渋谷駅の岡本太郎

Posted by localpocky on 29.2009 アート   0 comments   0 trackback
渋谷駅で乗り換え中に、目に飛び込んできたのが、これ。

少し前に、「美の巨人たち」でも取り上げられていました。
そう言えば、いつか見てみたいなぁと思っていたんだっけ。

20090627_161827.jpg 20090627_161924.jpg

とにかく、でっかい! ものすごいスケール。
怖さとユーモラスが融合しているような…。不思議な感じ。

近寄って見てみると、中央のガイコツは、少し浮き彫りみたいになっています。

これだけ大勢の人が、見向きもしないで平然と行き来しているのも、なんだか不思議な感じ。

制作年は、なんとあの「太陽の塔」と同じとのこと。
あるホテルのエントランスに飾るために制作を開始したものの、資金不足でホテルの建設が頓挫してしまい、そのまま30年以上も行方が分からなくなっていた…と番組で紹介されていたような気が。

確か DVD に録ってあったと思うので、これからもう一度見返してみなきゃ。

■美の巨人たち - 岡本太郎「明日の神話」
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/090418/

■岡本太郎 - 明日の神話オフィシャルページ
http://www.1101.com/asunoshinwa/


「みんなで作ろうYahoo!地図」サービス終了

Posted by localpocky on 28.2009 サービス   0 comments   0 trackback
090628_みんなで作ろうYahoo!地図サービス終了

「誠に勝手ながら、2009年7月15日をもって「みんなで作ろうYahoo!地図」を終了させていただきます。ご愛顧いただき、ありがとうございました。
今後、新しいお知らせがありましたら、別途ご案内させていただきます。」


うぎゃー!
Yahoo! のユーザー参加型地図更新サービスが、来月中旬で終了だそうです。
これは残念…。

地図のアルプス社が Yahoo! に買収される前からやっていた、このサービス。
新しいお店や信号機ができたり、逆にお店が無くなっていたりするのを見つけると、ここに投稿するのがちょっとした楽しみでした。
投稿すると、しばらくして実際の地図に反映してもらえるのが、うれしいんですよね。

確かに、2年前ぐらいに大規模なリニューアルが行われてからは、少し更新頻度が落ちていたような気がしていたのも事実です。
また、どうでもいいような投稿(明らかに普通の地図には載りそうにないような物件情報の投稿など)も目立っていたので、メンテナンスが追いつかなくなってきてしまったのでしょうか…。

このサービスのおかげか、地図の更新速度は Yahoo! がピカイチでした。
Google Map も便利だけど、情報の新しさと地図のきれいさでは、Yahoo! にはかないません。

今後、似たようなサービスが開始されることを期待します。

■みんなで作ろうYahoo!地図 - ワイワイマップ - Yahoo!地図
http://waiwai.map.yahoo.co.jp/map?mid=rtm


[本] 配線略図で広がる鉄の世界

Posted by localpocky on 27.2009 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
配線略図で広がる鉄の世界―路線を読み解く&作る本

井上 孝司
秀和システム 2009-02
by ヨメレバ

なぜか本屋さんで平積みされていたのを目撃。
こんな本が出てたのか! と、ついつい購入。

線路の配置についての解説書です。何とまたマニアックな…。
ポイント(転轍機)の片開きとか両開きとか、今までそんなに意識したことなかったなぁ。
ちょっとしたパズル感覚で、少し難しい内容でした。

「廃線」好きは多いけど、「配線」好きは少数派ですよね。きっと。

(2009/06/23 読了)


iPhone を 3.0 にしたら重くなったときの対策

Posted by localpocky on 24.2009 Mac/iPhone   0 comments   0 trackback
iPhone OS を 2.2→3.0 にアップグレードしてから、Mail や Evernote での文字入力がやたら重くような気がしていたのは、私だけでは無かったようです。

■iPhone 3.0 の日本語入力処理速度を改善できる(かもしれない)Tips - E-WA’S BLOG
http://d.hatena.ne.jp/E-WA/20090624/1245774834

要は以下のような手順になります;

設定 > 一般 > ホーム > 検索結果の表示で、すべての √ をいったん外す。
iPhone を再起動する。
設定 > 一般 > ホーム > 検索結果の表示で、必要な項目に √ を入れ直す。


↑この方法、効果てきめんでした。(^^)
サクサク動くようになって、うれしい~。

iPhone を 3.0 にしても、Safari の高速化などはあまり体感できていないです。
でも、OS のアップグレードに合わせてバージョンアップした Evernote が、かなりいい感じ!
複数の Notebooks の行き来が簡単になったのが大きいっす。(^^)v

■iPhone OS 3.0 に対応した Evernote 3.0 の最新機能 | Lifehacking.jp
http://lifehacking.jp/2009/06/evernote3-for-iphone/


急に鳥好き

Posted by localpocky on 23.2009 野鳥   0 comments   0 trackback
最近、なんだか急に「鳥」が好きになっちゃいました。

別に、変わった鳥という訳じゃ無いんです。
そんじょそこらの鳥なんです。

普通に電線に留まっている、スズメ、ツバメ、ハトなど。
下から姿を眺めたり、鳴き声を聞いていると、なんだか心が和みます。
たまに、ベランダの手すりに留まったりすると、すごくうれしい!

きっかけは、しばらく前に、自分の家の玄関の前にツバメが巣を作ったこと。

ツバメの鳴き声って、こんな声だったんだな~とか、意識するようになりました。
ハトの「デーデーポッポー」なんて、子どもの頃の夏休みを思い出します。

あと、浅瀬の川の中にたまに立っている、真っ白なサギ!
一羽だけでスッと立っていて、りりしくてカッコいい。

悔しいのは、街で見かけた(自分にとって)めずらしい鳥の名前を調べようと思っても、なかなか難しいこと。
イラストから探せる野鳥図鑑を見つけたのですが、それでもなかなか目的の鳥はヒットしないですね…。

それにしても、この野鳥図鑑のサイト、ネーミングセンスが最高です。
Yahoo! じゃないですよ。↓

■Yachoo! オンライン野鳥図鑑 - 野鳥図鑑 - 形状イラスト検索
http://www.yachoo.org/index.php?action=Book&mode=Figure

バードウォッチングで山登り…とまでは思わないけれど、もう少し鳥の名前が覚えられると面白そうだなぁ、と思う今日この頃なのでした。


[本] エンジニアのためのWord再入門講座 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方

Posted by localpocky on 21.2009 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
エンジニアのためのWord再入門講座 美しくメンテナンス性の高い開発ドキュメントの作り方

佐藤 竜一
翔泳社 2008-05-22
by ヨメレバ

自分は、ソフト屋さんにしては珍しく Excel よりも Word 派です。
でも、Word の使い方は完全に自己流。
あるブログで本書を知り、読んでみました。

この本は、使い方について、手取り足取り解説するタイプの本ではありません。
Word に備わっている機能や概念を理解するのには、もってこいの本だと思います。
2008年5月発行の比較的新しい本ですが、Word 2003 と 2007 の両方に対応しています。

「くたばれ! Excel 方眼紙」や、「ドキュメントは見た目も大事」という著者の考えは、普段自分が思っていることを代弁してくれているようで、うれしいです。

Word の各種のオプション設定や、スタイル、フィールド、テンプレート、セクションなど、今まで自分もそれなりに理解して使っていたつもりだったのですが、知らなかったことも結構ありました。

特に「表スタイル」については、目からウロコ。こんな機能があったとは…。
スタイルは、段落単位に設定するものと思い込んでいた私。反省。
図表番号の自動挿入も、便利そうです。

また、今まで毛嫌いしてきた「描画キャンバス」についての理解が深まったのもよかった点。
個人的には、Word で描画オブジェクトを使った図を挿入するときは「描画キャンバス」よりも [挿入]-[オブジェクト]-[Microsoft Word 図] を使ったほうが、メリットが多いと考えています。
(文章作成時と図の編集時とで表示倍率を変えられたりして操作性が高く、また「下書き表示」時にも図が表示できる点など)
ただ、手軽さという意味では「描画キャンバス」を使った方がいいケースもあるかもしれませんね。今後は、必要に応じて使い分けてみようと思います。

本書では、「スタイル」の設定を最重視するあまり、その場その場で文字や段落の書式を変えることを極端に嫌っていたり、文中にたびたび「余計な一言」が出てくるなど、少々抵抗を感じる部分があることも事実ですが、Word の実践的な教科書として、おすすめです。

(2009/06/19 読了)


ヘリコプター体験記 (3)

Posted by localpocky on 20.2009 旅行   0 comments   0 trackback
着陸したら、はいおつかれさまでした~、でおしまい。

かと思いきや、機体見学と写真撮影のための時間を設けてくれました。
さすがに、ローターが回ったままでは危険とのことで、わざわざエンジンを切っていただいて。
これはうれしいです。うちら2人しかいないのに、なんだか恐縮してしまいます。

夜のフライトは、結構お客さんが多いみたいなので(夜、ひっきりなしに飛び立つヘリが見えました…)、たぶん、すいている昼間の時間帯ならではのサービスなんだと思います。




いや~、改めてまじまじと見ると、流線型のかっこいいフォルムですねぇ。
エアーウルフの趣がある前面。(思い込み?)
機体下側は、平行棒じゃなくて、タイヤで地面に接するタイプ。
飛んでいるときは、タイヤを引っ込めるタイプですね。やっぱりこっちの方がカッコいいな~。
カラーリングも Good です。


写真を撮りながら、係の方がいろいろと丁寧に解説してくれました。(とても真面目でやさしそうな方でした)

メインローター(中央のプロペラ)は、少し前かがみになる角度で取り付けられていて、その傾斜を利用してヘリコプターは前に進むんですって。

あと、もう少し小さい機体だと、テールローター(後ろのプロペラ)がもっと低い位置にあるので、お客さんの乗降時には、機体の後ろの方を歩かないように、とても気を使うのだとか。

「いくらでも写真撮りますんで、遠慮無く言ってくださいね」
なんて言っていただきましたが、照れくさいので、2枚だけお願いしました。
自分の笑った顔が写真に収まるのは、なんだか珍しいような。


今回の昼間のクルージングは、Y150 期間中の特別企画。
普段は行っていない点について、係の方に聞いてみたら、
「夜景だけでなく、昼間のフライトの良さも、もっとみなさまに体験していただきたくて、4ヶ月間のお試し期間でやらせていただいているんです」とのこと。

ほんと、そうですね。
こんな素晴らしい眺めが見れるなら、夜だけじゃもったいないです。
ぜひ、昼間も定期便にしてください!

10分間のフライトの後も、地上でこんな風に会話しながら余韻を味わえて、思っていたよりも長い時間楽しむことができました。

空や雲を見るんだったら、飛行機。
街を見るんだったら、ヘリコプター。
…と言ったところでしょうか。
またいつの日か、機会があったら乗ってみたいものです。

おしまい。



■エクセル航空 - 横浜開港150周年記念特別フライト
http://www.excel-air.com/cruising/event/y-150/y-150.htm

■エクセル航空 - ヘリコプターナイトクルージング
http://www.excel-air.com/cruising/

■旅の発見 - ヘリコプター横浜開港150周年特別フライト IN横浜 (相乗り Bコース 10分)
http://tabihatsu.jp/program/72734.html


ヘリコプター体験記 (2)

Posted by localpocky on 16.2009 旅行   0 comments   0 trackback
8人乗りに2人だけなので、機内はかなりゆったりです。
天井もそんなに低くなく、狭苦しさは感じません。

シートベルトを締めて、いよいよ離陸。

おおっ、思ったよりも離陸直後のスピードが速い!
離陸後、前につんのめりながら前に進む、ヘリコプター特有を感覚を味わいます。
この時点で、かなりごきげんな私です。



横浜スタジアムを横目に見ながら、高度を上げていきます。
高度が上がるにつれて、だんだん地上が霞がかって見えてきました。
地上から見るぶんには、全くの快晴なのに…。
排気ガスのせいなのか、はたまた地上からは見えない薄い雲なのか。謎です。





山下公園、汽車道、観覧車、ランドマークタワーとクイーンズタワー、帆の形のインターコンチネンタルホテル、横浜駅など、知っている景色が次々と流れてくるのは楽しいです。
昼間のフライトでよかったな、と思います。

フライト中は、パイロットさんが簡単な車窓ガイドもしてくれました。
ベイブリッジの先には、房総半島(富津岬らしい)も見えましたよ。

ちょっと意外だったのは、機内の音がそれほどうるさくなかったこと。
降りてから係の人に聞いてみたら、なんでも大型のヘリコプターは VIP が乗ったりもするので、防音対策などがしっかりなされているのだとか。なるほど。



パシフィコ横浜の裏手を飛んで、飛び立ったヘリポートが見えてきました。
名残惜しみつつも、着陸です。ぐるっと旋回して、着陸態勢に入ります。

離陸同様、着陸も予想以上の速さでスーッと地上に降りていきます。
離陸時のつんのめりスタイルとは逆に、尻もち気味の体制で着陸。結構スリリングですが、飛行機よりは振動は少ないです。



いや~、たった10分間とは思えないほど、かなりお腹いっぱいなフライトとなりました。
ちなみに、飛行ルートはこんな感じです。(航空会社のホームページより)



つづきます。

ヘリコプター体験記 (1)

Posted by localpocky on 14.2009 旅行   0 comments   0 trackback
何と言っても「昼間のフライト」というのが決め手でした。

5分間で1人 ¥4,000。10分間で1人 ¥8,000。
決して安くはない値段です。

普段は、夕焼け時に飛ぶコースと、日没後に夜景を楽しむコースの2種類のみ。
でも、Y150 (横浜開国博) の期間だけは、特別に昼間のコースが設定されるとのこと。

「ヘリコプターに乗りたい」という長年の憧れと、
「航空写真のような街の姿を、この目で見てみたい」というのを1度に叶えられる機会。
これはもう、乗ってみるしかないじゃないですか。

場所は、横浜みなとみらいの「臨港パーク」の北のはずれにあるヘリポート。
ヘリポートといっても臨時扱いのようで、小さなプレハブ小屋が1つと、円形に H のマークが付いた広いスペースがぽつんとあるだけです。
周りにはなんにもないし、ヘリもいないし、ちょっと心細いです…。








大きな地図で見る


乗り合いの遊覧フライトですが、平日の昼間ということもあってか、他にお客さんはゼロ。
8人乗りのでっかいヘリコプターを貸し切りとは、なんて贅沢な…。

飛行機と同様に、携帯電話は持ち込み不可とのことなので、ロッカーに預けます。
カメラは持ち込み OK です。(夜間のフライトでは、ストロボ撮影は禁止のようです)

待つことしばらく。
いよいよヘリコプターが頭上にやってきました。
おー、かっこいい!
着陸シーンからして、もう迫力満点。思わず声が出てしまう私です。



つづきます。


Apple WWDC 2009 の基調講演

Posted by localpocky on 09.2009 Mac/iPhone   0 comments   0 trackback
090609.jpg

家に帰ってきてから、ずっと WWDC (アップルの開発者会議) の基調講演の映像を見ています。
今回は、2時間弱のロングサイズ! こりゃ、1日じゃ見切れないな~。

英語が分からなくても、スライドがあるので、何となく分かります。
"incredible" が何度も出てきます。"amazing" とだいたい同じ意味なのかな?

いつもは、ニュースサイトで一通り情報を仕入れてから映像を見るのですが、今回は敢えて前情報を仕入れずに見てみることにしました。
新機能などの発表のたびに「ヒュ~ッ!」って叫んでいる会場の観客のような気分を、自分も少しだけ味わってみたくて。(^^;

Mac OS X Snow Leapard は、9月発売とのこと。
思ったより早かったなという印象です。Windows 7 の一足先を狙った感じですね。

今まで見た中で、一番観客が盛り上がったのは、Snow Leopard のアップグレード価格(破格)が発表されたときでした…。

この後に、iPhone の新機種が出てくるようですが、残りは明日にします。
(こればっかりは、イヤでもニュースサイトで目に入っちゃいました)

■Apple - QuickTime - Apple WWDC Keynote Address
http://events.apple.com.edgesuite.net/0906paowdnv/event/index.html

  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト