[本] 人間関係にうんざりしたときに読む本 ~どんなきつい相手とでもうまくいく対人心理術/杉本 良明

Posted by localpocky on 31.2008 書評/読書メモ   0 comments   0 trackback
人間関係にうんざりしたときに読む本

杉本 良明
日本実業出版社 2008-10-30
by ヨメレバ

2008年に読んだ本のベスト3に入る、いい本でした!
タイトルだけ見ると、ネガティブな印象を受けてしまうかもしれません。
サブタイトルの「どんなきつい相手とでもうまくいく対人心理術」の方が、この本の内容を的確に示していると思います。
(この本は、タイトルの付け方で、ちょっと損をしてしまっているかも…)

この本の言う「きつい人」とは、
 批判する・責める・文句を言う・ガミガミ言う・脅す・罰する
という手段を使って、自分と意見が異なる相手を変えようとする人(相手を批判することで変えられると思っている人)のことを指します。
相手を批判したり、感情的な言動が目立つ人、とも言えるでしょうか。
この本では、このような行動パターンを総称して「外的コントロール」と呼んでいます。

外的コントロールを行使する人と人間関係を保っていくためには、どのように接していけばよいのか?
ポイントとなるのは、「承認」と「加点主義」の2つ。
批判をせずに「承認」すること。
相手に対する期待感を捨て、「加点主義」をとること。

「承認」は、コーチングの本でよく見かける言葉ですが、
・「承認」=「ほめる」ではない。(ほめればいいというものではない)
・意見を肯定する必要はない。気持ちを分かってあげることが「承認」。
という考え方は、自分には新鮮に映りました。

「加点主義」は、筆者の言葉を借りれば、
「ゼロから出発して、期待感を捨てる」ということ。言い換えると、
「『相手はこういう人なんだ』という健全な絶望感から出発する」こと。
かなり割り切った考え方かもしれませんが、最初から相手に期待をしないことで、批判のネタが生まれず、予防線を張ることができます。

大事なことは繰り返し何回も出てきて、とても読みやすい本です。
会社の上司・部下の関係だけでなく、家族(配偶者や親子)の関係にも役に立つ内容になっています。おすすめです。

(2008/12/18 読了、2008/12/29 再読了)


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト