MRI での貴重?な体験。非常停止スイッチを連打!

Posted by localpocky on 06.2009 健康   0 comments   0 trackback
Tag :偏頭痛
MRI というのは、「磁気共鳴現象を使用して、脳の断面を撮影するもの」なのだそうです。脳神経外科病院の壁に貼ってありました。

MRI を撮る前に、事前説明といくつかの質問を受けました。

・閉所恐怖症ではないですか?
・手術して体内に金属が埋め込まれていませんか?
・抜き差し可能な差し歯などはないですか?
・カラーコンタクトは装用していないですか?(カラーだと磁石にくっつくらしい)

など。
最初の1つを除いては、ほとんど磁気に関することばかり。
よっぽど強力な磁力を浴びるのだろうということは、容易に想像がつきます。

説明を受けた後、MRI の部屋へ。
広々とした空間に、巨大な近未来的な物体がデーンと置かれておりました。
すげー。これに乗る(?)のかぁ。

隣にある小さなロッカールームで、磁力に当てちゃダメな所持品を全部外します。
携帯電話はもちろん、財布やベルトなどなど。
服装は、特に着替える必要はないそうです。

MRI に寝そべる前に、ポケットに入ったままになっていないか、簡単なボディチェックを受けて、いざ MRI の中へ。
スイッチが入ると、ウィーンと頭上のふたが閉まって、MRI の中にスライドしていきます。

…と、ここで、左手に何か違和感が。
なんか、スッと手が中に浮いたような気がしたんだけど…。
右手で左手首を触った瞬間、顔面蒼白。
速攻で、非常スイッチを連打する私。

係員:「どうしました?」
にし:「すみません。腕時計をしたままでした…」

慌てて腕時計を外そうとする私を見て、

係員:「今外すと危険です! 右手で押さえたまま、部屋の外に出てください」

実際に腕が浮いたのかどうかは分かりませんが、何かを感じたのは確か。
こんなことを経験する人は、一体どれだけいるのでしょうか。
故意にできるものでもないですし。

家に帰ってから Wikipedia を見たら、
「磁場で吸い付けられた酸素ボンベがMRI装置を直撃し、破壊するという事故がおきている。死亡事故例もある。」
なんていう記述が…。

ちなみに、ともに危機を分かち合った腕時計は、今でも動き続けています。
若干遅れ気味になったような気がするのは、きっと気のせいでしょう…。


■偏頭痛の記事



  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト