました。
いちおう予約制ですが、参加費は無料です。
野鳥の会の会員でなくても、自由に参加できます。

近所に野鳥の会の建物があること自体は知っていたのですが、まさか自分から足を運ぶことになるなんて、思ってもいませんでしたよ。

一番興味があったのは、どんな人がどのぐらい来るのかな、ということ。
なにせ、鳥好きの人を見る機会なんて、なかなか無いものですから。
河原を散歩していても、滅多に見かけないし。

定員50人のところ、集まったのは70~80人ぐらい。

年齢層は高めで、やはり年配の人が多かったです。
あちこちで話に花が咲いていたので、顔なじみの鳥好き仲間なんでしょうね。
だからといって、新参者の我々が浮いてしまうようなことはないです。
若い人や、小学生も来ていましたよ。

講座の最初に、挙手による簡単なアンケートがあったのですが、今回初めて来た人は、3分の1ぐらい。
野鳥の会の会員の人は、4分の1ぐらい。意外に少ないんですね。
自分のような、カジュアルな鳥好き(?)の人が、他にも結構いるということなのかも。

講師は、安西英明先生という方。
肩書きは「日本野鳥の会 理事・主席研究員」とあります。バンダナ姿が印象的。
野鳥図鑑の解説を手がけていたり、ラジオ番組にも出演されている方だそうなので、きっとすごい人なんだと思います。

イラストを見たり、鳴き声を聞いたりしながら(鳥の鳴き声が出るバーコードリーダーみたいなのがあるんです)、とてもテンポのいい講座でした。

スズメが、生まれてからたった2週間で、親と同じぐらいの見た目になるとは驚き。
どおりで、幼鳥のスズメってあまり見かけない訳だ。


今日知った単語 "grandchildren"

Posted by localpocky on 03.2010 英語/iKnow!   0 comments   0 trackback
100203.png

grandchild = 孫

ですって。そうきましたか。

grandfather が祖父だから、その逆バージョンってことですね。
なるほどねー。

ちなみに、ひいおじいさんは great-grandfather というみたいです。
ひいおじいさんは、偉大です。


「+86」から始まる電話番号から着信あり

Posted by localpocky on 02.2010 Mac/iPhone   0 comments   0 trackback
100202.png

誰にも教えていない iPhone の番号宛てに着信が。

電話番号は、"+86 138-9584-xxxx"。

これって、国番号ってヤツですよね。
電話に表示されるの、はじめて見ましたよ。

調べてみると、+86 は中国の国番号。
一体なぜ…。

ちなみに、iPhone は電話としては使っていません。
試しにかけてみたことはあるのですが、なんかね。ちょっとね。


ウイルスバスター、やーめたっ!

Posted by localpocky on 01.2010 PC/Windows   0 comments   0 trackback
かみさんの Windows マシンは、2003 年の旧モデル。

そんな古いマシンに、機能満載の最新ウイルス対策ソフトは荷が重すぎるのか、ウイルスバスターがかなり足を引っ張っています。

特に、パターンファイル更新中の動作が遅すぎ!
再起動した直後なんか、しばらく IE すら起動しないし、数分間は使い物になりません。
確か、ウイルスバスター 2010 の売り文句って、「軽快動作」じゃなかったっけ…。

毎日使うものだから、こういうちょっとしたストレスも、できれば解消したいもの。

というわけで、ちょっと躊躇はしましたが、ウイルス対策ソフトを、マイクロソフトから無償提供されている「Microsoft Security Essentials」に入れ替えてみました。

機能面では劣るものの、悪い評判もそんなに聞かないし(いい評判もあまり聞かないけど)、ちゃんとウイルスは検出してくれるみたいだし…。

■マイクロソフト製の無料アンチウイルスソフト「Security Essentials」を実際に使ってみた - GIGAZINE

インストール直後は、フルスキャンのため 10 分ぐらい待たされましたが、特に問題はなし。
ログインしてから操作可能になるまでの時間が、かなり短くなりました。
これは軽快!
パターンファイルの更新中も、特に重さは感じません。

なんか、ウイルスバスターは「高すぎる保険」のような気がしてきましたよ…。
かみさんのような、ごく普通の使い方であれば、これで十分なのかも。

しばらく、これで様子を見てみます。

「Microsoft Security Essentials」について、悪い評判・良い評判などありましたら、タレコミ情報をお願いします。

■Microsoft Security Essentials
http://www.microsoft.com/security_essentials/


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト