やっと見つけた曲:「クイズ赤恥青恥」のあの曲

Posted by localpocky on 07.2009   0 comments   0 trackback
さっきの「ジャンクSPORTS」で、競馬のジョッキーがバク転するシーンでちょっとだけ流れた曲!
私が、長年捜し求めている曲ではないですかっ!!

でも、歌詞無しの曲って、探しようがないんですよね…。
○○ の CM の曲、って訳でもないし。

自分が知りうる限りの手がかりは、「クイズ赤恥青恥」の初期の頃に、街頭回答者の紹介シーンのときに、古舘伊知郎の早口紹介のバックで流れていた曲、ということだけ。
これを頼りに、前に検索したこともあるのですが、さっぱり見つからず…。

で、今回は、冷静に曲のイメージから検索キーをひねり出してみました。
「カントリー バイオリン BGM」で検索。
で、3番目の結果が、これ。↓

■アーティスト名を教えて下さい。バンジョーやバイオリンを使った軽快なカントリー... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416593684

うおー! これだよこれっ!! まさかの速攻ヒットでした。
この曲、歌詞があったのね…。

長年、この曲を探し続けていた方が他にもいたようで、ちょっと親近感が。(^^)

■「Cotton Eye Joe」10年以上も気になっていたのに見つからなかった曲【サムスル 渡邉裕晃:社長ブログ 【時の運と人の縁を極める日々の記録】】
http://www.samsul.com/2009/01/10/cotton_eye_joe.php

前に、「そこが知りたい」の「日本全国路線バスの旅」のコーナーで流れていた曲を見つけ出したときもうれしかったけど、今回のもうれしかった~。
しっかし、あのキーワードで、よく見つかったなぁ。ラッキーでした。

私が捜し求めていた曲は、Rednex の「Cotton Eye Joe」という曲でした。




[本] 落語家はなぜ噺を忘れないのか/柳家花緑

Posted by localpocky on 07.2009 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書)

柳家 花緑
角川SSコミュニケーションズ 2008-11
by ヨメレバ

2009年の鶴瓶噺で、笑福亭鶴瓶が「あれはいい本ですよ」と言っていたのがきっかけで、読んでみました。

この本には、いくつか落語のネタも出てきますが、ネタそのものを紹介する本ではありません。
9才のときから落語を始めたという著者の持ちネタは、現時点で 145 本。
それらの一つ一つのネタを振り返り、どのような過程を経てネタを自分のものにしていったか、といったエピソードが綴られています。

さすがは噺家さんの本、テンポがすごくいいです。
中でも、自分の師匠である五代目柳家小さんの代表作「笠碁」を、自分流に作り直していった過程が詳しく描かれているのですが、これがリアリティーがあって実に面白かった。
巻末に、そうしてできあがった柳家花緑版の「笠碁」が全文収録されているのもうれしい。

落語を何回か聴いたことがある人だったら、きっと面白く読めるはずです。この本。

「落語は伝承芸です。江戸時代から受け継がれてきた噺の数々を後世にも伝えていくーーこれも確かに伝承です。しかし今、私がもっとも伝承していきたいと考えているのは、「お客さんを熱狂させる空間の再現」なのです。(中略)今必要なのは、正しい落語じゃなく楽しい落語だと思うのです。」(P.162)

(2009/06/05 読了)


ロードモナーク 勝利直前

Posted by localpocky on 06.2009   0 comments   0 trackback
ある方から、今ネット上で「日本ファルコム」のことで大盛り上がりだと教えていただきまして…。

■無料&手続き不要で3400曲以上ある日本ファルコムの全楽曲が利用できる「ファルコム音楽フリー宣言」 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090605_falcom_music_free/

ファルコムのゲームミュージックと言えば、自分はやっぱり「イース」ですね。
イース II のオープニングテーマは、今聴いてもテンション上がりますなぁ。
イース I の草原の曲も、カッコイイですなぁ。

しかーし!
自分の中で堂々 Best 3 に入っているのが、アンケートで 100 位にも入っていない「ロードモナーク」。
自分の色が圧倒的有利になってきて、もうすぐ勝つってときにスッと曲が変わって流れ始める曲が、とても好きなのです。

その名も、「ロードモナーク 勝利直前」。
iTunes で売っていました。買っちゃいました。懐かしー!

■ロードモナーク 勝利目前 - iTunes Store
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?i=121579866&id=121587172&s=143462

↓これはちょっとアレンジが違いますが、雰囲気は十分。


かなりの確率?

Posted by localpocky on 05.2009 日常   0 comments   0 trackback
かみさんが、カタログギフトをもらったそうな。
で、「イベリコ豚の角煮」を選んでみたものの、到着予定日を1週間過ぎても届かず。
電話で問い合わせてみたところ…

「申し訳ございません。
 昨今の経済事情の影響で、イベリコ豚の会社が倒産してしまいまして…」

すでにイベリコ豚を注文した人へは、その旨の通知を郵送済みとのことだけど、手違いでうちには届いていなかった模様。

それにしても、数あるカタログの掲載商品の中で、よりにもよってその会社の商品を選んでしまうとは…。

少し前にも、かみさんが牡蠣が食べたいと、牡蠣専門店を訪ねていったら、
「水道管故障のため、しばらくの間お休みさせていただきます」
なんて貼り紙が…。

自分はこーゆー展開には慣れているのですが、かみさんはまだ経験不足のようで、その度にがっくり肩を落としています。

自分の法則が、かみさんにも伝染しちゃった?

こんな意味も!な英単語

Posted by localpocky on 03.2009 英語/iKnow!   0 comments   0 trackback
最近、iKnow! で「単語自体は知っているけど、こんな別の意味もあった!」というパターンに遭遇する機会が増えてきました。
一例を挙げると、こんな感じです。

own:所有する    (自分の…ではなく、owner の動詞の方でした)
address:話しかける (まさか動詞形があったとは!)
reform:改革する   (家のことだけに言うんじゃないのか~)
pension:年金     (ペンションと同じスペル。これはびっくり)
objective:目標    (Mac な感じ? で、すぐに覚えられました)

上の "address" のように、名詞形と同じ綴りで実は動詞形も存在した、というのを知るケースが多いです。
英語では、きっと動詞が大事だと思うから、動詞の意味を知っているのに越したことはないんでしょうね。

[本] 未来のモノのデザイン/ドナルド・A・ノーマン

Posted by localpocky on 03.2009 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
未来のモノのデザイン

ドナルド・A・ノーマン
新曜社 2008-10-25
by ヨメレバ

2008年10月出版の、ノーマンの最新刊。自分が読むのは4冊目です。
1冊目 (1990 年刊) から読み始めて、やっと現代に追いつきました。
(途中2冊飛ばしていますが…)

ノーマンさんの本は、人間と機械とのインターフェイスをテーマとしていて、いつも面白いです。
中でも、特に印象に残った箇所を書き留めてみます。

「機械とうまく協調するためには、機械とのインタラクションを動物とやりとりするときのインタラクションのようなものとして見る必要がある。」
→熟練の騎手と馬とのコミュニケーションの取り方の例が、とても分かりやすい。

「『共通基盤』(=お互いに共有されている理解の土台)の欠如が、我々が機械とコミュニケーションすることのできない主な原因である。」
→人間は機械のことが分からない。機械も人間のことが分からない。

「普通運転しているとき(中略)、エンジン音には注意を払わない。しかし、普通でない音にはすぐ気づく。」
→安全運転を促すために、機械が故意にハンドルの遊びを急に大きくする、というアイデアも面白い。

「高齢者が暮らしやすくするために機械(=ロボットなど)を導入するときの変更は、その機械にとっても暮らしやすくなる変更と同じになる(中略)それは機械も高齢者も、移動や敏捷性や視力に似たような制約があるからだ。」
→バリアフリーは、機械にとってもバリアフリーにもなる。

(2009/05/26 読了)

iKnow! で知ったトリビア

Posted by localpocky on 02.2009 英語/iKnow!   0 comments   0 trackback
"shape" という単語(意味=形、形状)で出てきた例文です。

A lot of old churches are built in the shape of a cross.

おー、これは知りませんでした。
屋根のてっぺんに十字架が掲げてあるだけではなかったんですね。

090602.png

  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト