[映画メモ] 野鳥にまつわる良質コメディー『ビッグ・ボーイズ ~しあわせの鳥を探して』

Posted by localpocky on 21.2012 映画   0 comments   0 trackback
120721

2012/06/30 公開。原題は "the Big Year" (2011年、アメリカ)。

鳥見好きとしては外せない、野鳥を追う映画、観に行ってきました!
バードウォッチングがテーマの、軽快なコメディー映画です。
「ザ・ビッグイヤー」、それは1年間に北米大陸で見つけた野鳥の種類の数を競う、アメリカ探鳥(たんちょう)協会主催の記録会のこと。
私たちがフツーに想像する「バード・ウォッチング」とは違い、出場者はみな仕事や家庭生活に支障をきたすほどの時間と大金を注ぎ込み、1年間に40万キロ以上を移動して鳥探しにあけくれる。
だが、鳥好きにとってこの大会に参加するのは「一生に一度きりの夢」。本作はそんな風変わりな世界を実在のルポルタージュを元に映画化!
(『ビッグ・ボーイズ』オフィシャルサイトより)

↓予告編


世界一の座をかけて、個性的な男3人がドタバタしながら競い合います。
日本では比較的一般的に見られる鳥も、アメリカだと希少種だったりするのが面白いですね。
エンディングに出てくる 550 種類の野鳥写真は圧巻です。

湿っぽいところがほとんど無い、さらりとしたコメディー。
鳥がテーマではありますが、蘊蓄などはそんなに出てこないので、野鳥好きじゃなくても十分に楽しめると思います。

やっぱりコメディー映画はいいですね! 見れてよかったです。

この映画、関東では新宿の小さな映画館 (席数62) 1館のみの上映です。
その他は大阪。福岡・山形・愛知・兵庫でも順次公開されるそうです。
詳しくは、オフィシャルサイトをご覧ください。

■『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』オフィシャルサイト
http://shiawasenotori.jp/
http://video.foxjapan.com/shiawasenotori/

■シネマート新宿 | タイムスケジュール | ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20120427_9362.html


ちなみに、エンディングの曲は Guster の "This Could All Be Yours" という曲だそうです。いい曲ですよね~。



(2012/07/14 観賞)


映画「しあわせのパン」/原田知世・大泉洋 ~観てよかった!

Posted by localpocky on 12.2012 映画   0 comments   0 trackback
Tag :しあわせのパン
120212.jpg

昨年末に行ったライブのチラシに一緒に入っていたチラシがきっかけで、この映画のことを知りました。
2012/01/28 の公開日を手帳に書き留めて、待っていました。

「しあわせのパン」。いい映画でした!
観てよかったなあ、とつくづく思える映画なんて、ほんと久しぶりです。

舞台は北海道。自然に囲まれた、湖のほとりにある、小さなパンカフェ。
夏、秋、冬、春と、季節をめぐりながら、ゆっくりと物語が進んでいきます。

何にもないような、でも何かあるような。
こういうのんびりした映画、すごく好きです。

原田知世と大泉洋の佇まいが、何とも言えずいいですね。
最小限の言葉しか交わさないけれど、やさしさがいっぱい詰まっています。

水縞くん「僕の欲しいものは、ひとつだけですから」。
りえさん「見つけたよ、私のマーニ」。

主題歌の「ひとつだけ」(矢野顕子 with 忌野清志郎) がすごくぴったりだな~、と思ったら、この曲にインスパイアされた書かれた脚本だったんですね。どおりで。

あまり映画は見ないのですが、こういう映画だったら、いっぱい観たいです。
こういうテイストのおすすめの映画があったら、教えてください!



■映画『しあわせのパン』公式サイト
http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/



iTunes Store で映画「イヴの時間」をレンタルしてみた

Posted by localpocky on 18.2010 映画   0 comments   0 trackback
101218.png

日本でも iTunes Store で映画がレンタルできるようになってから、1ヶ月ぐらい。
一度、試してみたいと思っていたんですよね。

AppBank の記事で知って、ちょっと気になっていたやつをレンタルしてみました。
「イヴの時間」というアニメーション映画です。
アニメの映画を見るのなんて、「ファインディング・ニモ」以来じゃないかな?

■[映画] イヴの時間 劇場版: 近未来の人間とロボットの心のやりとりを描いた秀逸アニメ! - AppBank
http://www.appbank.net/2010/11/21/iphone-news/189621.php

レンタル料金は、SD 版が 400 円。HD 版が 500 円。
せっかくなので、HD 版を選択。
ファイルサイズが 3.2GB もあるので、ダウンロードに20分ぐらいかかりました。

ちなみに、うちには Apple TV が無いので、Mac の DVI 端子でテレビにつなげて観賞。
DVI だと音声は付かないので、テレビは映像のみ。音声は Mac で聴きます。
イヤホンで聴けばよかったと気が付いたのは、見終わった後でした。(^^;

家で手軽にダウンロードできて、DVD よりきれいな画質で見れるのは、いいですね~。
iPad で映画を見ると、また別の雰囲気が味わえるのかもしれませんね。
(今は、Mac でダウンロードした映画は、他の機器では見れないのです)

映画の方も、なかなかよかったです。
アンドロイド(人間と見分けが付かないロボット)ものというと、自分の中では「ヨコハマ買い出し紀行」なのですが、それとはまた違った感じですね。
映画の方は、人間とロボットが明確に「区別」されている時代のお話。
「ロボット三原則」って、なんだか懐かしい感じがしました。

それにしても、今のアニメって、背景がぐるんぐるん回るんですね。びっくりしました。(^^;

■iTunes Store - イヴの時間 劇場版
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewMovie?id=398922978&s=143462


映画「プール」/小林聡美・もたいまさこ

Posted by localpocky on 23.2009 映画   0 comments   0 trackback
090923.png

いい意味で、なんにも起こらない映画。
セリフによる状況説明も、ほとんど無い。
二人が「母子」である、ということ以外は。
…と言うと、ちょっと大げさ?

でも、それが見ていて心地いい。
こんな風にのんびり過ごすのもいいよなぁ、と思ってしまう。

「かもめ食堂」「めがね」「プール」の3作で、もたいまさこが共通の人物を演じているように見えてしまうのは、私だけ?
細めた目でほんのり微笑みながら立っているだけで、もう「もたいまさこ」その人そのもの。
この人はすごいなー。

■プール
http://pool-movie.com/


  

プロフィール

localpocky

Author:localpocky
電車好きを返上して、にわかに興味が出てきたのが野鳥。姿を見たり鳴き声を聞くと和みます。好きな鳥はハクセキレイ。カワセミを一度この目で見てみたいです。
読書は1週間に1冊のペース。図書館も愛用しています。
2007年にMacにスイッチ。iPhoneも活躍中。
ささやかな楽しみは、手挽きのミルで豆を挽いてコーヒーを入れること。自分で入れたコーヒーはおいしい!
ブログの紹介など → こちら

HSタグクラウド

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

トラックフィード

track feed リンク元サイト